医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


解説者のプロフィール

渡邉真弓
医学博士・鍼灸マッサージ師。
東京医療専門学校にて、鍼灸マッサージ師・教員資格を取得。2011年、新潟大学大学院医歯学総合研究科博士課程修了。

深部体温が上昇し白血球数もふえた!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。
今からでも遅くはありません。

積極的に免疫力の強化に努め、インフルエンザのシーズンを、元気に乗り切っていきましょう。
その有効な知恵の一つが、皆さんもご存じの乾布摩擦です。

一説によると、日本で乾布摩擦が普及したのは、太平洋戦争開始前後(1940年ごろ)とのこと。
初めは、結核予防の切り札として、当時の小学校を中心として、一気に国内に広がったようです。

同時に、カゼやインフルエンザの予防にも役立つことから、結核がほぼ撲滅されて半世紀以上がたった現在も、幼稚園や保育園、防衛省の幹部学校の一部では、日課として乾布摩擦が行われているそうです。

ところが現代人の多くは、そのすばらしい知恵を忘れて、カゼやインフルエンザに毎年苦しんでいます。
私は、それが実にもったいないことだと考えるのです。

今一度、中高年ならだれもが知っている乾布摩擦の健康効果を、医学的根拠とともに示せれば、国民の健康に対する自己管理意識を高めるきっかけになるはずです。

そこで、私が取り組んだのが、次のような研究です。
健康成人12名に、8日間にわたり、木綿の日本手ぬぐいを用いて毎日5分間、体幹部(体の前後面の中心線上)を中心に乾布摩擦を続けてもらいました。

初日と最終日(8日め)の実施前後に、血液(静脈血)、脈拍、体温を測定し、乾布摩擦が生体に及ぼす影響を調べたのです。
各測定値を比較・検討した結果、乾布摩擦後に確認された変化は、次のようなものでした。

・血液(静脈血)中の酸素分圧(酸素量)が上昇する
・脈拍数が上昇する
・血糖値が下がる(最終回のみ)
・深部体温が上昇する
・白血球数、リンパ球数がわずかに増加する(最終回のみ)

以上の結果から考えられるのは、乾布摩擦は軽い有酸素運動に相当するのではないか、ということです。
有酸素運動を行うと、脈拍数と血液中の酸素分圧が上昇します。

さらに、筋肉を動かすことによってエネルギーの消費量も高まり、最終的には血糖値が低下します。
乾布摩擦でも、これらと同様の反応が起こったと推測されます。

肌が赤みを帯びるまで優しくこすろう!

一方で、私たちの血流は、自律神経によって、調整されています。
自律神経とは、体全体の諸機能を支配している神経のことです。

乾布摩擦の後に深部体温が上昇したのは、血流が改善した結果でしょう。
よって、乾布摩擦が、自律神経に影響を及ぼしていると考えられます。

また、免疫をつかさどる白血球も、自律神経に支配されています。
この実験では、最終日に、白血球総数とリンパ球数の上昇傾向が認められました。

これは、長期的な乾布摩擦の実施が、免疫力の強化につながる可能性を示唆しています。
8日めの乾布摩擦の実施後は、白血球数とともに血糖値、さらには脈拍、体温においても初日を上回る変化がありました。

乾布摩擦を毎日くり返すことで、刺激に対する体の反応力が高まり、効果も発揮されやすくなったのでしょう。
ちなみに、この研究で体幹部を刺激部位としたのは、体幹部には大きな筋肉があり、その下にある脊椎・脊髄の中の血流量も豊富なためです。

つまり、短期間で効率よく効果を引き出せるポイントとして、体幹部に注目したのです。
そして、体幹部を重点的に刺激したことで、明らかになったのが、自律神経の調整効果かもしれません。

というのも、実験最終日には皆さん、顔を含む全身の肌がツヤツヤし、血色がよくなっていました。
血流がよくなれば、肌もきれいになります。

その効果が刺激した部位以外の全身に及んでいるのは、まさしく自律神経を介して血流が促進された結果でしょう。
全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに、簡単に行えます。

肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。
毎日、体幹部だけでも乾布摩擦をすれば、知らず知らずのうちに、免疫力も向上していくでしょう。

しだいに、カゼやインフルエンザにかかりにくくなった自分に気づくはずです。

乾布摩擦を日課にして免疫力を上げよう!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


カゼ インフルエンザ 免疫

関連する投稿


咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

咳や発熱、風邪の初期症状にはこのツボ!蒸しタオルで首の「刺熱穴」を温めるとよい

西洋医学では、カゼの原因の大半は、ウイルスであると考えられています。そのため、うがいと手洗いでウイルスを除去することがカゼの予防には効果的とされ、対症療法として薬が処方されます。私たち鍼灸師は、カゼの初期症状に対しては、発汗を促し、熱を下げる治療を行います。【解説】木戸正雄(日本鍼灸理療専門学校教務部長)


【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

【インフルエンザと漢方】初期に効能を発揮する「麻黄湯(まおうとう)」とは

インフルエンザの初期なら、私は麻黄湯という漢方薬を処方します。優れた解熱効果があり、インフルエンザの型によってはタミフル以上に有効だったと日本小児感染症学会で報告されています。インフルエンザは決して軽く見ることはできませんが、初期のうちに手当てをすれば怖くありません。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)