医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

首の痛みや手足のしびれに「足の親指回し」が効果! 頸椎症専門治療院が太鼓判

首の痛みや手足のしびれに「足の親指回し」が効果! 頸椎症専門治療院が太鼓判

なぜ、首の不調を改善するために、足の親指を回すのでしょうか。足には全身を投影する反射区があり、首に対応しているのが、足の親指のつけ根なのです。首の反射区である足の親指を回して、やわらかくすることで、首の骨の周辺にある筋肉群を、緩めることができます。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長)


解説者のプロフィール

劉莉亜(りゅう・りあ)
●劉先生鍼灸院
神奈川県小田原市栄町1-4-5倉持ビル4F
0465-24-2122
http://www.ryu-sensei.com/

劉先生鍼灸院院長。
1982年、中国医科大学医学部卒業。96年、愛知医科大学で医学博士号を取得。2001年、劉先生鍼灸院を開設。中国遼寧中医大学名誉教授。

さまざまな症状が首の不調に起因する

 私は神奈川県小田原市で、頸椎症専門の鍼灸院を開業しています。神奈川県内や東京などの近隣のかたはもとより、大阪や北海道など、日本全国から多くの患者さんが、日々来院されています。

 患者さんのほとんどは、「どこに行っても治らなかった」という悩みを抱いており、わらをもつかむ思いで、私のもとにたどり着いたかたがたです。

 症状は、首の痛みに限りません。高血圧、不整脈、不眠、頭痛、めまい、耳鳴り、うつ状態、目の症状、顎関節症、股関節痛、腰痛、更年期障害など、さまざまです。

 これらの病気や症状のほとんどは、首の不調に起因すると私は思っています。病気や体調不良の90%は、頸椎(首の骨)や、その周辺の筋肉や筋膜、靱帯といった軟部組織が損傷したり、かたくなったりすることが原因と考えられるのです。

 それなのに、めまいや耳鳴りが起これば耳鼻咽喉科、うつ状態になれば心療内科、顎関節症になれば歯科というように、原因である首は診てもらうことなく、出ている症状の専門科を受診することが多いでしょう。

 各科の医師は、自分の専門分野に照らし合わせた治療しか行わないので、首の問題は見過ごされてしまいます。そして、確固とした原因が見つからなければ、「老化」とか「自律神経失調症(体の諸機能を調整する自律神経の不調)」などと片づけられる場合が多いのです。

 私は鍼を打つことによって、頸椎や周辺の軟部組織のバランスを取り、全身の不調を改善に導く治療を行っています。
 私の治療院の場合、週に1回の鍼治療を3ヵ月受けてもらうと、ほとんどの症状が改善に向かいます。さらに、鍼治療のあと、自宅でケアを行うと、治療効果が上がります。

驚くほど早く症状が回復する!

 そのセルフケアとして、私が患者さんに勧めているのが、「足の指回し」です。

 鍼を打ったあと、次回の治療までの間に、熱心にセルフケアを行う患者さんは、驚くほど早く回復します。
 このセルフケアは、中国の医師に教えてもらいました。

 私はいつも、インターネットで中国の医師や治療家のかたがたと交流しています。話題の中心は、新しい治療法や、患者さんに勧めやすいセルフケアなどです。そのなかで最近、1人の中国人医師と、頸椎治療について雑談しているとき、「頸椎の調整に、足の親指(母趾)を使うといい」と教えられたのです。彼自身、患者さんに勧めて効果を上げているとのことでした。

 それでは、首を調整する足の指回しのやり方を説明します。

 首の右側が痛い場合や、右半身にしびれなどの症状がある場合、右足の親指を刺激します。左に症状が出ている場合は、左足の親指を刺激してください。
 首の真ん中、もしくは左右両方に症状があるときは、両足の親指を回しましょう。

手で足の親指をつかんで、指先の方向に引っ張る。足の親指のつけ根が重だるくなるまで、100回ほど続ける。

親指を回す。最初は小さい回転で、しだいに大きく回していく。時計回りに10回、反時計回りに10回。

足の裏を伸ばすように、足の5本の指を手でつかんで反らす。

首の神経や血管の圧迫を解き全身症状を改善

足の親指のつけ根を刺激する

 なぜ、首の不調を改善するために、足の親指を回すのでしょうか。

 ご存じのように、足には全身を投影する反射区があり、首に対応しているのが、足の親指のつけ根なのです。 

 頸椎症によってさまざまな症状に苦しんでいる人は、首の骨の周辺にある筋肉群が、こり固まっています。
 首の反射区である足の親指を回して、やわらかくすることで、首の骨の周辺にある筋肉群を、緩めることができます。そうすることで、頸椎が圧迫から解放され、さまざまな症状が改善に向かうのです。

 頸椎は、7個の椎骨が連なって構成されています。その周りを筋肉や筋膜、靭帯などの軟部組織が覆って、頸椎を守っているのです。

 ところが、なんらかの原因で、軟部組織が損傷したり、かたくなったりすると、頸椎がねじれてゆがみます。すると、頸椎の中を通っている神経や血管が圧迫され、首の痛みだけでなく、先述したような全身症状が現れるのです。

 現代人の生活には、首を痛める原因があふれています。パソコンやスマートフォンの長時間使用、通勤電車での居眠り、短時間睡眠による疲労の蓄積などなど。スポーツや、テーマパークのアトラクションのなかにも、首に大きな衝撃を与えるものがあります。

 現在、首に不調がない人も、病気と痛み、老化予防のために、ぜひ足の指回しを習慣にしてください。
 今回ご紹介した足の指回しのほか、足の裏の親指のつけ根に、お灸をするのもいいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


首の痛み 足のしびれ

関連する投稿


【スポーツが原因の首の痛み】私の解消法は「足の親指回し」 半年でバレーも再開!

【スポーツが原因の首の痛み】私の解消法は「足の親指回し」 半年でバレーも再開!

名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)


頭皮セラピーで仕事のオン・オフ切り替え上手に!むちうち後遺症の痛みも緩和

頭皮セラピーで仕事のオン・オフ切り替え上手に!むちうち後遺症の痛みも緩和

頭皮セラピーを受けたのは仕事帰りでしたから、まさに頭も仕事モードだったのでしょう。カチカチに硬くなっていた頭皮をやわらかくほぐしてもらったことで、脳もオンからオフに切り替わり、体も心も休息体勢に入ったのだと思います。【体験談】加藤里美(仮名・会社員・37歳)


足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

「足指のケア」で足指のつけ根の関節をほぐすと全身に好影響が及びます。まず、外反母趾をはじめとする足の不具合そのものが改善。人間の体は、足から腰、背中へと連動しているので変形性ひざ関節症や股関節痛なども改善していきます。姿勢が安定すると肩こりや腰痛の解消につながるのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

坐骨神経痛に効果【原田式ふくらはぎマッサージ】の効果とコツ

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

【名医のTHE太鼓判】モヤモヤ血管が肩こりの真原因!簡単な治し方とは

「長引く肩こり」「ひどい肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)