医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


解説者のプロフィール

渡邉真弓
医学博士・鍼灸マッサージ師。
東京医療専門学校にて、鍼灸マッサージ師・教員資格を取得。2011年、新潟大学大学院医歯学総合研究科博士課程修了。

深部体温が上昇し白血球数もふえた!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。
今からでも遅くはありません。

積極的に免疫力の強化に努め、インフルエンザのシーズンを、元気に乗り切っていきましょう。
その有効な知恵の一つが、皆さんもご存じの乾布摩擦です。

一説によると、日本で乾布摩擦が普及したのは、太平洋戦争開始前後(1940年ごろ)とのこと。
初めは、結核予防の切り札として、当時の小学校を中心として、一気に国内に広がったようです。

同時に、カゼやインフルエンザの予防にも役立つことから、結核がほぼ撲滅されて半世紀以上がたった現在も、幼稚園や保育園、防衛省の幹部学校の一部では、日課として乾布摩擦が行われているそうです。

ところが現代人の多くは、そのすばらしい知恵を忘れて、カゼやインフルエンザに毎年苦しんでいます。
私は、それが実にもったいないことだと考えるのです。

今一度、中高年ならだれもが知っている乾布摩擦の健康効果を、医学的根拠とともに示せれば、国民の健康に対する自己管理意識を高めるきっかけになるはずです。

そこで、私が取り組んだのが、次のような研究です。
健康成人12名に、8日間にわたり、木綿の日本手ぬぐいを用いて毎日5分間、体幹部(体の前後面の中心線上)を中心に乾布摩擦を続けてもらいました。

初日と最終日(8日め)の実施前後に、血液(静脈血)、脈拍、体温を測定し、乾布摩擦が生体に及ぼす影響を調べたのです。
各測定値を比較・検討した結果、乾布摩擦後に確認された変化は、次のようなものでした。

・血液(静脈血)中の酸素分圧(酸素量)が上昇する
・脈拍数が上昇する
・血糖値が下がる(最終回のみ)
・深部体温が上昇する
・白血球数、リンパ球数がわずかに増加する(最終回のみ)

以上の結果から考えられるのは、乾布摩擦は軽い有酸素運動に相当するのではないか、ということです。
有酸素運動を行うと、脈拍数と血液中の酸素分圧が上昇します。

さらに、筋肉を動かすことによってエネルギーの消費量も高まり、最終的には血糖値が低下します。
乾布摩擦でも、これらと同様の反応が起こったと推測されます。

肌が赤みを帯びるまで優しくこすろう!

一方で、私たちの血流は、自律神経によって、調整されています。
自律神経とは、体全体の諸機能を支配している神経のことです。

乾布摩擦の後に深部体温が上昇したのは、血流が改善した結果でしょう。
よって、乾布摩擦が、自律神経に影響を及ぼしていると考えられます。

また、免疫をつかさどる白血球も、自律神経に支配されています。
この実験では、最終日に、白血球総数とリンパ球数の上昇傾向が認められました。

これは、長期的な乾布摩擦の実施が、免疫力の強化につながる可能性を示唆しています。
8日めの乾布摩擦の実施後は、白血球数とともに血糖値、さらには脈拍、体温においても初日を上回る変化がありました。

乾布摩擦を毎日くり返すことで、刺激に対する体の反応力が高まり、効果も発揮されやすくなったのでしょう。
ちなみに、この研究で体幹部を刺激部位としたのは、体幹部には大きな筋肉があり、その下にある脊椎・脊髄の中の血流量も豊富なためです。

つまり、短期間で効率よく効果を引き出せるポイントとして、体幹部に注目したのです。
そして、体幹部を重点的に刺激したことで、明らかになったのが、自律神経の調整効果かもしれません。

というのも、実験最終日には皆さん、顔を含む全身の肌がツヤツヤし、血色がよくなっていました。
血流がよくなれば、肌もきれいになります。

その効果が刺激した部位以外の全身に及んでいるのは、まさしく自律神経を介して血流が促進された結果でしょう。
全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに、簡単に行えます。

肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。
毎日、体幹部だけでも乾布摩擦をすれば、知らず知らずのうちに、免疫力も向上していくでしょう。

しだいに、カゼやインフルエンザにかかりにくくなった自分に気づくはずです。

乾布摩擦を日課にして免疫力を上げよう!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


カゼ インフルエンザ 免疫

関連する投稿


腸内環境を改善する「玉ねぎヨーグルト」の効果と作り方

腸内環境を改善する「玉ねぎヨーグルト」の効果と作り方

シンバイオティクスとは「人に有用な善玉菌を摂取するプロバイオティクス」と「善玉菌を生かすものを摂取するプレバイオティクス」をバランスよく摂取して腸内環境にアプローチするという方法です。ヨーグルトがプロバイオティクス、玉ねぎがプレバイオティクスに該当します。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)