MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

食事も運動も制限なし!シソ酢ドリンクで体重5kg減ウエスト10cm縮小

変化は早くも2日目に現れました。便通が1日に3回もあったのです。それまで自分が便秘という意識はありませんでした。同時に食欲が自然と収まり、ドカ食いをしなくなりました。意味なく食べないというか、おなかがぐうっと鳴るまで、食べなくても平気でいられるようになったのです。【体験談】大城さちこ(仮名・派遣社員・52歳)

3回の帝王切開で宿便がたまりやすくなった

 特に運動もせず、これまでと同様に食べているのにやせていく。「そんな都合のいい話……」と思われるかもしれませんが、実際にそれを体感したのが私です。

 信じられないという人は、下にある私の写真をご覧ください。はいているのは同じジーンズですから、おなかがみるみるへこんでいく様子がはっきりわかると思います。

 私の身長は158cmです。20代の頃の体重は、45〜50‌kgの間を行ったり来たりしていました。目に見えて太り始めたのは、3人目の子どもを出産した41歳の頃からです。最大78‌kgまで体重が増えました。

 煮野菜や根菜を食事の最初に食べるダイエットで70‌kgまで落としたものの、そこで停滞していた昨年8月のことでした。検診で子宮筋腫が見つかり、子宮を全摘出する手術を受けました。

 そのとき、私は帝王切開を3回している影響で、宿便がたまりやすくなっていると医師から言われました。
 お通じは毎日あったので、宿便とは無縁と思っていたため、それを聞いたときは意外でした。しかし、おなかが妊婦のようにポコンと突き出ている悩みがあったため、「これは宿便が原因だったのか! 」と腑に落ちました。

 腕も足もさほど太くないので、気になるのはおなかの出っ張りだけ。これをなんとかしたいのは山々でしたが、私は面倒くさがりな性格です。
 何時以降は食べないとか、カロリー計算をするといった、厳格なダイエットは続きません。そんなときに知ったのがシソ酢ダイエットでした。

 私はもともと黒酢ドリンクが大好きです。スーパーのレジ打ちの仕事をしており、立ちっぱなしでとても疲れます。疲れを取るならクエン酸が入ったものがいいだろうと、ちょこちょこと黒酢を水で割って飲んでいました。

 シソ酢はシソを切って、市販の黒酢に漬け込み、それを水やジュースで薄めて飲むだけなので簡単です。私にぴったりだと思い、今年の4月から1ヵ月間やってみました。
 シソ酢は、シソ50枚をさっと振り洗いして水気を拭き取り、保存容器に入れ、500mlの黒酢を注ぐだけです。黒酢は国産のものを使用し、作ったシソ酢は冷蔵庫に保存しました。

便がどっさりと出るようになった

 私はコンビニで売っている500ml入りの炭酸水に、大さじ2杯のシソ酢を注いで飲んでいました。
 飲む時間は特に決めず、朝食時や寝る前、仕事場にも持参し、飲みたいときに飲みたいだけ飲みました。

 変化は早くも2日目に現れました。便通が1日に3回もあったのです。それまで自分が便秘という意識はありませんでした。ですが、この便通の回数と、なんの抵抗もなくドサッと出る便には、爽快感すら覚えました。

 1週間ほど、1日3回の便通が続きました。これで宿便が取れたのかもしれません。
 シソ酢ダイエットを始める直前に、あごにニキビがぽつんとできていました。それも、あっという間に治ったのです。ニキビがすぐに消えるのは、私にはとてもめずらしいことでした。

 同時に食欲が自然と収まり、ドカ食いをしなくなりました。意味なく食べないというか、おなかがぐうっと鳴るまで、食べなくても平気でいられるようになったのです。

1ヵ月で体重が5kg減った!

 このような経過をたどって1ヵ月後、体重は5‌kgダウン、ウエスト回りはマイナス10‌cmを達成しました。現在、ウエスト回りが68‌cmのジーンズが普通にはけるので、ほぼ標準サイズの範疇といったところでしょうか。

 以前、血圧がやや高めで、時折「ぐぅわん! 」と頭を下に持っていかれるようなめまいを感じることがありました。
 なんと、体重が落ちてからは、めまいもすっかり消えました。

 私はヘモグロビンA1c(正常値は6・5%未満)の値が、6・2~6・8%とやや高めです。シソ酢を続けて、さらにやせながら、ヘモグロビンA1cの数値も正常化させたいと思います。

黒酢は便秘を解消する!(百済診療所院長 丁宗鐵)

 シソ酢にも入っている黒酢は、便通をよくする効果があるといわれています。ですから、便秘にお悩みの人は、1日に大さじ2程度のシソ酢をとることをお勧めします。

 大城さんはヘモグロビンA1cの値がやや高いですが、やせると、これが改善することが期待できます。
 長続きさせるためには、シソ酢をいつも決まったタイミングで飲むようにして、習慣化させるといいでしょう。継続して、もう少し数値の様子を見たいところです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt