MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ダイエット失敗の原因はストレス?無理なくやせる「耳もみ」のやり方

ダイエット失敗の原因はストレス?無理なくやせる「耳もみ」のやり方

病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)

精神が安定する!内臓脂肪をへらす!

「1日1食のプチ断食をしたら、かえって太ってしまった」「間食がどうしてもやめられない」「いったんはやせても、必ずリバウンドしてしまう」などなど、ダイエットというものは、なかなかうまくいかないものです。

なぜでしょうか?たいていの場合は、さまざまなストレスが原因といえます。意識しているかいないかは別にして、あまりに忙しかったり、仕事のプレッシャーが大きかったりすると、過食に走ってしまうものです。

これには、自律神経の乱れが大いに関係しています。自律神経は、意志とは無関係に働き、内臓や血管などをコントロールしています。

昼間のアクティブな活動を支える交感神経と、夜の休息の神経である副交感神経の二つがあり、両者が拮抗して働いています。

しかし、仕事に追われて過労ぎみとなり、さまざまなストレスを抱え込んだ現代人は、交感神経が過剰に緊張した状態が続き、自律神経のバランスがくずれています。

すると、食欲をうまくコントロールすることができなくなり、その結果、何度試みても、ダイエットに失敗してしまうのです。

ダイエットに成功するためには、生活態度や心の持ちようが大変重要になってきます。ストレス解消に励み、心の余裕を取り戻さなければなりません。

こうした日常生活の配慮に加えて、いっしょに行うとダイエットに効果的な「耳の刺激法」を紹介しましょう。

刺激する箇所は、2ヵ所あります。

一つは、耳たぶの上部の中央にある「神門」というツボです。
耳の上部にくぼみがありますが、そのくぼみのへりの中央辺りに位置しています。

ただ、ツボの位置を厳密にとらえる必要はありません。
おおよその位置を押さえておけばじゅうぶんです。

神門の辺りに、人差し指や中指など自分でもみやすい指の腹を当てて指圧します。
目安としては、10回くらい指圧しましょう(下写真①)。

神門のツボへの刺激は、自律神経の乱れを正し、交感神経が優位な状態を改善する効果があります。
すると、イライラすることがなくなり、精神が安定します。
すると、過食に走ることがなくなり、食欲をコントロールしやすくなるはずです。

もう1ヵ所は、耳の穴のある中央のへこみにさわってみると、へこみの下部に、コリコリした出っぱりがあります。
ここを人差し指と親指で、表と裏ではさむようにつまんでもみほぐしてください(写真②)。

これも、10回程度を目安に行ってみましょう。
ここを刺激することは、内臓脂肪をへらしたり、消化器全般の働きを整えたりする効果があります。

この二つの刺激は、もちろん左右の耳に行います。
食事の前に行えば、食べすぎを防ぐ効果があるでしょう。

イライラをおさえいつもニコニコしよう

さらに、この二つのツボ刺激と併せて行ってほしい刺激法をご紹介しましょう。
やり方はとても簡単です。

両耳を、両手の人差し指と親指ではさみ、真横に耳を引っぱります。
そうして、引っぱりながら、「ニーッ」と声に出しましょう(上写真③)。

これを行うと、後頭部の緊張がほぐれ、リラックスするのに役立つはずです。
これは、いってみれば、笑う訓練のようなものです。

「ニーッ」と声に出して、いつもニコニコすることを心がけてください。
何年か前、知り合いの中国人から、日本人は「養生」を知らないといわれました。

病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。
多忙で、過労ぎみの日本人は、確かに養生をあまりしていないでしょう。

養生は、体を鍛えることではありません。
体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。

ここでご紹介した「ニーッ」と声に出して笑う刺激法も、養生のよい方法です。
これを続けて、あくせくしたり、イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。

解説者のプロフィール

能見登志惠(のうみ・としえ)
とちの実健康倶楽部クリニック医師。
日本東洋医学会漢方専門医、日本麻酔科学会麻酔科認定医。鳥取大学医学部卒業、同大麻酔科入局、同大学手術部から公立豊岡病院麻酔科部長を経て、平成13年に山本記念病院へ。平成17年よりやまびこクリニックを兼務後、平成21年より山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長、漢方外来や在宅医療を担当。学生時代より東洋医学を探求して、気功歴20年。現在とちの実健康倶楽部クリニックにて、気功体操の指導や講演会にも精力的に取り組む。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)
更新: 2018-11-28 07:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt