カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

緑茶に認知症を予防する効果があることが、疫学的に明らかになっています。そこで私は、緑茶カテキンが認知機能の低下を抑える機序について調べました。脳機能に関しては、緑茶をたくさん飲まなければ効かない、というわけではありません。1日1杯でもよいので、毎日飲み続けましょう。【解説】海野けい子(静岡県立大学薬学部准教授)


解説者のプロフィール

海野けい子(うんの・けいこ)
静岡県立大学薬学部准教授。静岡県立大学茶学総合研究センター教員(兼務)。薬学博士。
1976年、静岡薬科大学薬学部卒業。静岡薬科大学助手、静岡県立大学薬学部助手・講師を経て現職。この間、米国シカゴ大学ハワードヒューズ医学研究所・研究員、東京都健康長寿医療センター研究所・協力研究員、東北大学加齢医学研究所・共同研究員などを兼務。老化およびストレスによる生体機能変化の解析や、脳に対する抗老化作用物質の研究等を精力的に行っている。

神経細胞の突起が伸びて数も増えると判明!

 私が生まれ育った静岡県は、緑茶の産地です。その緑茶に認知症を予防する効果があることが、疫学的に明らかになっています。

 2006年に発表された東北大学の疫学調査では、緑茶を飲む頻度が高い高齢者ほど認知症になりにくいと判明しました。1日2杯以上緑茶を飲む人は、1週間に3杯までしか飲まない人に比べて、発症リスクが54%も低く抑えられたのです。

 また、金沢大学が行った疫学調査でも、緑茶を毎日1杯以上飲み続けた人は、認知症の発症リスクが軽減したという結果が出ています。
 どちらの調査も、紅茶やコーヒーでは、有意な効果は得られませんでした。

 私は十数年前から、脳の老化に対し、緑茶がどのように作用するかを研究してきました。これまでの私たちの研究でも、加齢に伴って脳機能が低下するマウスに緑茶カテキンを予め与えておくと、年を取っても脳機能が低下しにくいことがわかっています。しかし、その機序までは、わかっていませんでした。

 そこで私は、緑茶カテキンが認知機能の低下を抑える機序について調べました。この研究結果は、今年5月に開催された「第18回抗加齢医学学会総会」でも発表させていただきました。

 カテキンは、緑茶に多く含まれるポリフェノールの一種です。なかでも最も多く含まれているのは、EGCG(エピガロカテキンガレート)という物質です。これが小腸に入ると、ごく少量はそのままの形で吸収されます。そして、残りの大部分は、大腸でさらに分解されて、EGCGの代謝物ができます。

 そこで、EGCGだけではなく、これらの代謝物も脳内に入って、脳の神経細胞に働きかけるのかを調べたのです。
 脳内には、血液脳関門という細胞どうしが密着した血管があり、脳に有害物質が入らないようにしています。EGCGやその代謝物が血液脳関門を通過するのかどうかは、これまで確かめられていませんでした。脳内に入って、神経細胞にどのように作用するかも不明でした。

 それらを検証するために、私たちは、次の二つの実験を行いました。

❶血液脳関門の通過
 血液脳関門を再現した特殊な装置を用いてEGCGやその代謝物が、血管側から脳側に移行できるかを調べたところ、少量ながら通過し、脳内に入ることが確認できました。

❷神経細胞への作用
 脳内に入ったEGCGやその代謝物が神経細胞に届いた際、どのように作用するかを調べました。すると、神経細胞から出ている神経突起が伸びて、数も増えることがわかりました。
 神経細胞は、突起の先端で神経伝達物質のやり取りをして、情報の伝達や処理をしています。しかし、年を取ると突起が短くなったり数が減ったりして、情報交換のネットワークが作れなくなってしまいます。
 EGCGや代謝物は、そのネットワークを密にして、脳機能を高めていると考えられるのです。

ペットボトルの緑茶でも熱い緑茶と同じ効果!

 さらに、EGCGとその代謝物は、作用時間に時差があることもわかりました。
 緑茶を飲むと、小腸から吸収されたEGCGは、約2時間後に血中濃度がピークになり、8時間後には血中から消失します。一方、大腸から吸収される代謝物は、8時間後以降から血中に入り、脳に流れて神経細胞に働きかけると考えられます。

 前述した疫学調査の結果で、1日1〜2杯の緑茶の摂取で効果が認められたことは、カテキンの成分が、時差をもって持続的に神経細胞を活性化させたからではないかと推察されます。

 緑茶には、カテキン以外にも、テアニンという茶葉に特有なアミノ酸が含まれています。
 テアニンには、ストレスを緩和し、気持ちをリラックスさせる作用があります。ストレスは、脳機能の低下を促進させる要因の一つです。テアニンで心を穏やかに保つことも、認知症予防に役立ちます。しかし、緑茶の中にEGCGやカフェインが多くなると、テアニンの作用は打ち消されてしまいます。

 EGCGは高い温度で浸出されますが、低い温度ではあまり浸出されません。一方、テアニンは温度に関係なく浸出されます。ですから、テアニンの効果を得るには、ぬるめのお湯や水でお茶を出すとよいでしょう。

 脳機能に関しては、緑茶をたくさん飲まなければ効かない、というわけではありません。1日1杯でもよいので、毎日飲み続けましょう。カテキンについては、ペットボトルのお茶でも同様の効果があります。

 お勧めの飲み方は、朝は熱い緑茶でカテキンをとり、夕方から寝る前にかけてはぬるめ、または水出し緑茶でテアニンをとることです。認知症予防はもちろん、寝つきがよくなり、ストレスも軽減しやすくなります。
 皆さんもぜひ、1日1杯の緑茶を習慣づけてください。

目的に合った温度で飲もう

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


緑茶 認知症

関連する投稿


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


朝イチで飲む抹茶レモンで脳が活性化!記憶力が改善する効果

朝イチで飲む抹茶レモンで脳が活性化!記憶力が改善する効果

抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


最新の投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

デコボコのついた舌を、漢方では「歯痕舌」といいます。この舌のむくみは、胃腸の水はけが悪く、水びたしになっている状態が舌に現れたもので、食べすぎや飲みすぎで胃腸が疲れている状態です。舌苔は、舌の粘膜を保護するという役目もありますから、ほどほどには必要です。【解説】平地治美(和光治療院・漢方薬局薬剤師・鍼灸師)


眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

あおむけになってひざを立て、自分のおなかを指で押してみてください。おなかが固くて、痛みを感じる場所がないでしょうか。痛みを感じるかたは、おなかの筋肉の緊張が不眠の主因かもしれません。そのような場合に、お勧めしたいセルフケア法があります。それが「わき腹ほぐし」です。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)