MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
首の痛みや手足のしびれに「足の親指回し」が効果! 頸椎症専門治療院が太鼓判

首の痛みや手足のしびれに「足の親指回し」が効果! 頸椎症専門治療院が太鼓判

なぜ、首の不調を改善するために、足の親指を回すのでしょうか。足には全身を投影する反射区があり、首に対応しているのが、足の親指のつけ根なのです。首の反射区である足の親指を回して、やわらかくすることで、首の骨の周辺にある筋肉群を、緩めることができます。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長)

解説者のプロフィール

劉莉亜(りゅう・りあ)
●劉先生鍼灸院
神奈川県小田原市栄町1-4-5倉持ビル4F
0465-24-2122
http://www.ryu-sensei.com/

劉先生鍼灸院院長。
1982年、中国医科大学医学部卒業。96年、愛知医科大学で医学博士号を取得。2001年、劉先生鍼灸院を開設。中国遼寧中医大学名誉教授。

さまざまな症状が首の不調に起因する

 私は神奈川県小田原市で、頸椎症専門の鍼灸院を開業しています。神奈川県内や東京などの近隣のかたはもとより、大阪や北海道など、日本全国から多くの患者さんが、日々来院されています。

 患者さんのほとんどは、「どこに行っても治らなかった」という悩みを抱いており、わらをもつかむ思いで、私のもとにたどり着いたかたがたです。

 症状は、首の痛みに限りません。高血圧、不整脈、不眠、頭痛、めまい、耳鳴り、うつ状態、目の症状、顎関節症、股関節痛、腰痛、更年期障害など、さまざまです。

 これらの病気や症状のほとんどは、首の不調に起因すると私は思っています。病気や体調不良の90%は、頸椎(首の骨)や、その周辺の筋肉や筋膜、靱帯といった軟部組織が損傷したり、かたくなったりすることが原因と考えられるのです。

 それなのに、めまいや耳鳴りが起これば耳鼻咽喉科、うつ状態になれば心療内科、顎関節症になれば歯科というように、原因である首は診てもらうことなく、出ている症状の専門科を受診することが多いでしょう。

 各科の医師は、自分の専門分野に照らし合わせた治療しか行わないので、首の問題は見過ごされてしまいます。そして、確固とした原因が見つからなければ、「老化」とか「自律神経失調症(体の諸機能を調整する自律神経の不調)」などと片づけられる場合が多いのです。

 私は鍼を打つことによって、頸椎や周辺の軟部組織のバランスを取り、全身の不調を改善に導く治療を行っています。
 私の治療院の場合、週に1回の鍼治療を3ヵ月受けてもらうと、ほとんどの症状が改善に向かいます。さらに、鍼治療のあと、自宅でケアを行うと、治療効果が上がります。

驚くほど早く症状が回復する!

 そのセルフケアとして、私が患者さんに勧めているのが、「足の指回し」です。

 鍼を打ったあと、次回の治療までの間に、熱心にセルフケアを行う患者さんは、驚くほど早く回復します。
 このセルフケアは、中国の医師に教えてもらいました。

 私はいつも、インターネットで中国の医師や治療家のかたがたと交流しています。話題の中心は、新しい治療法や、患者さんに勧めやすいセルフケアなどです。そのなかで最近、1人の中国人医師と、頸椎治療について雑談しているとき、「頸椎の調整に、足の親指(母趾)を使うといい」と教えられたのです。彼自身、患者さんに勧めて効果を上げているとのことでした。

 それでは、首を調整する足の指回しのやり方を説明します。

 首の右側が痛い場合や、右半身にしびれなどの症状がある場合、右足の親指を刺激します。左に症状が出ている場合は、左足の親指を刺激してください。
 首の真ん中、もしくは左右両方に症状があるときは、両足の親指を回しましょう。

手で足の親指をつかんで、指先の方向に引っ張る。足の親指のつけ根が重だるくなるまで、100回ほど続ける。

親指を回す。最初は小さい回転で、しだいに大きく回していく。時計回りに10回、反時計回りに10回。

足の裏を伸ばすように、足の5本の指を手でつかんで反らす。

首の神経や血管の圧迫を解き全身症状を改善

足の親指のつけ根を刺激する

 なぜ、首の不調を改善するために、足の親指を回すのでしょうか。

 ご存じのように、足には全身を投影する反射区があり、首に対応しているのが、足の親指のつけ根なのです。 

 頸椎症によってさまざまな症状に苦しんでいる人は、首の骨の周辺にある筋肉群が、こり固まっています。
 首の反射区である足の親指を回して、やわらかくすることで、首の骨の周辺にある筋肉群を、緩めることができます。そうすることで、頸椎が圧迫から解放され、さまざまな症状が改善に向かうのです。

 頸椎は、7個の椎骨が連なって構成されています。その周りを筋肉や筋膜、靭帯などの軟部組織が覆って、頸椎を守っているのです。

 ところが、なんらかの原因で、軟部組織が損傷したり、かたくなったりすると、頸椎がねじれてゆがみます。すると、頸椎の中を通っている神経や血管が圧迫され、首の痛みだけでなく、先述したような全身症状が現れるのです。

 現代人の生活には、首を痛める原因があふれています。パソコンやスマートフォンの長時間使用、通勤電車での居眠り、短時間睡眠による疲労の蓄積などなど。スポーツや、テーマパークのアトラクションのなかにも、首に大きな衝撃を与えるものがあります。

 現在、首に不調がない人も、病気と痛み、老化予防のために、ぜひ足の指回しを習慣にしてください。
 今回ご紹介した足の指回しのほか、足の裏の親指のつけ根に、お灸をするのもいいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt