医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

血圧が下がった!高血圧の私を元気にした「キュウリ健康法」の効果

先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)


1年前から頭がボーっとするようになった

 私はもともと汗かきの体質ではありませんでした。それが、よく汗をかくようになったのが、1年ほど前。最初は「代謝がよくなってやせるかも」と、安易に喜んでいました。
 ところがそれ以降、仕事が忙しかったりすると、運動したわけでもないのに汗が粒で出るようになったり、疲労がたまると頭がボーッとすることが多くなってきました。

 これまで経験したことのない体調の変化に、さすがに心配になった私は、以前からお世話になっていた工藤孝文先生の医院を訪れました。すると、最大血圧が168㎜Hg、最小血圧が99㎜Hgと、高血圧であることが判明したのです(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)。

 それからは降圧剤による治療が始まりました。薬を飲むと、確かに血圧は下がります。しかし、私は仕事が忙しいと薬の服用を忘れることがあり、そうすると血圧はすぐに上がってしまいます。「これから一生、薬を飲み続けないといけないのか」と思うと、心が沈む思いでした。

 そんな私の不安に対し、工藤先生が提案してくださったのが、毎回の食事のときにキュウリを1本食べることです。

糖質の多いトマトからキュウリに変えて半年間食べ続けた

 私はそれまで、友人から健康にいいと聞き、トマトを毎日食べていました。しかし、工藤先生によると、トマトは糖質が多いそうです。当時の私は身長160㎝で体重80㎏、血糖値も247㎎/㎗(正常値は110㎎/㎗未満)ありました。そこで、先生の助言に従い、毎日食べる野菜をトマトからキュウリに変えたのです。

 工藤先生からいただいたアドバイスは、「無理に食べるのではなく、三食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」です。

 私は仕事の都合上、昼にキュウリを食べることはできません。そこで、朝と夜に、1日のトータルが2本以上になるよう、キュウリを食べることにしました。

 生で食べるのはもちろん、飽きがこないよう、朝は卵とキュウリを炒め物にしたり、夜は酢の物や中華春雨の具材にキュウリをたくさん入れるなど、工夫しました。

 するとどうでしょう。約1ヵ月で、体重が3㎏落ちたのです。この間、運動したわけでもなく、ただ食事にキュウリを取り入れただけです。私が驚いて工藤先生に報告すると、「そのまま、キュウリを食べることを心がけてください」と言われました。以来、半年間、毎日キュウリを食べ続けています。

降圧剤を飲まなくても血圧が安定

 体重以外にも、この半年でキュウリの効果はさまざまなところに現れてきました。
 血圧は、降圧剤を飲まなくても122/74㎜Hgで安定しています。247㎎/㎗あった血糖値も、109㎎/㎗になりました。(正常値は110㎎/㎗未満)。

 以前は常に倦怠感があり、動くのがおっくうだったのですが、だるさがなくなったのもうれしい変化です。
 歩くのが苦ではなくなり、散歩やウオーキングを行うようにもなり、休日はよくショッピングに行くようになりました。

 また、今まではどちらかというとネガティブ思考でしたが、最近はいろんなことに挑戦してみたいという気持ちが芽生えています。

 安価で簡単に手に入るキュウリで、こんなにも体調がよくなり、前向きになるなんて、本当に感謝しています。
 私を変えてくれたキュウリ健康法は、これからももちろん続けるつもりです。

だるさもなくなり、体が軽快に動く!

キュウリの不足した栄養を卵が補う(工藤内科副院長 工藤孝文)

 私は患者さんの生活環境などを考えて個々にアドバイスをしており、橋本さんには、あまり無理をしないよう伝えました。

 炒め物にしてキュウリと一緒に食べていた卵は、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含んでおり、キュウリで不足しがちな栄養を補ってくれます。また、酢は内臓脂肪を落とし、血圧を下げる効果もあるので、キュウリと組み合わせるのに最適です。

【解説】高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


2ヵ月で変化【キュウリダイエット】6.2kgやせて脂肪肝、血糖値も改善

2ヵ月で変化【キュウリダイエット】6.2kgやせて脂肪肝、血糖値も改善

子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)