【即効性あり】ギックリ腰の治し方 手のツボを「指組み」で刺激 慢性腰痛も改善

【即効性あり】ギックリ腰の治し方 手のツボを「指組み」で刺激 慢性腰痛も改善

筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)


ぎっくり腰は、実は突然起こらない

 重いものを持ったり、体をひねったりした瞬間、ギクッと強烈な痛みが腰に走る、ギックリ腰。中高年になれば、こうした経験がある人も多いのではないでしょうか。

 ギックリ腰は、あたかも突然起こるように見えますが、実はそうではありません。ギックリ腰が起こる要因は、少しずつ作られているのです。
 それは、筋肉疲労や腰の冷えからくる筋肉の過緊張です。筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ギックリ腰を起こしやすくなります。

 そのギックリ腰に即効性があるのが、手の甲にある腰腿点を刺激する「指組み」です。
 腰腿点は、昔から中国で使われてきた手の反射区です。手には全身の各部位に対応する場所(反射区)があり、そこを刺激することで、痛みや症状を改善できるのです。

 腰に対応する腰腿点は、手の甲の人差し指と中指の間、中指と薬指の間の2ヵ所にあります。
 手をグッと握ってこぶしを作ってみてください。甲側の指のつけ根の関節が大きく飛び出しますね。この関節の少し手首寄りにある、骨と骨の間のくぼみが腰腿点です。

 ここを指組みで刺激すると、ギックリ腰だけでなく、慢性的な腰痛にも効果があります。
 慢性腰痛のなかでも、特に指組みが効果を発揮するのは、筋・筋膜性腰痛です。これは、主に腰から上が痛くなる腰痛で、腰を曲げると特に痛みます。

 原因は、ギックリ腰と同じように、筋肉疲労や冷えからくる血行不良、筋肉の過緊張です。この慢性腰痛が、ギックリ腰を起こす素地にもなります。

ゴルフ中のギックリ腰の痛みがその場で緩和!

 指組みのやり方は、次のとおりです。

❶ いすに腰かけ、両手を組んで指を軽く曲げます。反対側の手の指(人差し指と中指、または中指と薬指)が、腰腿点に当たっていることを確認します。

❷ 手を組んだまま、10秒ほど指で押さえます。

❸ 甲側を上に向け、ひじを伸ばしながら、ゆっくり前屈します。

 ひじを伸ばすと、指に力を入れなくても腰腿点に圧がかかり、刺激が強くなります。
 腰腿点への刺激は、強めのほうが効きます。強い刺激を加えると、脊髄から脳に刺激が伝わりやすくなり、脳から痛みを遮断する指令が届きやすくなるからです。

 痛くて、いすに腰かけることもできないようなら、腰の痛い側を上にして横になり、痛みのある側の手の腰腿点を押すだけでも効果があります。
 腰かけられるようになったら② を行い、体を動かせるようになったら ③ までというように、段階的に行うといいでしょう。

 前屈は、無理のない範囲で、少しずつ行ってください。だんだん体が動くようになったら、左右にねじる運動を加えると、さらに効果的です。
 このようにストレッチと組み合わせることで腰の筋肉の緊張がほぐれ、血行がよくなります。つまり反射区の刺激とストレッチの両方の効果で、腰痛が改善するのです。

 この指組みで、ギックリ腰の痛みが劇的に改善した例があります。Aさん(50代・女性)は、私といっしょにゴルフのラウンド中にギックリ腰を起こしてしまいました。ティーショットの際に腰に激痛が走り、ゴルフどころではありません。
 まだ3ホールめでしたが、Aさんはあまりの痛さに、プレイの続行をあきらめかけていました。しかし、この指組みのやり方を教え、ショットのたびに行ったところ、痛みが和らいで、無事に18ホールを回ることができたのです。

 このように、指組みは即効性がありますが、ふだんから行っていると、慢性腰痛の予防や改善にも役立ちます。その場合、おふろ上がりや、朝、体を動かし始めて血流がよくなったときに行うと効果的です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ぎっくり腰 腰痛

関連する投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )