【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

【自分で治せる】医師が解説 脊柱管狭窄症の腰痛には「ひざの○○」を押せばよい

近年、腰痛の原因として注目されているのが、脊柱管狭窄症ですが、ひざの裏を刺激することで、この腰痛が改善する可能性が高いのです。そこで、腰痛改善に効果的な「ひざの裏押し」のやり方をご紹介します。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


「ひざの裏押し」のやり方

 全身の痛みのなかで、最も発生頻度が高いのが腰痛です。中高年になれば、ほとんどの人が、腰痛を経験していることでしょう。
 その腰痛の原因として、近年注目されているのが、脊柱管狭窄症です。背骨の中には、神経が通っています。この神経の通路が脊柱管で、脊柱管が狭くなって、神経が圧迫される病気が脊柱管狭窄症です。

 ただし、脊柱管が狭くなっていても、周囲の筋肉をほぐしてやれば、腰痛や足のしびれは楽になります。
 ところが、脊柱管狭窄症の患者さんの腰は、筋肉がガチガチにこっていて、それを直接ほぐすのは容易ではありません。鍼治療や温熱刺激、通電刺激をしても、改善しない場合が多いのです。

 そこで、お勧めなのが、ひざの裏を押すという方法です。
 東洋医学では、一種の生命エネルギーである気が全身を巡っていると考え、この気の通り道を経絡といいます。腰とひざの裏は、どちらも膀胱経という経絡の支配を受けています。したがって、ひざの裏を刺激することで、腰痛が改善する可能性が高いのです。
 脊柱管狭窄症の人は、腰だけでなく、お尻や太ももの筋肉もこっているのが普通です。ひざの裏は、太もも後面の筋肉が、ひざに付着している場所です。そのうえ、付着部は収縮性のない腱線維でできていますから、なおいっそう血流の停滞しやすい部位といえるのです。

 つまり、ひざの裏と腰は、同じ膀胱経の支配を受けるだけではありません。ひざの裏は、太もも全体の血流を促し、お尻や腰の血流を改善して、コリを取り去るための絶好の治療ポイントといえるのです。

押したその場で腰の痛みが消えた!

 では、ひざの裏押しで、症状が改善した例を、ご紹介しましょう。
 60代の女性Kさんは、腰痛に悩んで整形外科を受診すると、脊柱管狭窄症という診断を受けました。医師からは、「手術で治癒する確率は50%」といわれ、ほかの治療法を求めて、私のクリニックに見えました。

 触診をすると、太ももの裏側にひどいコリがありました。そして、ひざ裏の治療をすると、腰の筋肉のコリが急速に緩み、痛みやしびれも改善しました。そのため、Kさんは手術を回避できたのです。
 やはり整形外科で脊柱管狭窄症と診断されていた52歳の男性Oさんは、胃ガン再発の転移を予防するために、私のクリニックに通院されていました。
 あるとき「腰がおかしい」と訴えたため、触診。すると、腰と左のひざの裏にひどいコリがありました。

 そこで、ひざの裏を押したところ、その場で腰の痛みが消え、楽になったのです。
 このように、脊柱管狭窄症の腰痛を改善するひざの裏押しですが、ひざの裏なら自分の手が届くので、自分で刺激できるのもメリットです。
 では、ひざの裏押しのやり方をお教えしましょう。

 押す場所は、ひざのお皿の真裏で、ほぼ左右中央です。まずは、ひざの裏のコリコリとした部分や、強い痛み、しこりを感じる部分を探してみてください。そこが治療のポイントとなります。左右の足で異常の現れ方が異なる場合もあるので、必ず両足を探ってみましょう。
 治療ポイントが見つかったら、両手の親指をひざの裏に当て、強く押して、コリをほぐします。

 いつやってもいいのですが、入浴時に湯ぶねの中で行うのがお勧めです。温熱刺激との相乗効果で、より腰の筋肉がほぐれやすくなるからです。
 治療ポイントがわからない場合や、指の刺激でじゅうぶんな効果が得られない場合もあるでしょう。そういう場合は、ひざの裏に使い捨てカイロを貼って、温めましょう。
 カイロを貼る場合、低温ヤケドにならないように、ズボンやズボン下の上から、カイロを貼るようにしてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

股関節のゆがみを取り「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれを解消する健康法はこれ

腰痛の改善には、足腰にしっかり筋肉をつけることが先決だと、思っている人が多いのではないでしょうか。実はその前に、しなくてはならない重要なことがあります。それは、股関節の調整です。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧整体院院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング