MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)

解説者のプロフィール

伊賀瀬道也(いがせ・みちや)
愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長
1991年、愛媛大学医学部卒業。99年、愛媛大学大学院修了。2003年、米国ノースカロライナ州ウェイクフォレスト大学医学部高血圧・血管病センターに留学。2006年よりアンチエイジングドック、2011年よりアンチエイジング相談外来を行う。著書に『見た目が20歳若返る!血管健康法』(実業之日本社)などがある。

脳の血流が悪い場所に白質病変が現れる!

「ゴースト血管」という言葉をご存じでしょうか。これは、血液の流れがなくなり、消えていく毛細血管のことです。血流が途絶えると血管細胞が壊死して、最終的には毛細血管そのものが消えてしまうことが、最近の研究でわかってきました。

 毛細血管は、動脈と静脈をつなぐ重要な血管です。全血管の99%を占めるともいわれ、割合から考えても決して軽視できるものではありません。

 その毛細血管がゴースト化すれば、皮膚や臓器に多くの悪影響が及ぶと考えられるため、最近は毛細血管に大きな注目が集まっています。

 なかでも脳は、体に取り込んだ酸素の約2割を消費するため、豊富な血流を必要とする臓器です。脳の毛細血管がゴースト化すると、酸素が十分行き渡らず、脳の機能に異常を来す可能性が出てくるのです。

 私がセンター長を務める愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センターでは、寝たきり老人にならないためのアンチエイジングという考え方から、さまざまな項目を検査する「抗加齢ドック」を行っています。

 そのなかには認知機能の検査もあり、軽度認知障害(MCI)に高い感度を持つ検査法「MCIスクリーン」を、日本でいち早く導入しました。軽度認知障害とは、認知機能が正常より低下しているものの、まだ認知症ではない状態のことです。

 一方で、脳のMRI(核磁気共鳴画像)検査を行うと、血流の悪い場所に白質病変といって、白く光る病変が見られる人がいます。白質病変が多い人ほど、将来、脳梗塞を起こしやすいといわれています。
 2005年に私たちが行った研究では、59歳から75歳までの1400人中、約6割に白質病変が見つかりました。そして、白質病変がある人は、白質病変がない人に比べて、軽度認知障害の割合が2倍に上ることが明らかになったのです。

 脳には血液脳関門といって、必要なものを通し、必要でないものは通さない構造があります。認知機能が低下するということは、必要なものが届いていないということです。
 つまり、毛細血管のゴースト化が関係しているのではないでしょうか。白質病変のある人は脳にゴースト血管を抱えていて、それによって軽度認知障害のリスクが高まるのではないかと、私は推測しています。

 また、三重大学の富本秀和教授は、「毛細血管がゴースト化すると、アルツハイマー病の原因物質となるアミロイドβが脳に蓄積しやすくなり、アルツハイマー病の進行が加速する」と述べておられます。
 毛細血管は不要物を回収する役割を担っています。毛細血管がゴースト化すれば、アミロイドβも回収されずに蓄積されていくということは、確かに考えられるでしょう。

■白質病変が認知症のリスクを高める!

※脳に白質病変のある人は、ない人に比べ、軽度認知障害の発症リスクが2倍になると判明(838人対象・愛媛大学調べ)

足の筋肉を鍛え毛細血管のゴースト化も防ぐ!

 さらにもう一つ、私たちが行った研究で、「足の筋肉量が少ない人は、認知機能が低下している」という結果が出ています。

 CT(コンピュータ断層撮影)画像から足の筋肉量を測定し、認知機能との関連を調べたところ、足の筋肉量が少ない人は脳が萎縮していて、認知機能も低い傾向にあったのです。

 目を開けて片足立ちできる時間が20秒未満になると、60秒できる人に比べて、軽度認知障害や認知症の人が圧倒的に増えるというデータも出ています。

 太ももやふくらはぎは、筋肉のポンプ作用で下半身の血液を心臓に戻す大切な役割をしています。筋肉が少ないと、このポンプ作用がうまく働きません。これが血流を悪くし、ゴースト血管をつくる一因になっているといえるでしょう。

 そこで、認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。立った状態で、両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。

 かかとを上げる高さは、2〜3㎝でかまいません。1回1分、1日3回を目安に行いましょう。

 太ももを鍛えるには、エアロバイクを使った自転車こぎがよいでしょう。1回20分を目標に行ってください。

 私は、息ははずむけれど会話ができる程度の「ニコニコ運動」を推奨しています。いずれの運動も無理のない範囲で、ニコニコ楽しんで行うのがコツです。

 愛媛は俳句の町なので、俳句を詠みながら歩く「俳句ウォーキング」もお勧めしています。俳句は黙読するのではなく、自分で考えて詠むことで脳の血流量が増えるとわかっています。脳の若返りのために、ぜひ試してみてください。

かかと落としのやり方

❶足を肩幅に開いて立つ。体の力を抜く。
❷かかとをトントンとリズミカルに上下させる。かかとを上げる高さは2~3㎝程度でよい。
※1回1分、1日3回を目安に行う。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2018-10-21 07:00:00
片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)
更新: 2018-10-19 18:52:01
ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)
更新: 2018-10-17 18:00:00
ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)
更新: 2018-10-10 12:00:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2018-10-04 12:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt