MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

ご本人やご家族が、「認知症だから難しい」とあきらめていたことが、「注文をまちがえる料理店」では次々と実現したのです。そして、認知症を受け入れる「世の中」が少しだけ変わることで、多くの人たちが、もっともっと生きやすくなるのかもしれません。【解説】小国士朗(「注文をまちがえる料理店」発起人・テレビ局ディレクター)

間違いを受け入れればマイナスがプラスになる

 そもそものきっかけは、認知症のかたが暮らす施設を、取材で訪れたことでした。そこは、「認知症になっても、自分らしく生きていくことを支える」ことをモットーに運営され、認知症になっても、料理や掃除、買い物など身の回りのことは、できる範囲で行われていました。

 その取材中、お昼をごちそうになりました。その日の献立はハンバーグと聞いていましたが、出てきたのは餃子でした。間違いを指摘しそうになりましたが、違和感を持ったのは私だけでした。認知症のかたも介護するかたも、全く気にせず召し上がっていました。

 そのとき、その場にいる人たちが間違いだと思わなければ、「間違いは間違いじゃなくなるんだ」と気づいたのです。

 その施設では、他人の間違いを指摘するかわりに、間違いを寛容に受け入れ、みんなが楽しむことができていました。そのときに思いついたのが、「注文をまちがえる料理店」という名前でした。

 間違いを受け入れる施設での光景は、とてもすてきでした。「この光景を町の中に持って行き、多くの人がそれに触れられたら、きっとすばらしいことになるんじゃないか?」そう考えたのです。

 そして、多くの皆さんのご協力をいただきながら、2017年に「注文をまちがえる料理店」を開催できました。配膳スタッフは、みんな認知症というちょっと変わったお店です。

 普通なら、注文を間違えたら抗議されて当然です。でも、この料理店では、間違いが価値に変わります。受け取りかた一つで、今までマイナスだったものがプラスに変わるのです。

 あるお客様は、「オムライスを頼んだら、オムライスがきちゃった」と喜びつつ、「認知症のかたって普通なんですね」とも話していました。それは、とてもうれしい言葉でした。

 私自身も含めて、多くのかたが認知症について、「徘徊したり、わけのわからないことをいったりするばかりで、何もできない」という、そんな暗い印象を抱きがちです。それだけで、認知症についてなんとなく「知ったつもり」「わかったつもり」になっている。

「注文をまちがえる料理店」で認知症のかたと触れ合う場を作ることで、なんとなく知ったつもりの段階から、もう一歩前へ進んでもらえればうれしいなと考えていました。

 認知症の皆さんは、決して何もできないわけではなく、普通に接客もできるのです。確かに、ときどき間違えることもありますが、そのことも、その場のコミュニケーションでふんわりと解決されていきました。こうして、ほのぼのとした光景が数え切れないほど生まれました。

ピアノを弾く自信がつき元の明るい性格が戻った

 この企画が成功したのは、期間限定の非日常のイベントだったからにほかなりません。もちろん、このイベントが成功しても、認知症が治るわけではありません。しかし、このイベントは、認知症のかたやそのご家族、介護スタッフにとって、貴重な体験になったと確信しています。

 三川泰子さんは、40年間、ピアノの先生をしていました。若年性アルツハイマーでピアノが弾けなくなり、「もう生きていたくない」と思ったこともあったそうです。今回、泰子さんは毎日練習を重ね、レストランでは、ご主人のチェロの伴奏で、すばらしいピアノ演奏を披露してくれました。

 ご主人の一夫さんによれば、「認知症になると、自信を失ってしまうんですね。妻も、ピアノが弾けなくなり、暗くふさぎ込むようになっていました。今回のことで、再びピアノを弾くようになって自信がつき、元の明るい性格が戻りました」

 この楽しい料理店が終わったあとは、また、認知症の進行と闘う日々が始まります。その厳しい現実においても、「このときの笑顔を知っているかどうかで、気の持ちようが違ってくるかもしれない」と話すご家族もいました。

 くり返しになりますが、「認知症だから接客するのは無理」なんていうことはありません。ご本人やご家族が、「認知症だから難しい」とあきらめていたことが、この場所では次々と実現したのです。

 そして、認知症を受け入れる「世の中」が少しだけ変わることで、多くの人たちが、もっともっと生きやすくなるのかもしれません。

 今年9月、全国のいくつかの都市で、再び「注文をまちがえる料理店」が開かれる予定になっています。もし、皆さんの町に、この数えきれないほどの笑顔と涙と、ちょっとした奇跡に満ちた料理店がやって来るときには、ぜひお越しください。

料理店の中は、笑顔でいっぱい。三川さんご夫妻(写真右下)が奏でるメロディーは、お客さんを大いに魅了した。 写真◎森嶋夕貴(D-CORD)

解説者のプロフィール

小国士朗(おぐに・しろう)
香川県出身。テレビ局ディレクターのかたわら「注文をまちがえる料理店」の活動に取り組んでいる。その詳細については、著書『注文をまちがえる料理店のつくりかた』(方丈社)につづられている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
納豆はコレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血栓を作りにくくする効果があり、動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
更新: 2019-04-14 18:00:00
認知症が進行すると、自分がいる場所がどこで、話している相手は誰かなど、自分の置かれている状況の見当がつきにくくなってきます。これを「見当識障害」といいます。現実見当識訓練は、脳に残っている機能に働きかけて現実見当識を高め、認知症の進行を遅らせることを目指します。【解説】石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長)
更新: 2018-10-12 18:00:00
近年、記憶と関連の深い脳の海馬などでは、新しい細胞が毎日生まれていると判明しています。ですから、脳の萎縮が進んでも、それをカバーする脳内の環境作りは十分可能だといえます。今からでも遅くはありません。耳もみを早速実践して、脳の血流を活発にしてください。【解説】広川慶裕(ひろかわクリニック院長)
更新: 2018-10-07 18:00:00
片足立ちは、有酸素運動とバランス運動を兼ねています。片足立ちを1分続けることは、50分歩くのとほぼ同じ運動量になります。有酸素運動が認知症予防に有効であることは、多くの研究データが示すところです。また、転倒予防という点からも優れています。【解説】長谷川嘉哉(土岐内科クリニック院長・医療法人ブレイングループ理事長)
更新: 2018-10-03 07:00:00
食後2時間血糖値の高い人ほど、アルツハイマー病の発症リスクが高く、中年期に糖尿病になって、病歴の長い人のほうが、海馬の萎縮が強いことも判明しました。したがって、食事の最初に野菜をたっぷり食べ、食後の血糖値が上がらないようにすることも大事です。【解説】二宮利治(九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生分野教授)
更新: 2018-09-30 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt