医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


熱を下げる働きがあり早期治療に役立つツボ

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。
そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することが、カゼの予防には効果的とされ、症状改善には、対症療法として薬が処方されます。

一方、東洋医学では考え方が異なります。
過労や不規則な生活、不摂生な食生活、睡眠不足などで体の抵抗力が弱ったところに、「風」や「冷え」といった邪気が侵入することで、カゼという状態が引き起こされるととらえられているのです。

そして、薬ではなく、鍼灸や漢方薬などによって、症状を根本から改善しようとします。
ツボを刺激することも、その一つです。

ここでは、私が発見したカゼの特効ツボを紹介しましょう。
首には、頸椎という頭を支えている骨があります。

頸椎は、背骨の一部で、縦一列に並んでいます。
首の後ろをさわると、骨がいくつか出っ張っているのがわかると思います。

それが、頸椎です。
頸椎は七つありますが、上からふれることができる頸椎は、第2頸椎から第7頸椎までの六つです。

その下には、胸椎があります。
第3頸椎から第1胸椎の間にあるそれぞれのツボを、私は総称して「刺熱穴」と名づけました(下の図参照)。

これらが、鼻づまりやのどの痛み、セキ、発熱などに効果的なツボなのです。
これらのツボを、上から順番に指で押して、横にしごいてみましょう。

すると、痛くて気持ちがいいツボ(反応点)とそうでないツボがあるはずです。
この反応点にお灸をすえると、ひき始めのカゼに、驚くほど効果があるのです。

私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。
カゼをひいているときに、首以外の部位にお灸をすえると、かえって熱を上げてしまいますが、刺熱穴へのお灸だけは、逆に熱を下げることができ、早期治療に役立つのです。

カゼの炎症は、鼻粘膜から咽頭、喉頭というぐあいに、時間とともに体の奥へと進んでいきます。
そうなる前に、刺熱穴を刺激し、カゼの邪気を外に追い出し、全身に回らないようにするといいでしょう。

症状にかかわらず初心者でも実行できる

とはいっても、皆さんが自分で首にお灸をすえるのは、なかなか難しいかと思います。
そこで、自宅で簡単にできる方法としては、「蒸しタオル」で首の後ろを温めてもいいでしょう。

タオルは2枚用意します。
まず、水に浸したタオルを固めにしぼり、ラップで包んで、電子レンジに1分程度かけます。

それを、ジッパーつきのビニール袋に入れてから、乾いたタオルにくるみ、首の後ろの刺熱穴全部に当たるようにしてください。
ヤケドをしない程度で、少し熱いと感じるくらいの温度が適当です。

タオルを二重にするなどで、自分にとって最適な温度になるように調整してください。
20~30分程度、首が赤くなるくらいまで、当てておくといいでしょう。

すると、蒸しタオルを外したあとも、ポカポカと体が温かい状態が持続するはずです。
カゼの邪気は、首から侵入するものです。

鼻水が出たり、つばをのんでのどが痛かったりするなど、カゼの初期症状が現れたときに、首を蒸しタオルで温めると、それ以上悪化せずに済みます。
刺熱穴は前述したとおり五つあり、それぞれが体の各臓器に対応しています。

蒸しタオルで首全体を温めれば、それらのツボを一度に刺激できるので、症状にかかわらず、初心者でも簡単に行えるのが利点です。
また、カゼをひいたときの注意としては、たっぷりと水分を補給して汗をかくことが肝心です。

ただし、綿素材の下着は、汗を吸収すると冷えるので、カゼのときは避けたほうがいいでしょう。
ウールなど、汗をかいても冷えないものを身につけてください。

靴下は、絹の5本指ソックスがお勧めです。
一般的な靴下とは違い、一指一指が包まれるので温かく、汗を吸収しても冷えることはありません。

肺に冷たい空気が入ると免疫力が低下するので、寝るときにはマスクを着用するのがいいでしょう。
マスクを二重にかけて、マスクとマスクの間にウェットティッシュをはさんでおくと、鼻やのどの粘膜の乾燥を防ぎ、炎症をおさえてくれます。

皆さんも、以上の方法を心がけ、カゼの早期治療に努めてください。

解説者のプロフィール

木戸正雄(きど・まさお)
日本鍼灸理療専門学校教務部長。
現在は鍼灸の専門学校教員だが、治療家時代は鍼灸を中心とした東洋医学の医術で1日100人以上を治療。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


カゼ ツボ セキ

関連する投稿


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


騒音性耳鳴りとストレスによるめまいが改善!この「ツボ」を知っておくと安心です

騒音性耳鳴りとストレスによるめまいが改善!この「ツボ」を知っておくと安心です

鍼治療を7〜8回受けてめまいはほぼ消え、薬をやめることができました。自分で行うツボ押しは、いまや私にとって絶対に必要なものとなっています。いざというとき、自分で対処できる方法を持っているのは、実に安心感があります。めまいに対する不安がなくなり、非常に楽です。【体験談】川本理恵子(仮名・会社員・43歳)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)