MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
200ミリを超える血圧が下がった!タオルを握るだけで110ミリに降下

200ミリを超える血圧が下がった!タオルを握るだけで110ミリに降下

思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)

多忙な毎日で血圧はみるみる上昇

 私は40歳の頃、なんとなく頭に血が上ったような不快感があり、家にあった血圧計で血圧を測ってみました。すると、最大血圧が140㎜Hg でした。これは、すでに高い数値ですが、そのときの私は、さほど驚きませんでした(自宅で測定する「家庭血圧」は135/85㎜Hg以上が高血圧とされる)。

 それでも一応、病院に行ったところ、「少し高いですね」と医師に言われ、降圧剤を処方されました。しかし、高血圧という自覚が乏しかったのに加え、「まだ40歳だから、薬は飲みたくない」という気持ちから、その薬は飲みませんでした。「降圧剤は、いったん飲み出したらずっと飲まないといけない」とも聞いていたので、年齢的にまだ早いと思ったのです。

 その後、5年くらいは薬を飲まないまま、病院にも行きませんでした。
 45歳の頃、インターネット関係の仕事をしており、一日中パソコンにはりついて仕事をしていたところ、自分でも「血圧が上がっているかも……」と思うことがよくありました。 

 夜間に頭がクラクラして、血圧を測ると180㎜Hg近くあって、病院に駆け込んだことも2度ほどあります。

 その後、昼間に改めて病院に行き、検査を受けたところ、私の高血圧は、精神安定剤が有効だろうと診断されて飲み始めました。実際、血圧が高くなってもこの薬で落ち着いたので、精神的な影響が大きかったのかもしれません。

 それからは、血圧が上がったときだけ薬をもらって飲みながら、たまに近くの医院で診てもらうことを数年続けました。
 50歳の頃、その医院で、「血管を傷めないためには、コンスタントに薬を飲んで血圧を安定させたほうがいい」と言われ、降圧剤を処方されて飲み始めたのです。

 ところが、その降圧剤は思うように効かず、量を倍にしても同じでした。特に、秋・冬は高くなり、最大血圧が朝から160㎜Hg近くあり、夜は200㎜Hg越えも珍しくありませんでした。

 私は、減塩をはじめ、食事に気をつけ、歩く機会も増やしました。しかし、血圧はなかなか下がりません。
 そこで、インターネットで調べ、久代登志男先生のことを知り、昨年の10月に診察を受けたのです。

次の診察で薬が不要になるか楽しみ

 その日に、24時間の血圧を測る検査を受けたところ、ほぼ一日中高いことがわかりました。
 降圧剤を飲みながらでも、最大血圧が朝から140〜150㎜Hg台、夜は180㎜Hgを超える状況でした。そこで、2種類の降圧剤を合わせた配合薬を飲むことになりました。

 この薬が効いたようで、2週間くらいで最大血圧が110㎜Hg前後に落ち着き、薬を半分に減らしたのですが、その後は、また仕事で精神的な負担が続いたこともあって、120〜130㎜Hg台に上がってしまったのです。その対処法として、久代先生から指導していただいたのが「タオル握り」です。

 診察室では、最初に握力計を握って「このくらいの力で」と教えていただきました。思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。

 助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。

 すると、開始して1ヵ月ほどたった12月20日くらいまでは、まだ、血圧が高い日もありましたが、年明けには、最大血圧が100㎜Hg前後で安定してきたのです。

 1月に受診したときは、久代先生に下がりすぎと言われました。そこで、2月から薬も一つになりました。その後も順調に下がり続け、4月にはその薬もさらに半量になったのです。

 生活や食事面での変化はありません。ですから、タオル握りで血圧が下がったのは間違いないと思い、その効果に驚かされました。

 最近は、最大血圧が100〜110㎜Hgくらいで安定し、最小血圧も70㎜Hg前後です。
 次の診察では、降圧剤が不要と言われるような気がして、ちょっと楽しみにしているところです。

仕事をしながらでもできるので、毎日続けられる

薬とタオル握りの組み合わせで改善(日野原記念クリニック所長 久代登志男)

 牧田さんには当初は2種類の降圧剤を服用してもらいました。すると、診察室血圧は110/70㎜Hgに下がったので、2種類とも減薬し、タオル握りをお勧めしました。

 すると、朝の家庭血圧、診察室血圧ともに下がり、降圧剤を単剤に変更。その後も家庭血圧は120/80㎜Hg、診察室血圧は110/74㎜Hg前後に安定し、現在は最低量(以前の4分の1の量)の単剤を服用していただいています。良好な血圧が続けば、休薬する予定です。

 牧田さんは、血圧管理の大切さをよく理解し、降圧剤とタオル握りを組み合わせることで、血圧変動も改善。良好な血圧管理ができるようになり、よかったと思っています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)
更新: 2018-10-30 12:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)
更新: 2018-09-10 17:12:38
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00