医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

ウーロン茶と米麹で作った甘酒をベースにした特製ジュースにレモン酢を加えるようになって、ジュースの味が格段に変わりました。体重は約20kgも落ちました。高かったコレステロール、中性脂肪、血糖値、血圧もすべて正常値になり、今の私は健康そのものです。【体験談】安藤栄子(仮名・主婦・69歳)


特製ジュースにレモン酢を加えた

 10年以上前の私は、今の私からは想像できないくらい太っていました。
 身長155㎝で体重は72㎏。毎年受けている健康診断では、コレステロールや中性脂肪、血糖値、血圧など、ほとんどの数値が引っかかっていました。

 当時、なんとかやせて、このメタボ状態を解消したいと思っていた私は、健康的にやせられる方法を模索していました。
 そしてたどり着いたのが、ウーロン茶と米麹で作った甘酒をベースにした(以下、ウーロン甘酒)特製ジュースです(作り方は下記参照)。

 この特製ジュースは、ウーロン甘酒200㎖にバナナ1本、豆乳と牛乳を各150㎖、その日の野菜の切りくずなどを入れ、ミキサーにかけたものです。テレビで紹介されていたのを見て、10年ほど前から飲むようになりました。

 さらに、この特製ジュースにレモン酢を加えるようになったのは、5~6年前からです。レモン酢は雑誌で知りましたが、簡単に作れて、ただのお酢より体によさそうなので作ってみました(基本的な作り方はレモン酢の作り方参照)。

 レモン酢を大さじ2杯と、漬けてあるレモン2枚をみじん切りにして、特製ジュースに加えます。
 レモン酢を加えるようになって、ジュースの味が格段に変わりました。レモンの香りがほのかにして、味が引き締まります。この味を知ってしまうと、レモン酢を入れないジュースはすごく物足りなく感じます。

 ジュースは毎朝、夫と二人で、朝食代わりに飲んでいます。いろいろ入っているので、これだけでおなかがいっぱいになります。レモン酢は酢の物などにも使いますが、レモン酢だけを飲むことはありません。

今年に入ってさらに体重が5kg減!

 こうして特製ジュースを続けてきて、体重は72㎏から53.7㎏に、約20㎏も落ちました。驚いたのは、今年の1月には59㎏だった体重が、わずか4ヵ月後で5㎏近くも減っていたことです。

 高かったコレステロール、中性脂肪、血糖値、血圧もすべて正常値になり、今の私は健康そのものです。

 水泳やウオーキングなどの運動もしているので、何がよかったかはわかりません。
 ただ、運動をするにも、レモン酢を加えたこの特製ジュースを飲まないと体が動きません。レモン酢入りの特製ジュースは、私にとってエネルギーと元気の源です。これからもずっと飲み続けていくつもりです。

レモンの抗酸化力で代謝が上がりやせた(元明治薬科大学教授・薬学博士 本橋登)

 LDL(悪玉コレステロール)は活性酸素によって酸化されると、血管壁に付着して傷つけ、動脈硬化を進行させて血流を悪化させます。

 レモンに含まれるビタミンCは、高い抗酸化力を持っており、LDL酸化を減らして血流をよくするため、代謝が上がります。やせて、血圧、血糖値などが下がったのは、こうした働きによるものでしょう。

レモン酢の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


レモン レモン酢の効果

関連する投稿


化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)


【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

長女の高校受験を前に「風邪を予防するには、どうすればいいか」と考えていたとき、抹茶レモンと青汁の組み合わせを思い出したのです。すると、その冬、娘は風邪を引くことがなく、志望校に無事合格。効果に驚き、我が家では今でも抹茶レモンを飲み続けています。【体験談】K・Y(接客業・46歳)


【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

さっぱりしているので、飲むと体も心もリフレッシュできます。そのおかげで、夜はすんなりと眠ることができます。翌朝に疲れが残りにくくなったと思いますし、肌の調子もよくなりました。私はこれまでお茶を飲むと胃が痛くなることがあったのですが、抹茶レモンは不思議なことに、飲んでも胃痛になりません。【体験談】木村聡美(仮名・47歳)


【70歳現役医師】健康長寿者は「レモン」を食べている! 私も1日2個のレモンを実践中

【70歳現役医師】健康長寿者は「レモン」を食べている! 私も1日2個のレモンを実践中

この習慣を始めたのは、50歳頃からでした。きっかけは、長寿で元気に過ごされているお年寄りが皆、レモンをとっていると知ったことです。古今の文献も調査し、病から命を守る食品としてレモンが古くから重用されてきたことも知りました。現代の科学的な研究でも、レモンの健康効果は実証されています。【解説】済陽高穂(西台クリニック院長)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)