【豆乳グルグルヨーグルト】種菌を使って一晩で完成させる作り方

【豆乳グルグルヨーグルト】種菌を使って一晩で完成させる作り方

種菌ができれば、あとは簡単。市販の豆乳の容器をそのまま利用すれば、雑菌が混入する心配もありません。また、食べきりサイズで作る方法もご紹介します。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


種菌を豆乳に加えるだけ。平らな容器が固まりやすい

 種菌を使った最も手軽なTGGヨーグルトの作り方は、豆乳の容器に種菌を直接入れて、一晩おく方法です。豆乳1ℓに対し、種菌は大さじ2〜3杯でOK。新たな容器を用意する手間がいらず、衛生的に作れます。食べるときは豆乳パックの上の部分をハサミなどで切り取って、すくい出しましょう。

 できあがったTGGヨーグルトを新たな種菌にすれば、何度でも作ることができます。

 一方、食べ切りサイズで作りたいかたは、カップに豆乳を注ぎ、少量の種菌を入れて、一晩おいておけば完成します。お好みでフルーツやグラノーラ、ハチミツなどと合わせるのもおすすめです。

 TGGヨーグルトを作る際の容器は、細長い瓶タイプより、浅く平らな容器で作るほうが発酵しやすいことが実験からわかっています。縦長の豆乳パックの場合、早く発酵させたい人は、長い部分を底にして置いておくのも一案です。

豆乳の容器に直接まとめて作る

→豆乳グルグルヨーグルト【基本の作り方】はこちら

【 用意するもの 】

●【基本の作り方】で作った種菌
●豆乳(無調整のもの)…1L(1パック)
●お気に入りのカップ
●スプーン
●あれば漏斗

【 作り方 】

1. 紙パックのキャップを開け、種菌を入れるスペースを作るため、中の豆乳を100mLほど別の容器に移しておく。

2. キャップ口から種菌を大さじ2〜3杯入れる。漏斗がなければ、小さなスプーンで何回かに分けて入れてもよい。

3. キャップをして、紙パックを揺すり、中の豆乳をかき混ぜる。常温で一晩おいて固まったら完成。その後は冷蔵庫で保存する。1週間ほどは持つが、だんだんすっぱくなるので、2〜3日で食べ切るのが理想。

お気に入りのカップに少量作る

→豆乳グルグルヨーグルト【基本の作り方】はこちら

【 用意するもの 】

●【基本の作り方】で作った種菌
●豆乳(無調整のもの)…適量
●お気に入りのカップ
●スプーン

【作り方 】

1. お気に入りのカップに豆乳を入れる。この中に種菌を追加するため、豆乳をカップの上まで入れすぎないこと。

2. 1に種菌をティースプーン1杯ほど加えて、グルグルとかき混ぜる。

3. カップにラップをかけて、常温で一晩おけば、1回食べ切りサイズのTGGヨーグルトが完成。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

【基本の作り方】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(1)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


胃腸を助けて万病退治! 超健康食「皮付きリンゴ」絶品レシピ

胃腸を助けて万病退治! 超健康食「皮付きリンゴ」絶品レシピ

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」といわれるほど、リンゴは優れた健康効果を持つ食品です。例えば、「便秘が解消」「おなかが凹んだ」「血圧が下がった」「肌がキレイになった」など。今回は、毎日食べると飽きるという人でも満足できる、おいしいリンゴレシピをそろえました。【料理】検見崎聡美(管理栄養士・料理研究家)


【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い耳鳴り・難聴・めまいといった症状で来院される患者様がたくさんいます。鍼灸師として、かつ、管理栄養士としてどんな食べ物が耳の悩みの改善に役立つかお話ししましょう。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)


力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

力まなくてもスルリと快便! 花粉症にも効果ありの「このヨーグルト」

私は自家製の甘酒や酵素ジュースをシロップ代わりにして「TGGヨーグルト」にかけて食べるのが、毎朝の日課です。【体験談】北爪えみ(53歳・主婦・山梨県)


最新の投稿


【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

【脳の活性化効果】脳の血流がアップ「ニンニク油」基本の作り方

脳の血流を上げるニンニク油は、ニンニクとオリーブ油だけで作れます。ここで紹介する量と手順で作れば、食べたあとニンニクのにおいはほとんど気になりません。脳の働きがよくなり、勉強の効果アップにも! ぜひお試しください。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理】古澤靖子


【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

【脳を活性化】認知症・物忘れを予防する「ニンニク油」の活用レシピ5

ニンニク油の有効成分であるアホエンは、直接、火にかけるなどで高温になると壊れてしまいます。ここで紹介するレシピは、どれもおいしくて、アホエンがしっかりとれる料理です。ニンニク油の風味を堪能しましょう。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)【料理・レシピ考案・スタイリング】古澤靖子


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)