医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)


1年前から頭がボーっとするようになった

 私はもともと汗かきの体質ではありませんでした。それが、よく汗をかくようになったのが、1年ほど前。最初は「代謝がよくなってやせるかも」と、安易に喜んでいました。
 ところがそれ以降、仕事が忙しかったりすると、運動したわけでもないのに汗が粒で出るようになったり、疲労がたまると頭がボーッとすることが多くなってきました。

 これまで経験したことのない体調の変化に、さすがに心配になった私は、以前からお世話になっていた工藤孝文先生の医院を訪れました。すると、最大血圧が168㎜Hg、最小血圧が99㎜Hgと、高血圧であることが判明したのです(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)。

 それからは降圧剤による治療が始まりました。薬を飲むと、確かに血圧は下がります。しかし、私は仕事が忙しいと薬の服用を忘れることがあり、そうすると血圧はすぐに上がってしまいます。「これから一生、薬を飲み続けないといけないのか」と思うと、心が沈む思いでした。

 そんな私の不安に対し、工藤先生が提案してくださったのが、毎回の食事のときにキュウリを1本食べることです。

糖質の多いトマトからキュウリに変えて半年間食べ続けた

 私はそれまで、友人から健康にいいと聞き、トマトを毎日食べていました。しかし、工藤先生によると、トマトは糖質が多いそうです。当時の私は身長160㎝で体重80㎏、血糖値も247㎎/㎗(正常値は110㎎/㎗未満)ありました。そこで、先生の助言に従い、毎日食べる野菜をトマトからキュウリに変えたのです。

 工藤先生からいただいたアドバイスは、「無理に食べるのではなく、三食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」です。

 私は仕事の都合上、昼にキュウリを食べることはできません。そこで、朝と夜に、1日のトータルが2本以上になるよう、キュウリを食べることにしました。

 生で食べるのはもちろん、飽きがこないよう、朝は卵とキュウリを炒め物にしたり、夜は酢の物や中華春雨の具材にキュウリをたくさん入れるなど、工夫しました。

 するとどうでしょう。約1ヵ月で、体重が3㎏落ちたのです。この間、運動したわけでもなく、ただ食事にキュウリを取り入れただけです。私が驚いて工藤先生に報告すると、「そのまま、キュウリを食べることを心がけてください」と言われました。以来、半年間、毎日キュウリを食べ続けています。

降圧剤を飲まなくても血圧が安定

 体重以外にも、この半年でキュウリの効果はさまざまなところに現れてきました。
 血圧は、降圧剤を飲まなくても122/74㎜Hgで安定しています。247㎎/㎗あった血糖値も、109㎎/㎗になりました。(正常値は110㎎/㎗未満)。

 以前は常に倦怠感があり、動くのがおっくうだったのですが、だるさがなくなったのもうれしい変化です。
 歩くのが苦ではなくなり、散歩やウオーキングを行うようにもなり、休日はよくショッピングに行くようになりました。

 また、今まではどちらかというとネガティブ思考でしたが、最近はいろんなことに挑戦してみたいという気持ちが芽生えています。

 安価で簡単に手に入るキュウリで、こんなにも体調がよくなり、前向きになるなんて、本当に感謝しています。
 私を変えてくれたキュウリ健康法は、これからももちろん続けるつもりです。

だるさもなくなり、体が軽快に動く!

キュウリの不足した栄養を卵が補う(工藤内科副院長 工藤孝文)

 私は患者さんの生活環境などを考えて個々にアドバイスをしており、橋本さんには、あまり無理をしないよう伝えました。

 炒め物にしてキュウリと一緒に食べていた卵は、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含んでおり、キュウリで不足しがちな栄養を補ってくれます。また、酢は内臓脂肪を落とし、血圧を下げる効果もあるので、キュウリと組み合わせるのに最適です。

【解説】高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)


【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

【早寝早起き習慣をつける食事】朝食に「サバ缶カレー」を食べるメリット

私が「朝カレー」に注目したのは、子供たちの引きこもりの相談がきっかけでした。偏食が多く、生活も不規則その上、体が冷えていて低体温が多かったのです。カレーは血流を促して体温を上げ、新陳代謝を活発にします。朝食べたら、朝から元気になり早寝早起きの習慣がつきます。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


血圧をすぐに下げる簡単療法「アキレス腱トントン体操」 自宅で行うやり方

血圧をすぐに下げる簡単療法「アキレス腱トントン体操」 自宅で行うやり方

ふくらはぎは、血液の逆流を防ぐ弁や、筋肉の収縮・弛緩で血流を促進する仕組みを持ち、「第2の心臓」とも呼ばれています。ひざなどの関節が悪いといった理由でウオーキングができない人もいるでしょう。寝ながら行うアキレス腱トントン体操は、誰にでもできる血圧降下体操として非常に有効となります。【解説】加藤大明(森の宮東鳳院院長)


最新の投稿


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)