医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

常に耳元で、セミがジージーと鳴くような音が聞こえ、不快でたまりませんでした。レモン酢をドリンクや食事に活用していたところ、ジージーという音の大きさと頻度がだんだん少なくなっていき、レモン酢を飲み始めて1年が過ぎる頃には、ほとんど気にならなくなったのです。【体験談】伊藤洋子(主婦・61歳)


常温で1年もつからまとめて作り置きする

 一昨年の春、春にしては暑い日に庭で草取りをしていた私は、突然、右の耳が詰まったような感覚に襲われました。
 それ以来、耳鳴りに悩まされるようになったのです。常に耳元で、セミがジージーと鳴くような音が聞こえ、不快でたまりませんでした。

 家事などを集中してやっているときはそれほど気になりませんが、車の運転中など閉ざされた空間では、特に耳鳴りの音が大きく聞こえて気に障りました。

 耳鼻科で検査してもらいましたが、耳の機能には特に異常がないとのこと。これといった治療法がないと言われ、困ってしまいました。

 そんなとき書店に行き、健康コーナーで見つけたのが、「レモン酢」のムック本でした。耳鳴りにもいいと書かれていたので、早速、基本のレシピどおりにレモン酢を作りました。

 レモン酢は常温で1年間保存ができるそうです。そこで私は、国産レモンが出回る冬場に、できるだけまとめてレモン酢をたくさん作り置きするようにしています。どうしても外国産のものしか手に入らない時期は、タワシなどでよく皮を洗ってから作っています。

 私は大さじ1杯くらいのレモン酢を100㎖の水で割って飲んでいます。朝起きたら、まず普通の水を飲み、その後にレモン酢水を飲むのです。

 そのほかレモン酢の原液をサラダのドレッシングにも利用しています。レモンの風味で、とても爽やかでおいしいドレッシングになります。

 よく作っているのが、レモン酢を麺つゆで割り、酢を少々足して、オリーブオイルと塩コショウを加えたドレッシングです。
 キャベツのせん切りなど生野菜を毎食食べることにしているので、そのたびにこのドレッシングを使っています。

例年なら太る時期にやせてびっくり

 こうしてレモン酢をドリンクや食事に活用していたところ、1ヵ月もたたないうちに、お通じがすこぶるよくなりました。
 以前は、2~3日に1度くらいしかなかった便通が、毎日スムーズになったのです。

 飲み始めてから3ヵ月の間に、一気に体重が2㎏弱減りました。48.5㎏(身長155㎝)あった体重が、ほかには特になにもしていないのに46㎏台まで落ちたのです。

 レモン酢を飲み始めたのは冬でしたが、この時期にこんなに体重が減るのは、私にとっては普通ならあり得ないことでした。例年なら、冬はいつも4㎏は体重が増えていたのです。

 私はひざが悪く、太って体重が50㎏を超えるとひざの負担が大きくなるのか、痛みがひどくなって、大変な思いをします。
 それが、いつもなら太る時期にレモン酢のおかげで逆に体重が減ったために、一昨年からはとてもらくに過ごせました。それ以来、46㎏台の体重をキープできています。

 そして、期待どおり、耳鳴りにも効果がありました。ジージーという音の大きさと頻度がだんだん少なくなっていき、レモン酢を飲み始めて1年が過ぎる頃には、ほとんど気にならなくなったのです。

 別に暮らしている息子夫婦や娘も、レモン酢の大ファンです。
 我が家に遊びに来るたびにレモン酢を持って帰るので、私は常に7瓶分くらいは作っておくようにしています。レモン酢の効果は絶大なので、これからも長く続けていくつもりです。

運転中でも耳鳴りが気にならない!

50℃のお湯につけてタワシでこするとよい(元明治薬科大学教授・薬学博士 本橋登)

 耳鳴りの原因はまだ不明なことも多いのですが、一つには耳の奥にある内耳の血流が関係していると考えられます。レモンの皮に多く含まれているヘスぺリジンというフラボノイド成分には、毛細血管を強化して、血流を亢進する働きがあります。
 レモン酢を飲んだことで、血流がよくなり、内耳の細胞の隅々にまで栄養が運ばれた結果、内耳機能が回復し、耳鳴りが治まったのではないでしょうか。

 レモン酢は、レモンの皮に含まれる、多種の有益な健康機能成分を抽出して摂取できる、非常によい方法だと思います。
 しかし、皮ごと使うため、伊藤さんのように、輸入レモンに使われることがある防腐剤やワックスなどが気になる人もいらっしゃるでしょう。
 しかし、食品衛生法で定められた基準内での薬剤の使用ですし、ワックスをお湯でゆるめながらタワシなどでしっかり洗えば、基本的に問題ないと私は考えています。

 それでも気になる人に、私がお勧めしている方法を二つご紹介します。
 一つめが、市販の中性洗剤(用途に「野菜・果物」と明記されているもの)で洗うことです。洗剤で洗った後は、流水でしっかりすすいでください。

 二つめが洗ったレモンを50℃のお湯につけることです。軟らかいレモンで5分、硬いレモンなら10分が、つけておく時間の目安です。
 表面に付着した汚れやワックスは、50℃以上のお湯で大抵取り除けます。ただし、60℃以上の熱いお湯だと、レモン本来のツヤが失われるなど、熱によるダメージが出てくるので、およそ50℃が適温です。

→レモン酢の作り方

『作りおき!やせる!肌も血管も若返る!レモン酢』

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)