医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


血糖値、中性脂肪値、LDL値が軒並み赤信号

 私はとにかく脂っこいものが大好きで、毎日、スーパーのお惣菜売り場で揚げ物や炒め物などを買っていました。
 しかも、健康には腹八分目がいいと頭では理解していても、おなかがはち切れそうになるまで食べないと気が済みませんでした。

 5~6年前の健康診断で「糖尿病の疑いがある」と指摘されても、「疑いの段階なら、まだ大丈夫だろう」と甘く見て、生活を改めませんでした。
 元来、食べることが大好きなので、どうしても食欲を抑えきれなかったのです。

 こうしたツケがたまり、いよいよ健康状態に赤信号が灯ったのが、一昨年の8月に受けた健康診断のときでした。
 食後血糖値が170㎎/㎗(正常値は140㎎/㎗未満)、ヘモグロビンA1cが7.3%(正常値は6.5%未満)もあり、ついにまぎれもなく「糖尿病」と診断されたのです。
 さらには、中性脂肪値が157㎎/㎗(正常値は150㎎/㎗未満)、悪玉コレステロール(LDL)値が139㎎/㎗(正常値は140㎎/㎗未満)と、いずれも高めになっていました。

 さすがに、「困ったことになった」と落ち込んでいたところに、市の健康保健担当から電話がありました。市の糖尿病予防教室に、必ず出席するように促されたのです。

 教室では3回にわたって糖尿病について学びました。そして糖尿病が悪化するとさまざまな合併症を引き起こすなど、非常に恐ろしい病気であることを知り、危機感を高めました。
 そして、予防や治療の基本や、食生活の改善や運動の必要性なども教わったのです。

 今度ばかりは、きちんと食事を正さないといけないと覚悟を決めました。
 大好きな揚げ物を控え、食事のときは、まず野菜から食べ始めるように気をつけたのです。
 さらに運動も心がけ、週に1回ボーリングに行き、万歩計をつけて、1万歩を目指して外を歩くこともしました。

 しかし、がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。

 その帰り道、私は本屋の健康コーナーに立ち寄り、何かいい改善法がないかと探し求めました。
 そのときに目についたのが、「レモン酢」の本だったのです。

健康上の危機をレモン酢に救ってもらった

 糖尿病の改善にいいと書かれていたので、早速本を購入して帰りました。
 本を参考にレモン酢を作ってみると、とても簡単に作ることができました。まとめて作っておけば長期間の保存が利き、何度も飲めるのもよかったです。

 私は、輪切りにした2個のレモンと、1㎏の氷砂糖を広口瓶に入れ、1.8ℓの米酢を注いで作っています。レンジにはかけず、2週間ほど置いてから飲み始めます。

 大さじ2杯くらいのレモン酢を、4~5倍の水で希釈して飲みます。これが、甘酸っぱい爽やかな味で、とてもおいしいのです。
 たいてい1日に1回は飲みますが、ときどき2回飲むときもあります。それに加え、原液に漬かったレモンの輪切りも食べていました。

 こうしておいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。
 そして、1年が経過した昨年の11月に受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。

 まず糖尿病に関する数値ですが、空腹時血糖値が99 ㎎/㎗(正常値は110㎎/㎗未満)と余裕で正常化しており、ヘモグロビンA1cも正常値まであと一息の6.6%まで下がっていました。

 また、高かった中性脂肪値が82 ㎎/㎗に大幅に下がりました。LDLに至っては、66㎎/㎗と半分以下です。

 それから、うれしいことに体重も減りました。以前は63㎏だったのが、現在は56~57㎏になり(身長158㎝)、ズボンのウエストがゆるくなったのです。

 おそらく、揚げ物を控えて、軽い運動をしたくらいでは、ここまでの結果は出ていなかったでしょう。健康上の危機を、レモン酢に救ってもらったと思って感謝しています。

→レモン酢の作り方

7kgやせてズボンのウエストがゆるくなった!

コレステロールを排出して糖の吸収を抑える(元明治薬科大学教授・薬学博士 本橋登)

 レモンに含まれるペクチンなどの水溶性食物繊維は、腸からの糖の吸収を抑えたり、コレステロールの排出を促したりする働きがあります。レモンの抗酸化作用や酢の代謝促進の相乗効果で、血液の状態が改善したのでしょう。

 血液中に糖が多い状態が長期間続くと、肝臓は過剰な糖を中性脂肪に換えます。中性脂肪が増えるとLDLが合成されやすくなり、余ったコレステロールを肝臓に回収するHDL(善玉コレステロール)とのバランスがくずれ、血液中にLDLが増えます。血糖値が高い状態では、LDLの酸化が促進されやすいため、増えたLDLが血管壁に張りつき、動脈硬化が進みます。レモン酢でその悪循環から逃れられ、よかったですね。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


レモン レモン酢の効果

関連する投稿


化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)


レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

ウーロン茶と米麹で作った甘酒をベースにした特製ジュースにレモン酢を加えるようになって、ジュースの味が格段に変わりました。体重は約20kgも落ちました。高かったコレステロール、中性脂肪、血糖値、血圧もすべて正常値になり、今の私は健康そのものです。【体験談】安藤栄子(仮名・主婦・69歳)


【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

長女の高校受験を前に「風邪を予防するには、どうすればいいか」と考えていたとき、抹茶レモンと青汁の組み合わせを思い出したのです。すると、その冬、娘は風邪を引くことがなく、志望校に無事合格。効果に驚き、我が家では今でも抹茶レモンを飲み続けています。【体験談】K・Y(接客業・46歳)


【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

さっぱりしているので、飲むと体も心もリフレッシュできます。そのおかげで、夜はすんなりと眠ることができます。翌朝に疲れが残りにくくなったと思いますし、肌の調子もよくなりました。私はこれまでお茶を飲むと胃が痛くなることがあったのですが、抹茶レモンは不思議なことに、飲んでも胃痛になりません。【体験談】木村聡美(仮名・47歳)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)