【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)


解説者のプロフィール

伊賀瀬道也(いがせ・みちや)
愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長
1991年、愛媛大学医学部卒業。99年、愛媛大学大学院修了。2003年、米国ノースカロライナ州ウェイクフォレスト大学医学部高血圧・血管病センターに留学。2006年よりアンチエイジングドック、2011年よりアンチエイジング相談外来を行う。著書に『見た目が20歳若返る!血管健康法』(実業之日本社)などがある。

脳の血流が悪い場所に白質病変が現れる!

「ゴースト血管」という言葉をご存じでしょうか。これは、血液の流れがなくなり、消えていく毛細血管のことです。血流が途絶えると血管細胞が壊死して、最終的には毛細血管そのものが消えてしまうことが、最近の研究でわかってきました。

 毛細血管は、動脈と静脈をつなぐ重要な血管です。全血管の99%を占めるともいわれ、割合から考えても決して軽視できるものではありません。

 その毛細血管がゴースト化すれば、皮膚や臓器に多くの悪影響が及ぶと考えられるため、最近は毛細血管に大きな注目が集まっています。

 なかでも脳は、体に取り込んだ酸素の約2割を消費するため、豊富な血流を必要とする臓器です。脳の毛細血管がゴースト化すると、酸素が十分行き渡らず、脳の機能に異常を来す可能性が出てくるのです。

 私がセンター長を務める愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センターでは、寝たきり老人にならないためのアンチエイジングという考え方から、さまざまな項目を検査する「抗加齢ドック」を行っています。

 そのなかには認知機能の検査もあり、軽度認知障害(MCI)に高い感度を持つ検査法「MCIスクリーン」を、日本でいち早く導入しました。軽度認知障害とは、認知機能が正常より低下しているものの、まだ認知症ではない状態のことです。

 一方で、脳のMRI(核磁気共鳴画像)検査を行うと、血流の悪い場所に白質病変といって、白く光る病変が見られる人がいます。白質病変が多い人ほど、将来、脳梗塞を起こしやすいといわれています。
 2005年に私たちが行った研究では、59歳から75歳までの1400人中、約6割に白質病変が見つかりました。そして、白質病変がある人は、白質病変がない人に比べて、軽度認知障害の割合が2倍に上ることが明らかになったのです。

 脳には血液脳関門といって、必要なものを通し、必要でないものは通さない構造があります。認知機能が低下するということは、必要なものが届いていないということです。
 つまり、毛細血管のゴースト化が関係しているのではないでしょうか。白質病変のある人は脳にゴースト血管を抱えていて、それによって軽度認知障害のリスクが高まるのではないかと、私は推測しています。

 また、三重大学の富本秀和教授は、「毛細血管がゴースト化すると、アルツハイマー病の原因物質となるアミロイドβが脳に蓄積しやすくなり、アルツハイマー病の進行が加速する」と述べておられます。
 毛細血管は不要物を回収する役割を担っています。毛細血管がゴースト化すれば、アミロイドβも回収されずに蓄積されていくということは、確かに考えられるでしょう。

■白質病変が認知症のリスクを高める!

※脳に白質病変のある人は、ない人に比べ、軽度認知障害の発症リスクが2倍になると判明(838人対象・愛媛大学調べ)

足の筋肉を鍛え毛細血管のゴースト化も防ぐ!

 さらにもう一つ、私たちが行った研究で、「足の筋肉量が少ない人は、認知機能が低下している」という結果が出ています。

 CT(コンピュータ断層撮影)画像から足の筋肉量を測定し、認知機能との関連を調べたところ、足の筋肉量が少ない人は脳が萎縮していて、認知機能も低い傾向にあったのです。

 目を開けて片足立ちできる時間が20秒未満になると、60秒できる人に比べて、軽度認知障害や認知症の人が圧倒的に増えるというデータも出ています。

 太ももやふくらはぎは、筋肉のポンプ作用で下半身の血液を心臓に戻す大切な役割をしています。筋肉が少ないと、このポンプ作用がうまく働きません。これが血流を悪くし、ゴースト血管をつくる一因になっているといえるでしょう。

 そこで、認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。立った状態で、両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。

 かかとを上げる高さは、2〜3㎝でかまいません。1回1分、1日3回を目安に行いましょう。

 太ももを鍛えるには、エアロバイクを使った自転車こぎがよいでしょう。1回20分を目標に行ってください。

 私は、息ははずむけれど会話ができる程度の「ニコニコ運動」を推奨しています。いずれの運動も無理のない範囲で、ニコニコ楽しんで行うのがコツです。

 愛媛は俳句の町なので、俳句を詠みながら歩く「俳句ウォーキング」もお勧めしています。俳句は黙読するのではなく、自分で考えて詠むことで脳の血流量が増えるとわかっています。脳の若返りのために、ぜひ試してみてください。

かかと落としのやり方

❶足を肩幅に開いて立つ。体の力を抜く。
❷かかとをトントンとリズミカルに上下させる。かかとを上げる高さは2~3㎝程度でよい。
※1回1分、1日3回を目安に行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

スクレロスチンという物質の名前を聞いたことがありますか? これは骨を作らないように働く物質で、過剰に分泌されると骨密度を低くする方向に作用します。骨を強くして骨折を防ぐためには、スクレロスチンの過剰分泌を抑えることが重要です。そのために有効な運動が、かかと落としなのです。【解説】中村幸男(信州大学医学部整形外科講師)


かかと落としで心不全を予防 心臓リハビリの柱「カーフ・レイズ」のやり方

かかと落としで心不全を予防 心臓リハビリの柱「カーフ・レイズ」のやり方

心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)