医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


解説者のプロフィール

阿部康二(あべ・こうじ)
岡山大学医学部脳神経内科学教授。医学博士。
1987年東北大学神経内科大学院修了。1988年米国ハーバード大学神経内科学教室留学。神経内科学全般、脳卒中、認知症の研究を行い、国内外で高い評価を得る。

脳の専門家も注目!ロスマリン酸とは?

 近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。
これは、シソのほか、ローズマリー、レモンバームなどシソ科の植物に含まれるポリフェノールの一種です。
 ポリフェノールは、植物が自身を酸化から守るために作り出す抗酸化物質で、色素や味のもとになっています。

 ロスマリン酸は60年前にイタリアの研究者によって、ローズマリーから発見されました。
 まだ見つかってからさほど歴史はありませんが、これまでの研究で、ロスマリン酸は強力な抗酸化作用を持っていることがわかりました。炎症やアレルギーの抑制、血糖値の低下作用などがあると報告されています。

ロスマリン酸の認知症予防効果に期待

 さらに近年は、認知症予防に有効ではないかとの研究が相次いで発表され、より注目を集めるようになっているのです。
 私は脳の病気が専門ですが、超高齢化社会が進む中、より早い段階から脳の病気予防が期待できる食品成分として、ロスマリン酸に期待しています。

 まず、脳は「酸化」に弱い臓器です。例えば、血管で酸化が起こると動脈硬化が進みますが、脳血管は他の臓器の血管に比べ、酸化ストレスによる障害をきたしやすいことがわかっています。脳血管で動脈硬化が進むと、脳卒中の起こる危険が高まります。
 脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。

 最近ではうつ病にも、脳の酸化に伴う慢性的な炎症が関与しているとの説があります。ロスマリン酸が脳の酸化を防ぐのであれば、シソ酢を飲むことで、うつ病の予防にも役立つ可能性が考えられます。

 ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。
 アルツハイマー型認知症には「アミロイドβ」、レビー小体型認知症(脳の大脳皮質にレビー小体という特殊な変化が現れる認知症)やパーキンソン病には「αシヌクレイン」というたんぱく質が脳にたまって悪さを働き、発症につながると考えられています。

 鳥取大学大学院の河田康志教授は、全部で134種類もの食品成分や抽出物を集め、それらがたんぱく質の凝集を防ぐ効果があるかどうかを調べる研究を行いました。
 その結果、ロスマリン酸を多く含むスペアミントの抽出物が特に、アミロイドβやαシヌクレインの凝集を防ぐことがわかりました。河田教授は、ロスマリン酸が、認知症を予防できる可能性を持つとしています。

 つまり、ロスマリン酸が豊富なシソ酢を飲むことで、認知症の予防も期待できるということになります。
 東京大学大学院の小林彰子准教授らも同様に、ロスマリン酸にアミロイドβの凝集を防ぐ作用があると報告しています。

【関連記事】アルツハイマー病の予防に期待!ハーブ由来の「ロスマリン酸」

やせたい人はシソ酢を飲もう!

「シソ酢」はシソと黒酢を組み合わせたものですが、黒酢を含むすべてのお酢にも血圧を下げる作用があります。

 また、お酢は食後の血糖値の上昇を穏やかにします。それだけでなく、クエン酸回路という、食事からの栄養で体を動かすシステムがありますが、お酢は、これの活動を活性化します。糖質や脂質が燃えやすくなると、やせる効果を期待できます。

 ロスマリン酸もまた、体内で、糖質の吸収を手助けするα-アミラーゼという酵素の働きを邪魔してくれます。すると、太る原因の糖質の消化速度を遅くして、血糖値が上がりにくくなるのです。
 肥満が気になる人は、食前もしくは食事中にシソ酢を飲むか、料理に使うようにしましょう。

 シソとお酢の合わさった風味には清涼感があり、特に夏場の夏バテ対策としても有効ではないかと思います。
 脳の健康を維持する観点からも、ぜひ食生活に取り入れてみてください。

「シソ酢」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

「コーヒーには体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。ですから脂肪の燃焼を高める効果が得られダイエットにつながるのです。【解説】里見英子(白山病院副院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)