医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


飲むだけでポッコリおなかがへこむ!「シソ酢」の作り方

薄着になる夏に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。

シソと黒酢の健康効果

【必要なもの】
青ジソ……50枚
黒酢……500ml
保存容器(ふた付き)

❶青ジソを水洗いし、キッチンペーパーの上に置く。別のキッチンペーパーで、上からシソを軽くたたき、よく水気を切る。

❷洗った青ジソを10枚重ねて、端からくるくると丸める。丸めた青ジソは2~3mm幅で千切りにする。これを50枚分くり返す。茎は切り落とさず、そのまま使う。
※シソの葉を横向きにして巻くと、きれいに切れる。

❸保存容器に②をすべて入れ、黒酢500mlを注いでふたをする。

❹冷蔵庫に入れて1時間おいたら出来上がり。シソ酢の液体と青ジソは、両方使えるが、使用するさいは、清潔なスプーンとはしを用いること。



■保存方法

保存期間:1ヵ月
保存場所:冷蔵庫

新鮮なシソのほうが、効果が高いため、冷蔵庫で保存して、1ヵ月で使い切ること。

■とり方
・水で5倍以上に薄めて、1日に1~2杯を飲む。原液では飲まないこと。
・1日に大さじ2を目安にとる。血糖値の上昇を抑える効果があるので、食前または、食後に飲むのがお勧め。

夏にすっきりゴクゴク飲める「シソ酢」の飲み方

水で割ったシソ酢ドリンク

基本の作り方

【材料】(1人分)
シソ酢……大さじ1、水……200ml ※お好みで量を調整

【作り方】
❶グラスにシソ酢大さじ1を入れる。好みで氷を入れてもOK。
❷①に水を200ml入れる。
❸②をよくかき混ぜたら出来上がり。

炭酸シソ酢・緑茶シソ酢

割り方を変えて自分好みにシソ酢をアレンジ

■炭酸シソ酢
【材料】(1人分)
シソ酢……大さじ1、炭酸水……200ml

■緑茶シソ酢
【材料】(1人分)
シソ酢……大さじ1、緑茶……200ml

【作り方】
❶グラスにシソ酢大さじ1を入れる。好みで氷を入れてもOK。
❷①に炭酸、緑茶などお好みの飲み物を200ml入れる。
❸②をよくかき混ぜたら出来上がり。

シソ酢Q&A

Q1.シソ酢はいつとるといい?

A1.食前~食後30分以内がベスト
ダイエットにシソ酢を使う人は、食前~食後30分以内にとるのがベストです。食事の前後にとると、過剰なインスリンの分泌を抑えます。インスリンは、血糖値を下げる大切なホルモンですが、糖質を体脂肪として体内に蓄える効果もあり、これが太る一因になります。ですから、ダイエットが目的の人は、食事の前後にとりましょう。


Q2.赤ジソを使ってもいい?

A2.赤ジソでも大丈夫です
赤ジソと青ジソに成分的な違いは、ほとんどありません。微差はあるのですが、シソ酢を作る上では気にしなくてもいいです。もし赤ジソのほうが好みであれば、そちらを使っても大丈夫です。


Q3.シソ酢をドリンクで飲むときは、ハチミツを入れたり、炭酸ジュースで割ってもいい?

A3.ダイエット効果を期待する場合は、NGです
ハチミツや炭酸ジュースには糖質が多く、ダイエットには向きません。ダイエット目的でシソ酢を飲むかたは、控えるようにしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


シソ

関連する投稿


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。皮膚の真皮層にあるコラーゲンは、加齢とともに少しずつ減少していきます。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワもできやすくなります。こうした肌の老化を防ぐためには、ビタミンCをたっぷりとって、コラーゲンの生成を促進させることが重要です。【解説】杉野宏子(青山エルクリニック院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)