MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)

重だるかった腰がその場で軽くなった!

 私は、山梨県で美容室を経営しています。美容師になったのは、今から37年前。長い間この仕事をしていると、いろいろと体にガタが出てくるものです。

 長時間立ちっぱなしのせいか、いつからか慢性の腰痛に悩まされるようになりました。夕方になると、ズーンと重い疲労感が背中までたまってきます。

 さらに、かかとに痛みもありました。立っているときは感じないのですが、あぐらをかいた状態から、立ち上がって歩きだすときなどに、ズキンと痛むのです。

 年配のお客さんとの間では、健康に関する話題が多く、私もときどき自分の話をします。あるとき、お客さんとの健康談義のなかで、腰痛のことを話したところ、「足の指を回すといいかもしれませんよ」といわれたのです。なんでも、そのかたは、「足の指回し」というエクササイズを習い始めてから、体調がよくなったといいます。

 そんな話を聞いた直後に、たまたま地元で、足の指回しの体験会があることを知りました。そこで、今年の1月に、3日間にわたって体験会に参加してみたのです。

 体験会では、講師の先生から「腰痛は、歩き方や立ち方が原因の場合がある」というお話がありました。
 足の指を意識して、しっかり地面をつかみ、歩いたり立ったりしないと、足の裏が不安定になり、下半身の筋肉のバランスがくずれて腰痛などのトラブルが起こるとのこと。

 そして、足の裏のバランスを整えるために、先生が教えてくれたのが、足の指回しを含む一連のエクササイズでした。
 その場でやってみたところ、さっきまで重だるかった腰が、やわらかく、軽くなったのには驚きました。

1日の疲れがスーッと抜けていく

 効果を確信した私は、もっときちんとエクササイズを学びたいと思いました。そこで、YUKARI先生(足の指回しのやり方参照)のDVDを購入し、毎日それを見ながら一連のエクササイズを続けたのです。やり方は以下のとおりです。

 まず、両足の小指(第5趾)から親指(母趾)まで、1本1本大きく回していきます。このとき、親指は多めに回すようにします。

 次に、足の指と手の指を組み合わせ、足首を回したあと、組んだままの状態で足の甲を左右にひねります。そして、手で足のかかとを持って左右に揺らします。最後に、アキレス腱のシワを伸ばすようにマッサージして終わりです。

 これらを全部やっても、5~10分くらいです。私の場合は、毎晩の入浴中に行っています。湯船につかりながら足の指をゆっくり回していると、1日の疲れがスーッと抜けていくような気がします。

 足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、夕方になっても背中に疲労がたまらなくなりました。そして、そのころには、腰痛も気にならなくなっていました。さらに、立ち上がったときに感じていたかかとの痛みも、なくなりました。

 また、私は毎年寒い時期になると、必ずギックリ腰を起こしていました。ところが、今年は1回も起らなかったのです。これも、足の指回しの効果ではないかと思っています。

 そういえば最近、「姿勢がよくなった」と周りからいわれることが増えました。足の指でしっかりと地面をつかむように立ち、重心が正しい位置になったためかもしれません。

 効果を実感した私は、毎朝開店前に、スタッフといっしょに足の指回しを行うことにしました。私の美容室には13名のスタッフがいますが、毎朝みんなで床にヨガマットを敷いて、足の指を回しているのです。

 足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。
 そういう私も、冷え症が改善しました。

 以前は、足が冷えてなかなか眠れないことがありましたが、最近はいつも足がポカポカ。スッと寝入って朝までぐっすり眠れます。

夕方になっても疲労がたまらない!

外反母趾や巻き爪が改善した人も多い(品格ボディアドバイザー YUKARI)

 美容師さんは、接客の際、どうしても前かがみになって、体重を前方にかけがちです。
 人間はまっすぐ立つため、約78%の体重がかかとにかかるようにできているそうです。しかし、前かがみになって重心がずれると、バランスを取るため、あちらこちらによけいな力が入ります。

 足の指回しを習慣にすると、足裏の情報収集力が回復し、前かがみでも、かかとに重心をかけられるようになります。すると、よけいな力を入れずに立ち仕事ができるようになるので、腰痛や背部痛の解消につながるのです。歩き方のクセも正されるため、外反母趾や巻き爪、タコやウオノメが改善したという声も、多く聞かれます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt