【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


解説者のプロフィール

飯田忠行(いいだ・ただゆき)
県立広島大学保健福祉学部教授。
2002年、県立広島女子大学大学院生活科学研究科修士課程修了。04年、藤田保健衛生大学大学院医学研究科で博士(医学)を取得。山口大学医学部付属病院、藤田保健衛生大学医学部講師、県立広島大学保健福祉学部准教授を経て現職。専門は応用健康科学、公衆衛生学、地域健康疫学、老年医学。広島県の戦略作物であるレモンの効果検証を行う、県立広島大学レモン健康科学プロジェクト研究センター長も兼務する。

レモンを多くとる人ほど骨密度が高いと判明

 爽やかな香りと酸味が持ち味のレモン。健康や美容によい果物として、活用されている人も多いと思います。
 当大学のある広島県は、国産レモンの63%(平成27年)を生産する、日本一のレモン産地です。そんな地元の利を活かし、レモン健康科学プロジェクト研究センターでは、レモンの健康効果に関する研究を続けてきました。まずは、その最新の研究成果をご紹介します。

 2017年2月から約1年間、レモン飲料メーカー(※)と共同で、レモンの摂取状況と健康状態についての継続的な実態調査を行いました。 

 調査地である大崎上島町は「レモンの島」とも称される、広島県のレモンの主産地です。
 町民123名を対象に、レモンの摂取量を調べたところ、日本人の平均レモン摂取量は、およそ2カ月に1個であるのに対し、大崎上島町では5日に1個と、平均の12倍も多く摂取していることがわかりました。

 そのうち、女性90名をレモンの摂取量別に1(摂取量少)~4(摂取量多)に分類し、それぞれの群の骨密度を比べたところ、摂取量が多い女性(4群)ほど、骨密度が高い傾向にあることがわかりました(下のグラフ参照)。

 この要因としては、さまざまなことが考えられます。運動、食事などが総合的に組み合わさった結果です。
 その要因の一つとして、レモンに豊富なクエン酸が持つ「キレート作用」もあるのではないかと考えられます。キレート作用とは、カルシウムなどを包み込み、体内への吸収率を高める作用のことです。

 私たちの骨は、コラーゲン繊維でできた骨組みに、カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラルのセメントを流し込んだような構造をしています。古くなったセメントを随時取り壊し、新しいセメントを流し込んで強度を保っているのです。

 ところが、カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。

 特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。若い頃からレモンを多くとることで、キレート作用によりカルシウムの吸収力が高まり、骨密度を維持できれば、将来的に骨折から寝たきりになるリスクを大きく減らせます。

「レモンをとると疲れが取れる」を数値化できた

 この90名の女性について、レモンの摂取量と疲労感の関係についても調べています。対象者に2月と9月に疲労の程度を示す数値を答えてもらい、2月の数値と9月の数値の差を出したものが下のグラフです。差がプラス=2月より9月のほうが疲労感が高い、差がゼロ=疲労感が変わらない、差がマイナス=2月より9月のほうが疲労感が少ないことを示しています。

 疲労感は夏場にかけて高くなりますが、レモンを多くとっている4群では疲労感が低く、レモンの摂取量が少ない1群では、疲労感が高くなりました。1群と4群の身体活動量はほとんど変わらないことから、レモンによって疲労感が下がったものと考えられます。

「レモンをとると疲れが取れる」。私たちが日常、体感している感覚を初めて数値で表すことができたのです。

 これらの結果を受け、レモンの成分が体に及ぼす作用をさらに詳しく調べることになりました。大島上島町民800人を対象に今後5年間、骨密度の変化などレモンの健康効果の追跡調査を行います。
 これだけ大規模な疫学調査は、レモンの介入試験では初の試みで、私自身も、調査結果を非常に期待しています。

メタボの改善にもレモンが有効

 また、これまでの当大学での調査では、レモンの摂取量が多い人ほど、最大血圧が下がり、血管の柔軟性が高い傾向が出ています(堂本時夫元県立広島大学教授らによる横断研究)。

 もう一つ、この調査で注目されたのは、アディポネクチンという生理活性物質の血中濃度が、レモン摂取量に比例して増えていたことです。

 アディポネクチンは、脂肪組織から作られ、体内でホルモンのように働いて、
●動脈硬化を抑える
●炎症を抑える
●インスリンの働きを高め糖尿病を防ぐ
などの作用があることで、注目されている物質です。

 レモンの摂取量が増えるとアディポネクチンも増えることから、レモンを取り入れた食生活が、肥満、高血圧、糖尿病から動脈硬化が進行するメタボリックシンドロームを予防する可能性があることが示されたのです。

