MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
血圧を下げるキュウリの効果 162ミリが正常化!6kgダイエットにも成功

血圧を下げるキュウリの効果 162ミリが正常化!6kgダイエットにも成功

キュウリの効果を実感したのは、食べ始めて約1ヵ月たった頃のことです。それまで降圧剤を飲んでも150/82mmHgあった血圧が、145/76mmHgまで下がっていたのです。以来、食前に生のキュウリを1本食べるほかに、肉や魚料理にもすりおろしたキュウリを添えて食べるようにしました。【体験談】鹿島清子(仮名・主婦・47歳)

最初はダイエット目的で始めた

 後頭部がどんよりと重くて、頭痛が頻繁に起こるようになったのは2年ほど前、私が45歳のときです。
 さすると症状は和らぐのですが、ひどいときは調子がよくなるまで横にならざるを得ませんでした。特に、夕方になると頭が重くなることが多く、夕飯の支度に差し支えることも多々ありました。

 そこで病院へ行ってみると、最大血圧が162㎜Hg、最小血圧が88㎜Hgあり、高血圧と診断されたのです(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)。

 それからは降圧剤と、薬の効きが悪いときはそれにプラスして利尿薬(血液中の水分を尿として排出し血圧を下げる薬)を飲むようになりました。しかし、血圧は上がったり下がったりで、なかなか安定はしませんでした。

 そんなある日、書店でたまたま目にしたのが、医師の工藤孝文先生が監修した本「キュウリ食べるだけダイエット」です。
 ダイエットという言葉に興味を持った私は、キュウリのおいしそうなレシピがいっぱい載っているその本を購入しました。実は、私は当時、身長156㎝で体重が70㎏もあったのです。

 本には、キュウリのダイエット効果がわかりやすく書かれていました。キュウリは、スーパーに行けば必ず売っています。「身近な野菜に、こんなうれしい効果があったなんて」と思った私は、さっそく実践してみることにしました。

 加えて、工藤先生の病院が自宅から比較的近いことがわかり、直接アドバイスをもらうため通院することにしました。

 血圧が高いことを伝えると、先生からは「食前に必ずキュウリを1本食べること」「ひと口につき20回嚙んで食べること」「コーヒーや緑茶を飲みながら食べるとよい」というアドバイスをいただきました。

 キュウリの効果を実感したのは、食べ始めて約1ヵ月たった頃のことです。それまで降圧剤を飲んでも150/82㎜Hgあった血圧が、145/76㎜Hgまで下がっていたのです。

 その数値を見た工藤先生は、「降圧剤をやめて、食事でコントロールしてみましょう」とおっしゃいました。以来、私は食前に生のキュウリを1本食べるほかに、肉や魚料理にもすりおろしたキュウリを添えて食べるようにしました。

体が軽くなり頭痛がなくなった

 すると、3ヵ月後には血圧が138/72㎜Hgと、ついに正常値まで下がったのです。
 それだけではありません。体重は6㎏減って64㎏になりました。また、279mg/㎗あった中性脂肪値は104mg/㎗まで下がりました(正常値は150mg/㎗未満)。

 体が軽くなって動きやすく、夕方に起こる後頭部の重い感覚や頭痛もまったくなくなったのは、ありがたい限りです。

 以前の私は、野菜をあまり食べませんでした。でも、キュウリを積極的に食べるようになってからは、野菜全般が好きになり、毎日食べています。

 なかでもいちばんよく食べるのは、もちろんキュウリです。降圧剤を飲まなくても血圧が安定し、体重もリバウンドしないのは、今でもキュウリを食べているおかげだと思っています。

 夏野菜のキュウリですが、健康にいいこの野菜を、一年中利用しない手はありません。今後もキュウリを食べて、健康維持に役立てたいと思います。

キュウリは食前によく嚙んで食べた

複数のダイエット効果が血圧降下に作用(工藤内科副院長 工藤孝文)

 高血圧のかたが頭痛を起こすことはよくあります。2年前の鹿島さんの症状も高血圧によるものだと思われます。

 私は鹿島さんに食前にキュウリを食べるようアドバイスをしました。その理由は、ホスホリパーゼの脂肪分解酵素が円滑に作用し、さらに食物繊維の血糖値上昇を抑える機能が働き、食事をしても太りにくくなるからです。
 また、コーヒーのクロロゲン酸、緑茶のカテキンも体脂肪を分解します。

 これらのダイエット効果で体重が落ち、血管収縮物質のアンジオテンシノーゲンが減少し、鹿島さんの血圧は下がったのだと思われます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
酢ニンジンを食べ続けていたところ、月に1~2kgのペースで、体重が落ち始めました。以降もおもしろいようにやせ続け、1年で14kgもの減量に成功!ミセスサイズの13号を着ていましたが、9号が着られるようになったのです。ほとんどの服を買い替えることになりました。うれしい悲鳴です。【体験談】寺門徹子(仮名・主婦・77歳)
更新: 2018-10-29 12:00:00
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt