医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

手のツボを押して「肛門」刺激! 便秘と下痢によく効くツボはココ

規則的でスムーズな排便には、便にある程度のボリュームが必要です。ボリュームがあることで、腸が刺激されて、便意が生じて排泄できるからです。したがって、食物繊維の豊富な温野菜を、毎日たくさん摂取することも心がけたいものです。【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


手のツボ刺激の作用が肛門まで及ぶ!

東洋医学では、私たちの体には、生命エネルギーである「気」が巡っていると考えられています。
その気の通り道が「経絡」で、人間には14本の経絡が走っています。

経絡の流れがスムーズであれば健康ですが、経絡の流れが滞ると、さまざまな病気を招くことになるのです。
また、経絡上にあるツボの数は、全身で670に及ぶといわれています。

病気になったときに、ツボを刺激することで、悪くなっていた経絡の流れがスムーズになり、症状がよくなるのです。
便秘や下痢の場合は、手の大腸経上にあるツボを刺激するといいでしょう。

大腸経は、上行結腸から直腸までの活動を調整したり、支配したりしている、自律神経に深いかかわりをもつ経絡です。
この大腸経にあるツボの中で、いちばんお勧めなのが、「合谷」というツボです。

合谷は、手の親指と人差し指の骨の合わさる谷間の、やや人差し指寄りにあります。
その辺りを反対の親指で押して、ジーンとくる場所が合谷です。

合谷は、気が集まる原穴とされ、万能ツボとしてよく治療に用いられています。
そして、ここを刺激すると、肛門にその作用が及び、大腸が活性化され、便秘や下痢によく効くのです。

私はここを、“肛門のツボ”と呼んでいます。
やり方は、次のとおりです。

●合谷(肛門のツボ)
手の親指と人差し指の骨の合わさる谷間の、やや人差し指寄りにあるツボ。

合谷押し
❶左右どちらかの合谷に、反対の親指の腹を当てて押します。残りの4本の指は手の平側に添えます。
❷3秒押して、1秒休み、また3秒押してください。これを4~5回くり返しましょう。
※反対側も同様に行います。

大切なのは、気持ちよく感じる程度の力で押すことです。
あまり強く押しすぎて痛くなるのは、逆効果です。
通常の便秘であれば、基本的に合谷を押すだけでけっこうです。
ここを押してすぐに便意を催す人も、少なくありません。

ただし、長期間に及ぶ便秘のかたには、腸の調子を改善するツボをもう一つご紹介します。
それが、同じ大腸経のツボである「手の三里」です。

●手の三里
手の三里のツボは、ひじの内側のシワのいちばん外側にある「曲池」というツボから、指3本分ほど手首側にあります。

手の三里押し
左右どちらかの手の三里を、反対の親指の腹で5秒ほど押していきます。
これを5回ほどくり返すといいでしょう。
※反対側も同様に行います。

合谷や手の三里は、いつでもどこでも刺激しやすい、とても便利なツボです。

腕もみ
便秘になる原因はいろいろあります。
その一つが、小腸に水がたまることです。
小腸に水がたまると、腸閉塞のような状態になってしまうのです。

そこで、小腸経の経絡の流れを促し、小腸の働きをよくすることで、それを解消できます。
小腸経の経絡は、手の小指からひじ関節を通って、肩のほうへと伸びています。

この場合、小指からひじにかけてを、反対の手でなでたり、さすったり、もんだりしましょう。
この経絡への刺激が、肩や首のコリの改善にもなります。

内臓が原因で起こる症状にも有効!

また、便秘は腸だけでなく、ほかの臓器の影響で起こる場合もあるのです。
ちなみに、東洋医学では、人間の内臓は、互いに影響しあっていると考えられています。

手には、内臓に通ずる経絡が走っているので、手首をブラブラ振ったり、指をよく動かしたりすることで、経絡上にあるたくさんのツボを刺激できるのです。
その刺激が、腸の働きだけでなく、内臓が原因で起こる、あらゆる症状にとても有効なのです。

そのほかに、おなかの冷えも便秘を招く一因です。
そこで、おへその少し下辺りにある丹田を温めると、体全体が温まり、それが便秘の改善をもたらします。

その簡単な方法として、丹田の位置に服の上から使い捨てカイロを貼はるのがお勧めですところで、腸の働きを高めるには、食事に留意することも忘れてはいけません。
冷たいものを食べると、腸が働きにくくなるので、なるべく温かいものを食べるように心がけてください。

トウガラシやショウガなど、腸を刺激する食べ物も体を温めてくれます。
そして、快便を促すには、食物繊維の摂取が不可欠です。

規則的でスムーズな排便には、便にある程度のボリュームが必要です。
ボリュームがあることで、腸が刺激されて、便意が生じて排泄できるからです。

したがって、食物繊維の豊富な温野菜を、毎日たくさん摂取することも心がけたいものです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


便秘 下痢

関連する投稿


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

便秘に効くツボを一気に刺激! 頑固な便秘にも効果「おじぎ腹式呼吸法」のやり方

気功を行えば、自然と腸が健康になります。私は「より即効的に便秘を改善する方法はないか」と、考えました。そして、25年にわたる気功研究の中で考案したのが、今回ご紹介する快便呼吸です。腹部のポイントを指先で押しながら呼吸をすることで、便意を促し、スムーズな排便が期待できます。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜スープを食べたら便秘が解消!1日3回のお通じでおなかがへこんだ

野菜を最初にたっぷり食べるとおなかが満たされ、最後のほうで1膳のご飯を食べる頃には満腹です。たっぷり野菜を食べるとおなかが空かず間食をしなくなり、お通じは日に3回もあります。おかげで体重は54kgから51kg(身長156cm)に減り、おなかがへこみました。【体験談】山岡黎子(主婦・78歳)


頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

頭と腸に相関有り!便秘をスッキリ解消する「頭のタッピング」のやり方

ヨガでは「頭を使ったら、足を使いなさい」と言います。頭を使いすぎると、頭がうっ血するからです。「悩みやストレスで便秘になる」と言われますが、これはまさに、頭の使いすぎによるうっ血で、体の他の器官(腸)まで悪くなることの、わかりやすい例です。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)