MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)

エアコン内部のカビが病気を引き起こす

今年の夏は本当に暑い!蒸す!記録更新が続々ですね。
私も、クーラーを1日中つけっぱなしにすることが、度々ありました。
ふとクーラーの吹き出し口をのぞくと、このような状態になっていることがあります(写真)。

そうです。カビです。エアコンだけでなく、家のあちこちにもカビが繁殖している可能性があるのです。

フィルターの掃除やアルコール綿で汚れを拭き取る

インターネットニュースでは「クーラーで喘息が悪化」などという記事が見られます。たしかに、夏の暑い屋外と、クーラーで冷やされた室内の温暖差が原因で、喘息が悪化することもあります。

しかし、あまり知られていませんが、カビ(真菌など)が喘息に悪さをしていることも、多くあります。
これは、「腸真菌症」と呼ばれるものです。

腸内環境が悪化している状態で、室内のカビを吸い込むと、それが腸内で繁殖してしまうことになり、喘息をはじめ、便秘や下痢・お腹の張りといった腸のトラブル、頭痛や関節痛、肌のかゆみなど、さまざまな不調を招きます。

また、毎日蒸し暑いと、甘くて冷たいものを食べる機会が増えます。すると、腸内環境がさらに悪化し、おなかのカビを繁殖させてしまう可能性があるのです。

では、どうしたらいいでしょうか?
お金をかけられる人は、業者さんにエアコンの掃除をしてもらうとよいでしょう。
そこまでしなくても、自分でこまめにフィルターの掃除をしたり、目に見える範囲の汚れをアルコール綿などで拭いたりするだけでも、かなり違ってきます。

また、朝だけでも窓を開けて、室内に風を通すとよいでしょう。
甘くて冷たいものも、取りすぎには注意が必要です。

梅干しはお勧めです。おなかのカビを退治するだけではなく、熱中症の予防にも効果的です。
腸真菌症は、とっても身近にある怖い病気ですので、ご注意ください。

おなかのカビについて、さらに詳しく知りたいかたは、拙著『「おなかのカビ」が病気の原因だった (日本人の腸はカビだらけ)』をご参照いただければ幸いです。

解説者のプロフィール

内山葉子
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、北九州市に葉子クリニックを開設。総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学などを統合的に行い、難治性の疾患の診療を行う。著書に『「おなかのカビ」が病気の原因だった (日本人の腸はカビだらけ)』(マキノ出版)などがある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt