MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

【コーヒーは血圧を下げる飲み物】高血圧対策・血管の老化予防にお勧め!

食後のコーヒーは、高血圧に効果があり、血管を若々しく保ち、さらに動脈硬化を予防することができます。高血圧を改善するためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事です。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。【解説】 高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター教授)

解説者のプロフィール

高沢謙二
東京医科大学循環器内科教授。医学博士。
東京医科大学卒業後、同大学大学院修了。
日本循環器学会評議員。日本高血圧学会会員。日本動脈硬化学会会員。
加速度脈波の波形解析による血管年齢を発案し、世界的に注目される。
著書に『血管が若返る本』、監修に『100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる!』(以上、マキノ出版)など多数。

LDLが酸化されて血管の老化が進む

血管年齢とは、血管の老化度を示すものです。細胞や皮膚が年齢を重ねるにつれて老化するように、血管も年齢とともに徐々に硬くなり、老化していきます。血管の弾力がなくなり、もろくなっていくことが動脈硬化です。血管年齢は、動脈硬化がどれだけ進んでいるかを示すものと考えればいいでしょう。

では、血管の老化、つまり動脈硬化はどのように起こってくるのでしょうか。

動脈は内側から、内膜、中膜、外膜の3層からできています。内膜の内側は、内皮細胞という細胞に覆われています。この内皮細胞は、血液が固まるのを防いだり、血管を広げたりするなど、動脈硬化を防ぐさまざまな働きを持っています。
しかし、高血圧でいつも血管に負担がかかっていると、血管の内皮細胞に傷がつきやすくなります。内皮細胞に傷ができると、そこに悪玉コレステロール(LDL)が入り込み、反応性の高い活性酸素により酸化されて、酸化LDLとなります。

体内の異物を処理するマクロファージという細胞が、この酸化LDLを食べてくれますが、やがてそれが死滅して、内膜に沈着物としてたまっていきます。この沈着物がたまったものが、プラークです。プラークが何かのひょうしに破れると、そこから血栓(血の塊)ができます。
血栓が心臓や脳などの血管に詰まれば、心筋梗塞や脳梗塞といった、生命にかかわる重大な病気が引き起こされるのです。このため、私たちは動脈硬化に注意しなければなりません。

ただし、若く健康なうちは、体に備わった抗酸化酵素が、酸化を防いでくれるため、LDLがすぐに酸化されることはありません。
しかし、喫煙の影響や加齢によって、体の抗酸化力が低下してくると、LDLが酸化され、動脈硬化が起こり、血管の老化が進行していくことになります。高血圧は、血管を老化させる大きな要因ですから、血管の老化を防ぐためにも、私たちはまず高血圧を改善しなければなりません。

そのためには、食事では減塩する、運動を心がけるなど、日常生活が大事になります。ここでは、食事の工夫の一つとして、コーヒーをお勧めしたいと考えています。

コーヒーをゆっくり飲む生活スタイルがお勧め

なぜ、高血圧の人にコーヒーが勧められるのでしょうか。

第一に、コーヒーに含まれるポリフェノールの作用です。ポリフェノールは、植物が作り出す抗酸化物質で、赤ワインのアントシアニンや、緑茶のカテキンなど、数千種類あります。
コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが、豊富に含まれているのです。その量は、コーヒーに含まれるカフェインよりも多く、コーヒーの色や苦み、香りのもととなっています。コーヒー1杯(140ml)に含まれるポリフェノールの量は、およそ280㎎。これは、赤ワインと同程度、緑茶の約2倍量です。
ポリフェノールには、優れた抗酸化作用がありますから、これが血管でのLDLコレステロールの酸化を防いでくれます。この結果、血管をサビつかせずに、若々しくしなやかに保つ効果が期待できるのです。

目安としては、1日に3~4杯のコーヒーを飲むといいでしょう。コーヒーのポリフェノールの効能は、飲用後4~5時間継続するとされているので、この点でも、毎食後にコーヒーを飲むことは、合理的といえそうです。

第二に、コーヒーを飲むと、リラックスできます。この効果も見逃せません。

血圧をコントロールしているのは、自律神経です。自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。交感神経は昼間のアクティブな活動を支える、いわゆる活動的な神経。一方、副交感神経は夜の休息の神経と考えればいいでしょう。

交感神経が優位になると血管が収縮し、血圧が上昇します。一方、副交感神経が優位になると血管が拡張し、血圧が下がります。現代人は、過労やストレスから、交感神経が優位な状態が続き、それが高血圧を招き寄せることにもなっています。

コーヒーを飲んで、くつろぐことができれば、副交感神経を賦活することになりますから、それが高血圧にもよい影響を与えると考えられるのです。

そもそも、コーヒーを飲んでくつろぐ時間のある生活スタイル自体が、高血圧の人に推奨できるものです。働きすぎが大きなストレスとなり、血圧が上がっている人が少なくありません。時間に追われている多忙な人こそ、コーヒーをゆったりと飲む習慣を生活に取り入れ、生活スタイルを変えるきっかけとしてほしいのです。

現代では、食生活やストレスなどの影響を受けて、実年齢より血管年齢が高い人もふえています。実年齢が40歳でも、血管年齢が70歳という人もまれではありません。高血圧で、実年齢より血管年齢がかなり高い人は、一刻も早く生活を改善していく必要があります。その生活改善のきっかけとして、コーヒーは利用できるはずです。
なお、カフェインが苦手なら、カフェイン抜きのコーヒーを試すとよいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-10-23 10:31:45
生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)
更新: 2018-10-14 12:00:00
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt