医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


解説者のプロフィール

関口志行(せきぐち・しゆき)
●ツバサ整骨院
埼玉県川口市前川1丁目14−6
048-423-0067

ツバサ整骨院院長。柔道整復師。
埼玉県川口市で「ツバサ整骨院」を開業。痛みや不調をその場で軽減する手技療法が評判。手首の1点押しをはじめとする、独自の治療法の考案も積極的に行っている。

筋肉や関節を簡単にほぐすことができる

 私は、埼玉県川口市で整骨院を開院しています。日々、さまざまな症状の患者さんの治療に当たっていますが、なかには、症状ががんこで取れにくい場合があります。

 たとえば、「めまいや耳鳴りがしつこく続いて改善できない」というようなケースです。また、最近は、頸椎(背骨の首の部分)のゆがみの一種である「ストレートネック」が増えており、これも簡単には改善しにくいものです。

 ストレートネックとは、本来、軽く前湾(前に膨らむ形のカーブ)している頸椎が、まっすぐになった状態をいいます。頭が前に出た状態で頸椎がまっすぐになるので、首に大きな負担がかかります。そのため、首のこりや痛み、頸椎の圧迫による手のしびれ、背骨への影響による腰痛などが起こります。

 これらのがんこな症状に、当院では、独自の治療法を施して、効果を上げています。それは、手首の1点を押しながら、簡単な首の運動を行う方法です。

 押すポイントは、手首にある「月状骨」という骨です。月状骨は、半月に似た形をしていて、手首の外(小指側)寄りにある小さな骨です。
 手首付近には、八つの小さな骨が組み合わさって存在し、複雑な動きもできるようになっています。その中の一つが月状骨です。

 めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。そのこわばりは、首そのものをもんだり、ほぐしたりするだけでは、なかなか取れません。

 ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。

 私は、最初は月状骨を、バネ指の治療に使っていました。バネ指とは、簡単にいうと、指の腱鞘炎です。曲げた指を伸ばそうとすると、バネのようにパチンと戻ってしまうので、こう呼ばれています。

 バネ指を起こす人は、手首が硬くなっていて、それをほぐすことで回復を促せます。そこで私は、手首のどこを押すと、最も効率よくほぐせるかを探りました。すると、バネ指の人の月状骨が、わずかに浮き出ているのを発見しました。そして、そこを押してみると、手首が驚くほど簡単にほぐれたのです。

「これはすごい!」と思い、さらに研究を進めていくと、面白いことに気づきました。
 月状骨を押すと、手首が軟らかくなるだけではなく、ここを押しながら体を動かすことで、動かした部位の筋肉や関節をほぐす効果もあるとわかったのです。

手首の月状骨のある部分を押して体を動かすと筋肉や関節が効率よくほぐれる!

手首を押しながら首を動かすだけ

 もともと、全身のバランスを取るには、首・手首・足首がポイントになります。
 なかでも手首は、簡単に刺激できるので、全身のバランスを取るための部位として、とても便利です。加えて、手首の中でも、月状骨が重要なポイントになることがわかったので、この手首の1点押しを開発したというわけです。

 手首の1点押しは、全身のさまざまな症状に使えますが、今回は、代表的な例として、めまいや耳鳴りに効果的な方法をご紹介しています。

 その効果は絶大で、しつこく続いていためまいが劇的に治まった例や、うっとうしい耳鳴りが大幅に改善できた例などが続出しています。
 また、首の緊張が取れて、ストレートネックやそれによる症状(首の痛み、手のしびれ、腰痛など)も改善されます。
 ほかにも、同じ方法で肩こり、頭痛、メニエール病、こりや疲れ目による目の痛み、乗り物酔い、顎関節症などに効果があります。

 私は、これらの症状に対して、以前は症状の出ている部分の骨や関節、筋肉を、懸命に治療してきました。しかし、がんこな場合は、思うように改善できませんでした。
 ところが、月状骨を押しながら、該当部分の関節を動かすだけで、面白いように症状が取れるのです。これには私自身、びっくりしました。

 月状骨を押すことで、なぜこうした効果が得られるのか、詳しいことはわかりませんが、手首を通じて、全身のバランスが取れる結果と考えられます。
 私は、月状骨は脳に働きかけ、自然治癒力を高めるスイッチのような役目をしているのではないか、という仮説を立てています。

 月状骨の探し方、押し方、首の動かし方は、後述のとおりです。月状骨を押しながら、簡単な首の運動を行いますが、あごの運動(口の開閉)も首の筋肉を使うので、最後にそれを行います。

 月状骨の押し方は2種類あります。やりやすいほうでかまいませんが、握力のない女性やお年寄りには、中指で押さえる方法がお勧めです。

 効果を得るための注意点として、手首が伸び切らず、甲側に20〜30度、軽く曲がるようにしてください。ただし、手首が深く(直角などに)曲がりすぎるのもよくありません。月状骨をしっかり押すと、手首が自然に軽く曲がります。その自然な曲がり方が大切です。

 もう一つの注意として、月状骨を押す指以外は力を抜いてください。すると、わきは閉じ、両手はおなか付近にきます。わきが開いて手が胸付近にきているのは、力が入っている証拠なので気をつけましょう。
 これらの点さえ気をつければ、手首の1点押しは、誰でも手軽に行え、高い効果を得られます。ぜひお試しください。

手首の1点押しのやり方

押すポイント

月状骨の探し方と押し方

❶両手の人さし指の第3関節(握りこぶしを作ると骨が出っ張るところ。右の写真の○部分)を写真のように合わせる。

❷そのまま、上になったほうの手の人さし指の先を、手首の小指側にある、くるぶしのような骨の突起に向けて伸ばす。
このとき、伸ばした人さし指の第1関節(指先に最も近い関節)の位置が、月状骨の位置。押すと響く感じがある。

❸②の位置に親指の先を当て、残りの指を手のひら側に当てて挟むようにしながら、親指で強く押す。
もしくは、手のひら側から手を回して当て、手首をつかむようにして、中指で強く押す。

※どちらでも、やりやすいほうでOK。

基本姿勢

・わきを締め、両手がおなか付近にくるように体の力を抜き、症状の出ている側の月状骨を強く押す。
・この姿勢のまま、下の首の運動を行う。

ポイント
・症状の出ている側の手首を押しながら、首の運動を行うのが基本だが、両方行ってもよい。
・押されている側の手首が、自然に手の甲側に曲がるようにする(角度の目安は、20~30度)。曲がりすぎている、あるいは伸びきっている状態だと効果がない。
・1日のうちいつ、何回行ってもよいが、首などに痛みのある場合は、症状が悪化しない程度に、無理のない範囲で行うこと。
・押している部分は、強く押すだけで、もむ必要はない。もんでも効果はない。

手首を押しながら行う首の運動

❶首を前後に倒す
前後に倒すのを1回として、5回。

❷首を左右に倒す
左右に倒すのを1回として、5回。

❸首を左右にひねる
左右にひねるのを1回として、5回。

❹口を開閉する
開け閉めを1回として、5回。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)