医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

とても簡単な方法なので、少しやっていると、コツがつかめました。それからは、家で朝晩、両手に手首押しを行うようになりました。昼にテレビを見ているときなどにも行いました。すると、ふらつきはどんどん軽くなって、4〜5日で、まったく出なくなったのです。【体験談】伊藤清美(仮名・無職・82歳)


頭を動かすたびにフラッとする

 今年の春のことです。ある朝、起きて立とうと思ったら、フラフラッとして、倒れそうになりました。

「血圧のせい? もしかして脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)では?」と心配になり、かかりつけの内科に行きました。
 すると、「脳梗塞ではないから心配しなくていい」と言われ、「年のせいかな」と笑いながら話して帰ってきました。

 ひとまず安心しましたが、それからも、頭を動かすたびに、フラッとします。夜、枕に頭を押しつけたときや、目覚めて起き上がったときにも、やはりフラフラッとするので、気持ち悪くてたまりません。

 そこで、いつもいろいろな不調を治療してもらっている、ツバサ整骨院に行きました。すると、関口志行先生が、手首の1点を押す治療法を行ってくれたのです。
 関口先生が手首を押してくれている間に、首を前後に10回くらい倒すように言われました。次は首を左右に倒し、その後、左右にひねります。最後に、口を大きく開け閉めします。

 手首押しの治療を受けた直後は、まだふらつきがありましたが、2日後くらいに、気がつくと、頭のふらつきがかなり軽くなっていました。まだ、完全には消えていませんでしたが、とてもらくになったのです。

 ツバサ整骨院に行って、関口先生に「先生、すごくらくになりました」とお伝えすると、先生は喜んでくださり、「これからは自分でやってみて。自分でもできるから」とおっしゃいました。
 そこで改めて、手首の押す場所と押し方、頭の動かし方を教えていただきました。

 手首の押す場所は、月状骨という骨です。手の甲側の手首の外側にある、くるぶしのような大きな骨のきわから、薬指側に向かって少し上がったところにあります(押す位置の探し方は手首の1点押しのやり方記事参照)。

 手首押しをするときは、わきを締めて開かないようにするのがポイントとのことでした。わきを締めると、自然に手がおなかの辺りにきます。その状態でやることが大事だそうです。
 とても簡単な方法なので、少しやっていると、コツがつかめました。

 それからは、家で朝晩、両手に手首押しを行うようになりました。昼にテレビを見ているときなどにも行いました。すると、ふらつきはどんどん軽くなって、4〜5日で、まったく出なくなったのです。
 内科で「心配ない」と言われても、ふらつきがあると、やはり不快です。それが起こらなくなったので、とても助かりました。

複雑な耳鳴りの音が1種類に減った!

 手首押しをやっていて、もう一つ、いいことがありました。
 実は私は、以前から耳鳴りも気になっていました。

 私の耳鳴りは、いろいろな音が混じっている、複雑なものでした。普通は、ジーという低い耳鳴りか、キーンという高い音の耳鳴りがするとよくいわれます。人によって決まっているようですが、私の場合は、同時にいろいろな音がするのです。

「グーッ、グーッ」という音や、コオロギが鳴くような音、ジーという音などです。そういう音が入り混じって聞こえると、余計に苦痛です。
 耳鼻科では、この耳鳴りは「治らない」と言われました。ですから、半ばあきらめつつも、関口先生に治療していただいていました。

 それでも、なかなか変化がなかったのですが、手首押しをやっているうち、気がつくと、耳鳴りの音の種類が減っていました。ジーというセミの鳴き声のような低い音、1種類だけになっていたのです。

 整骨院で受けていた治療に加え、ふらつきの対策として、家でもこの治療法を行ったのがよかったのかもしれません。
 ふらつきがなくなったうえ、耳鳴りの音が1種類になったので、私としてはうれしい限りです。これからも、何かあったら、この治療法を活用しようと思っています。

家でテレビを見ているときなどにも手首押しを行った

しつこい不快症状も速やかに改善する(ツバサ整骨院院長 関口志行)

 伊藤さんは縫い物が好きで、よく根を詰めて裁縫仕事をしています。下を向いて手を動かし、細かい作業をすることで、月状骨にも首にも悪影響が出ていました。その結果、ふらつきやがんこな耳鳴りに悩まれることになったと考えられます。

 こんなときにとても効果的なのが、手首押しです。しつこいめまい、ふらつき、耳鳴りも速やかに改善されます。伊藤さんの場合も、短期間でふらつきが取れ、耳鳴りも軽くなりました。もし、効き目が弱いと感じたら、首の運動や口の開閉の回数を増やすか、月状骨をさらに強めに押してみてください。

手首の1点押しのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


めまい 耳鳴り

関連する投稿


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

私は遠方からの通院なので、初診のときにしっかりとした治療をしていただきました。仰天したのは、その日の帰り道です。車を運転しながら、信じられないくらい肩が軽くなっていることを実感しました!そして、その晩、床に就いてみると、いつも聞こえてくるはずの耳鳴りが聞こえないのです。【体験談】熱川睦子(仮名・主婦・77歳)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)


風邪によるめまい・ふらふらめまいを治すには「首の後ろを温める」といい!

風邪によるめまい・ふらふらめまいを治すには「首の後ろを温める」といい!

首の後ろを温めると上咽頭の血行がよくなり、うっ血状態が改善します。浮動性めまいの場合、上咽頭のうっ血が解消するだけで、症状が軽快するケースが少なくありません。首の後ろを温めて上咽頭の血流が改善されると、この部位のリンパの流れがよくなり、脳の老廃物がスムーズに排出されます。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)