レモンの健康効果ベスト10

 最後に、レモンの持つ成分とその健康効果を見ていきましょう。
◎ビタミンC
 レモンといえばビタミンCを連想する人も多いでしょう。皮、果肉ともに豊富に含んでいます。ビタミンCは、代表的な抗酸化物質です。老化や病気の原因となる活性酸素を消去する働きがあり、健康維持に欠かせません。

 カゼの予防や疲労回復に役立ち、肌や骨の形成に必要なコラーゲンの生成を助ける働きがあります。メラニン色素の沈着を防いでシミを防ぐなど、美肌作りにも必須の成分です。

◎クエン酸
 レモンの酸味のもとになるクエン酸は、果肉に多く含まれています。キレート作用により、カルシウムの吸収が高まるので、骨密度を高める効果が期待できます。牛乳やヨーグルトなどの乳製品とレモン果汁を組み合わせるのがお勧めです。

◎リモネン
 レモンの爽やかな香り成分であるリモネンは皮に含まれています。香りによる効果として、心身を活動的にする交感神経を刺激することが知られています。心理学的調査では、緊張・不安、抑うつ・落ち込みの程度を軽減する効果が報告されています。

◎レモンポリフェノール
 ポリフェノールとは、植物の色や香り、苦味などの元になっている成分で、活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用を持っています。

 エリオシトリンは、柑橘類の皮の白い部分に多いポリフェノールで、レモンには、他の柑橘類の30~100倍含まれています。
 エリオシトリンの特徴は、きわめて強い抗酸化力があることです。動脈硬化の原因となるLDLコレステロールの酸化を遅くする働きや、肝臓での脂質の蓄積を抑える働きが報告されています。
 動物実験では、中性脂肪の増加を抑え、血液中のコレステロールや血糖を低下させる働きが確認されています。

 もう1種、ヘスペリジンは、皮の白い部分や果実の袋、スジに豊富なポリフェノールです。血流を促す働きや毛細血管を強くする働きが報告されており、動脈硬化の進行を抑える効果が期待できます。動物実験では、中性脂肪を下げる働きが報告されています。

皮ごと食べられるレモンのハチミツ漬け

 このようにレモンは皮の部分にも多くの成分が含まれているため、できれば皮も丸ごと食べるのがお勧めです。
 私が気に入っているのが、レモンのハチミツ漬けです。レモンを薄くスライスして、一晩ハチミツに漬けて皮が軟らかくなったら出来上がりです。ぜひ広島産のレモンで作ってみてください(笑)。

 これからやってくる猛暑を乗り切り、秋に疲労感を残さないためにも、レモンを上手に活用しましょう。

甘酸っぱくておいしいレモンのハチミツ漬け。
皮ごと薄く輪切りにしたレモンにかぶるくらいのハチミツを加えて一晩漬ければ出来上がり。そのまま食べても漬け汁ごと水で割って飲んでも爽やか

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


レモン 骨粗鬆症

関連する投稿


「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

「かかと落とし」の骨密度を高める効果が判明!骨粗鬆症対策に有効

スクレロスチンという物質の名前を聞いたことがありますか? これは骨を作らないように働く物質で、過剰に分泌されると骨密度を低くする方向に作用します。骨を強くして骨折を防ぐためには、スクレロスチンの過剰分泌を抑えることが重要です。そのために有効な運動が、かかと落としなのです。【解説】中村幸男(信州大学医学部整形外科講師)


化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

化粧販売のプロおすすめ!抹茶レモンはメイクのノリが良くなるドリンク

私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)


レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

レモン酢入り特製ジュースで20kg減!高かった血糖値や血圧が正常値になった

ウーロン茶と米麹で作った甘酒をベースにした特製ジュースにレモン酢を加えるようになって、ジュースの味が格段に変わりました。体重は約20kgも落ちました。高かったコレステロール、中性脂肪、血糖値、血圧もすべて正常値になり、今の私は健康そのものです。【体験談】安藤栄子(仮名・主婦・69歳)


【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

【受験生の風邪対策に】わが家は「抹茶レモン」で対策! 美肌になっていいことずくめ

長女の高校受験を前に「風邪を予防するには、どうすればいいか」と考えていたとき、抹茶レモンと青汁の組み合わせを思い出したのです。すると、その冬、娘は風邪を引くことがなく、志望校に無事合格。効果に驚き、我が家では今でも抹茶レモンを飲み続けています。【体験談】K・Y(接客業・46歳)


寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

寝ても取れない疲れを解消! 私の疲労回復ドリンクは「抹茶レモン」

さっぱりしているので、飲むと体も心もリフレッシュできます。そのおかげで、夜はすんなりと眠ることができます。翌朝に疲れが残りにくくなったと思いますし、肌の調子もよくなりました。私はこれまでお茶を飲むと胃が痛くなることがあったのですが、抹茶レモンは不思議なことに、飲んでも胃痛になりません。【体験談】木村聡美(仮名・47歳)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)