医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


解説者のプロフィール

関口志行(せきぐち・しゆき)
●ツバサ整骨院
埼玉県川口市前川1丁目14−6
048-423-0067

ツバサ整骨院院長。柔道整復師。
埼玉県川口市で「ツバサ整骨院」を開業。痛みや不調をその場で軽減する手技療法が評判。手首の1点押しをはじめとする、独自の治療法の考案も積極的に行っている。

筋肉や関節を簡単にほぐすことができる

 私は、埼玉県川口市で整骨院を開院しています。日々、さまざまな症状の患者さんの治療に当たっていますが、なかには、症状ががんこで取れにくい場合があります。

 たとえば、「めまいや耳鳴りがしつこく続いて改善できない」というようなケースです。また、最近は、頸椎(背骨の首の部分)のゆがみの一種である「ストレートネック」が増えており、これも簡単には改善しにくいものです。

 ストレートネックとは、本来、軽く前湾(前に膨らむ形のカーブ)している頸椎が、まっすぐになった状態をいいます。頭が前に出た状態で頸椎がまっすぐになるので、首に大きな負担がかかります。そのため、首のこりや痛み、頸椎の圧迫による手のしびれ、背骨への影響による腰痛などが起こります。

 これらのがんこな症状に、当院では、独自の治療法を施して、効果を上げています。それは、手首の1点を押しながら、簡単な首の運動を行う方法です。

 押すポイントは、手首にある「月状骨」という骨です。月状骨は、半月に似た形をしていて、手首の外(小指側)寄りにある小さな骨です。
 手首付近には、八つの小さな骨が組み合わさって存在し、複雑な動きもできるようになっています。その中の一つが月状骨です。

 めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。そのこわばりは、首そのものをもんだり、ほぐしたりするだけでは、なかなか取れません。

 ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。

 私は、最初は月状骨を、バネ指の治療に使っていました。バネ指とは、簡単にいうと、指の腱鞘炎です。曲げた指を伸ばそうとすると、バネのようにパチンと戻ってしまうので、こう呼ばれています。

 バネ指を起こす人は、手首が硬くなっていて、それをほぐすことで回復を促せます。そこで私は、手首のどこを押すと、最も効率よくほぐせるかを探りました。すると、バネ指の人の月状骨が、わずかに浮き出ているのを発見しました。そして、そこを押してみると、手首が驚くほど簡単にほぐれたのです。

「これはすごい!」と思い、さらに研究を進めていくと、面白いことに気づきました。
 月状骨を押すと、手首が軟らかくなるだけではなく、ここを押しながら体を動かすことで、動かした部位の筋肉や関節をほぐす効果もあるとわかったのです。

手首の月状骨のある部分を押して体を動かすと筋肉や関節が効率よくほぐれる!

手首を押しながら首を動かすだけ

 もともと、全身のバランスを取るには、首・手首・足首がポイントになります。
 なかでも手首は、簡単に刺激できるので、全身のバランスを取るための部位として、とても便利です。加えて、手首の中でも、月状骨が重要なポイントになることがわかったので、この手首の1点押しを開発したというわけです。

 手首の1点押しは、全身のさまざまな症状に使えますが、今回は、代表的な例として、めまいや耳鳴りに効果的な方法をご紹介しています。

 その効果は絶大で、しつこく続いていためまいが劇的に治まった例や、うっとうしい耳鳴りが大幅に改善できた例などが続出しています。
 また、首の緊張が取れて、ストレートネックやそれによる症状(首の痛み、手のしびれ、腰痛など)も改善されます。
 ほかにも、同じ方法で肩こり、頭痛、メニエール病、こりや疲れ目による目の痛み、乗り物酔い、顎関節症などに効果があります。

 私は、これらの症状に対して、以前は症状の出ている部分の骨や関節、筋肉を、懸命に治療してきました。しかし、がんこな場合は、思うように改善できませんでした。
 ところが、月状骨を押しながら、該当部分の関節を動かすだけで、面白いように症状が取れるのです。これには私自身、びっくりしました。

 月状骨を押すことで、なぜこうした効果が得られるのか、詳しいことはわかりませんが、手首を通じて、全身のバランスが取れる結果と考えられます。
 私は、月状骨は脳に働きかけ、自然治癒力を高めるスイッチのような役目をしているのではないか、という仮説を立てています。

 月状骨の探し方、押し方、首の動かし方は、後述のとおりです。月状骨を押しながら、簡単な首の運動を行いますが、あごの運動(口の開閉)も首の筋肉を使うので、最後にそれを行います。

 月状骨の押し方は2種類あります。やりやすいほうでかまいませんが、握力のない女性やお年寄りには、中指で押さえる方法がお勧めです。

 効果を得るための注意点として、手首が伸び切らず、甲側に20〜30度、軽く曲がるようにしてください。ただし、手首が深く(直角などに)曲がりすぎるのもよくありません。月状骨をしっかり押すと、手首が自然に軽く曲がります。その自然な曲がり方が大切です。

 もう一つの注意として、月状骨を押す指以外は力を抜いてください。すると、わきは閉じ、両手はおなか付近にきます。わきが開いて手が胸付近にきているのは、力が入っている証拠なので気をつけましょう。
 これらの点さえ気をつければ、手首の1点押しは、誰でも手軽に行え、高い効果を得られます。ぜひお試しください。

手首の1点押しのやり方

押すポイント

月状骨の探し方と押し方

❶両手の人さし指の第3関節(握りこぶしを作ると骨が出っ張るところ。右の写真の○部分)を写真のように合わせる。

❷そのまま、上になったほうの手の人さし指の先を、手首の小指側にある、くるぶしのような骨の突起に向けて伸ばす。
このとき、伸ばした人さし指の第1関節(指先に最も近い関節)の位置が、月状骨の位置。押すと響く感じがある。

❸②の位置に親指の先を当て、残りの指を手のひら側に当てて挟むようにしながら、親指で強く押す。
もしくは、手のひら側から手を回して当て、手首をつかむようにして、中指で強く押す。

※どちらでも、やりやすいほうでOK。

基本姿勢

・わきを締め、両手がおなか付近にくるように体の力を抜き、症状の出ている側の月状骨を強く押す。
・この姿勢のまま、下の首の運動を行う。

ポイント
・症状の出ている側の手首を押しながら、首の運動を行うのが基本だが、両方行ってもよい。
・押されている側の手首が、自然に手の甲側に曲がるようにする(角度の目安は、20~30度)。曲がりすぎている、あるいは伸びきっている状態だと効果がない。
・1日のうちいつ、何回行ってもよいが、首などに痛みのある場合は、症状が悪化しない程度に、無理のない範囲で行うこと。
・押している部分は、強く押すだけで、もむ必要はない。もんでも効果はない。

手首を押しながら行う首の運動

❶首を前後に倒す
前後に倒すのを1回として、5回。

❷首を左右に倒す
左右に倒すのを1回として、5回。

❸首を左右にひねる
左右にひねるのを1回として、5回。

❹口を開閉する
開け閉めを1回として、5回。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)