MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ごちそうさんの「コンブ酒」でしっとりツヤ肌! 美容成分もたっぷりの魔法の水

ごちそうさんの「コンブ酒」でしっとりツヤ肌! 美容成分もたっぷりの魔法の水

コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)

解説者のプロフィール

関太輔(せき・たいすけ)
●セキひふ科クリニック
富山県呉羽町7331
076-427-2001
https://www.sekicli.com/

セキひふ科クリニック院長。医学博士。
1955年生まれ。83年、富山大学(旧富山医科薬科大学)医学部卒業。同年、同大学皮膚科入局。同大学皮膚科助手、講師、96~97年の米国カリフォルニア大学を経て、2000年に富山市にセキひふ科クリニックを開業。09年から富山大学医学部臨床教授。

余分な脂質や糖を体外に排出する!

私が診療を行う富山県は、日本一のコンブの消費県。
1世帯当たりのコンブの年間支出額は、49年連続で全国1位です。

江戸時代から明治時代にかけて、海の交易の中心だった北前船が、北海道から大阪に行く途中で富山に寄港し、コンブをもたらしたといわれています。
それ以来、富山にはコンブの食文化が根づき、今もさまざまな形で食べられています。

例えば、コンブで巻いた「コブ巻きかまぼこ」や、刺し身をコンブで締めた「コブ締め」は、富山を代表する名物です。
とろろコンブは、吸い物にしたり、おにぎりに巻いたりと、日常的に食卓にのぼります。

しかし、コンブが注目されているのは、滋味豊かで風味がよいだけでなく、優れた健康効果を持っているからでしょう。
コンブには、血圧や血糖値、コレステロール値などを下げて、生活習慣病を予防する効果が報告されています。

それをもたらすのが、コンブに含まれる食物繊維やミネラルです。
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類(食物繊維の一つ)が豊富です。

これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。
これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。

したがって、糖や脂肪が腸から吸収されるのをおさえてくれるのです。
また、アルギン酸には、体内でナトリウム(塩分)と結合して、ナトリウムを体外に運び出す働きがあります。

コンブにはミネラル類がバランスよく含まれていますが、その中でもカリウムが豊富です。
このカリウムにも、ナトリウムの排出を促す作用があります。

最近注目されているのは、コンブに含まれるラミニンという成分です。
これはアミノ酸の一種で、血圧降下作用があることがわかっています。

ただし、その作用は長続きしないので、継続的にとる必要があります。
このように、コンブには血圧を下げる作用をはじめ、血糖やコレステロールをへらす働きがあり、高血圧、糖尿病、動脈硬化などの予防効果が期待できるのです。

このコンブをお酒に漬けて作る「コンブ酒」が、NHKの朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』をきっかけに、話題になっているそうです。
私は日本酒もコンブも好きなので、早速試してみたところ、確かにお酒のうまみが増します。

大吟醸などの高いお酒に、わざわざ入れる必要はありませんが、安いお酒や、飲み残したお酒などに入れると、風味がよくなり、おいしくいただけます(詳しいレシピは「昆布酒」の作り方と活用レシピ参照)。

美容に有効な成分を豊富に含んでいる!

コンブを日本酒に漬けると、コンブの成分が引き出されやすくなります。
水溶性の食物繊維やミネラルはもちろんですが、水に溶けにくい成分も溶け出してくる可能性があります。

それに加えて日本酒にも、発酵の過程で生まれた、体によいさまざまな成分が含まれています。
多種類のアミノ酸や、アミノ酸が複数結合したペプチド、ビタミン・ミネラル類などです。

さらにアルコール自体に血流促進作用があるので、適量であれば血圧にもよい作用を及ぼすと考えられます。
コンブや日本酒には、健康効果のほかに美容効果もあります。

富山では昔から、コンブの加工に携わっている人たちの手がきれいだといわれてきました。
疑問に思って調べたところ、コンブに多いアルギン酸などの多糖類には、保湿効果が高いことが判明。

そのほか、コンブに豊富なアミノ酸やビタミン・ミネラル類などに、肌の新陳代謝を正常に保つ作用、美白作用、肌を引き締める作用などがあることもわかりました。
こうしたコンブの成分を、活用しない手はありません。

そこで、コンブエキスを主成分にした美容液を開発。
それを使った人たちからは、「肌が白くなった」「肌が潤った」という声が多数報告されています。

一方の日本酒も、お酒を造る杜氏の手はきれいだとか、お相撲さんが色白なのは日本酒をたくさん飲むからだとか、昔から美肌に関するいい伝えがあります。
日本酒も、保湿や美肌作用に富むアミノ酸が豊富です。

このように、コンブ酒は健康効果だけでなく、美容効果も期待できます。
お酒を飲めない人は、料理に使うといいでしょう。
コンブ酒をひとさじ加えるだけで、味が違ってきます。

なお、甲状腺機能障害のある人は、コンブのヨウ素が病気に悪影響を及ぼすことがありますので、コンブ酒は控えめにしてください。

コンブ酒にすると安いお酒でもうまみが増す!

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)
更新: 2018-10-14 12:00:00
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
梅の特徴といえば、強烈な酸味が挙げられますが、数々の薬効の源は、まさにあの酸っぱさにあります。これらの正体は、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸です。クエン酸回路が機能し、血流がよくなることで、高血圧の改善にもつながります。【解説】額田均(額田医学生物学研究所理事長・医師)
更新: 2018-09-26 12:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00