MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

口臭や歯周病を予防する「レモンミルク」の効果(作り方・飲み方)

年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)

解説者のプロフィール

清水百合(しみず・ゆり)
●六本木しみず歯科
東京都港区六本木7-18-13-401
03-3408-8779

六本木しみず歯科院長、日本元気キレイ医歯学研究所代表。
料理食育研究家としても活躍。著書『忙しいあなたのための歯科治癒職』(東京臨床出版)、『アンチエイジング歯科医からの積極的治癒食』(フレグランスジャーナル社)が好評発売中。

口の中の状態が体全体に影響する

 私は歯科医師という立場で、健康や美容に役立つ食事や食材について研究しています。

 近年、口の中の状態が体全体の健康を左右することが明らかになってきました。
 例えば、歯周病は歯ぐきに炎症を起こすだけの病気ではありません。歯周病菌やその毒素は血管へと入り、認知症や心筋梗塞、糖尿病など、命にかかわる病気を引き起こす、とわかってきたのです。

 元気に過ごすためには、口内の健康を保つことが必要不可欠です。そのために役立つ食材として、私がお勧めしているのがレモンです。

 レモンにはビタミンCやクエン酸、ポリフェノール類がたっぷりと含まれています。疲労回復や生活習慣病の予防、改善など、さまざまな効果が期待できます。

 なかでも私が注目しているのが、酸味によってもたらされる効果です。
 レモンは酸っぱいので、食べるとたくさんの唾液が出てきます。唾液は口内を健康に保つために、なくてはならないものです。その主な役割を挙げましょう。

①口臭や歯周病の予防
 唾液で口内が潤うと口臭や歯周病を予防します

②洗浄作用
 口内の汚れを洗い落として、虫歯を防ぎます

③咀嚼や嚥下の補助
 食物は唾液と混ざることによって、嚙み砕きやすく、飲みこみやすくなります

④消化を助ける
 唾液には消化酵素のアミラーゼが豊富です

⑤味をおいしく感じる
 食物の味は唾液と混ざることによって、舌にある味覚に届き、おいしく感じます

⑥免疫力を高める
 唾液には細菌の感染から体を守る酵素が豊富です

 もちろん健康面だけでなく美容面でもいいことがあります。

特に高齢者は積極的にレモンをとるとよい

 レモンといえば、色を白くする、シミを防ぐといった美肌効果が思い浮かびますが、その効果は粘膜にももたらされます。
 レモンをとることによって、歯ぐきは健康的なピンク色に。くちびるも潤い、プルプルになります。

 また、高齢者は特にレモンを日常的にとるといいでしょう。年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。

 私自身、レモンが大好きで、ザクザク切って皮ごと料理に入れたり、生果汁を搾って飲み物にしたりして、レモンを活用しています。今回は、簡単でおいしい「レモンミルク」をご紹介しましょう。

美肌のためには日が暮れてから飲む!

 作り方は50㎖の牛乳にレモン2分の1個分の生果汁を搾るだけ。簡単ですが、飲むとさっぱりするおいしいドリンクになります。お好みで、大さじ1程度のハチミツを加えると、さらに飲みやすくなるでしょう。 

 牛乳とレモンは互いの栄養価を高め、弱点を補う相性のいい組み合わせです。
 例えば、レモンにはカルシウムを体に吸収されやすい形に変えるキレート作用があります。この働きによって牛乳のカルシウムが吸収されやすくなるので、歯の強化や骨粗鬆症の予防に役立ちます。

 一方で、レモンの酸味は胃が弱い人にとって刺激となることがありますが、牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあります。胃が弱い人も安心して、レモンをとることができます。

 ミキサーがあるなら、レモンの皮も加えるといいでしょう。レモンのポリフェノール類の多くは皮の白い部分に含まれているので、より栄養価が高くなります。
 ただし、皮を入れると舌触りにざらざら感が出ます。飲みやすさを考えると、皮は8分の1個分程度でよいでしょう。

 このレシピは患者さんやセミナー参加者にもお伝えしていますが、いつも大好評です。
「口の中がさっぱりする」「飲みやすく、疲れも取れた気がする」「元気が出た」「骨や歯が丈夫になりそう」といった声をいただいています。

 ただし、とるタイミングには注意が必要です。レモンには紫外線の吸収を促すソラレンという成分が含まれています。
 レモン摂取後に日光に当たると日焼けやシミを招く場合があるので、気になる人は日が暮れてからとるといいでしょう。

歯科医がお勧め!レモンミルクの作り方

【材料】(1人分)
牛乳…50ml
レモン…1/2個
ハチミツ…大さじ1

【作り方】
❶レモンを搾る。
❷グラスに牛乳を注ぎ、①を加えてよく混ぜる。
❸甘味がほしい場合は、ハチミツを加える。

◎ヨーグルトのような食感に変わる!

【飲み方】
1日1回、サッと飲み、その後、水で口をしっかりゆすぐ。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2018-10-20 18:00:00
ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)
更新: 2018-09-05 11:21:44
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)
更新: 2018-09-08 18:23:54
歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)
更新: 2018-09-07 23:08:34
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt