MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)

2キロやせて10年間ベスト体重をキープ

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。
おそらく、胃が弱いのを省みず、暴飲暴食をしていたのが原因だと思います。

そのとき、担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。
生のジャガイモは、胃壁を丈夫にする効果があるとのことでした。

ただ、生のジャガイモをすりおろしただけの汁は、とても飲みづらいものです。
そこで、その医師に、ジャガイモの生汁が飲みやすくなるレシピを教えてもらいました。

作り方は以下のとおりです。


❶よく洗ったジャガイモ小1個、リンゴ4分の1個、ニンジン2分の1本を、皮ごと一口大に切ります。

❷①と豆乳1カップ、お好みの量のハチミツをミキサーにかければ、出来上がりです。

これが1回分の量です。
私は、このジャガイモジュースを1日1回、毎日飲みました。

飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。
おかげで、薬が不要になったのです。

そして、胃痛も全く起こらなくなりました。
以来、ジャガイモジュースを飲むのが、毎朝の習慣になっています。

ジャガイモ1個の満腹指数は300%

低カロリーで満腹指数が高い!

あるとき、私は国立大学病院に医師として勤めている、高校時代の同級生と食事をしました。
そのとき話題になったのが、ダイエットでした。

その友人によると、ジャガイモはダイエットにもいいそうです。
ジャガイモは、低カロリーなのに満腹指数(満腹感の得やすさを数値で表したもの)が高いのが、勧める理由とのこと。

しかも、栄養のバランスが非常にいいというのです。
カロリーは、サケのおにぎり1個170Kcalに対して、ジャガイモ中2個で150Kcal。

満腹指数は、食パン1枚が100%、ご飯茶わん1杯が130%に対して、ジャガイモ1個は300%です。
ジャガイモは、食材の中でも断トツで空腹感を満してくれるので、ストレスなくダイエットができるというのです。

この話を聞いてから、私はふだんの食事に、ますますジャガイモを取り入れるようになりました。
すると、まもなく体重が2Kgへり、その後10年間、このベスト体重を維持しています。

私は日ごろから、食べることが大好きなのですが、体重がふえなくなりました。
もともと便秘ではありませんが、ますます快便です。

また、以前は代謝が悪く、夏でもあまり汗をかきませんでした。
それが、ジャガイモを積極的にとるようになってから、代謝がアップしたようで、汗をたくさんかけるようになったのです。

それによって、肌トラブルがなくなりました。

「便秘が解消した」「肌がツルツルになった」

それではご参考までに、私がよく作るジャガイモ料理「ネギとジャガイモのポタージュ」のレシピをご紹介します。


❶ジャガイモ小1個とネギ2分の1本を薄切りにし、オリーブ油を熱した鍋で、焦がさないように1分ほど炒めます。

❷①に水1・5カップと固形ブイヨン1個を入れます。
沸騰したらあくを取って、弱火でやわらかくなるまで煮たら、火を止めてください。

❸粗熱が取れたら、②をミキサーにかけます。

❹③をこしたものを鍋に戻し、牛乳を足して塩コショウをすれば、完成です。

このポタージュは、免疫力が落ちる季節にお勧めです。
ショウガ汁を垂らすと、さらに体が温まります。

私はこれを多めに作り、冷蔵庫にストックしています。
腹持ちがとてもいいので、1日3食のうちの1食は、このポタージュだけにしています。

ところで、私は、アロマセラピーやリフレクソロジーの仕事をしていますが、お客様の中には、便秘に悩んでいるかたもたくさんいます。
そういう皆さんに、「ジャガイモを食べるといいですよ」とお勧めしています。

実際、ジャガイモをとるようになって、「便秘が解消した」「肌がツルツルになった」という声が多いのです。
美容にも健康にもいいジャガイモを、大いに利用してみてはいかがでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
お通じがつくときは、「突然、おなかが猛烈に痛くなり、トイレに向かう」というパターンがほとんどでした。それがスリッパをはくようになってからは、穏やかに便意がつくようになりました。形状も健康的なバナナ便に近くなってきました。おなかを下す回数も激減しました。【体験談】山川小百合(仮名・パートタイマー・51歳)
更新: 2019-01-07 18:00:00
発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)
更新: 2018-11-29 12:00:00
私は、朝いちばんに、コップ1杯分のオクラ水を飲んでいます。予想していたよりも味にクセはないので、寝起き直後でも無理なく飲めます。オクラ水を飲み続けて1ヵ月後、思わぬ効果が現れました。それは、逆流性食道炎の改善です。胃もたれがいつしか消えて、朝までグッスリと眠れるようになりました。【体験談】伊田晴子(主婦・71歳) 
更新: 2018-11-08 07:00:00
吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)
更新: 2018-09-28 10:07:51
友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)
更新: 2018-08-21 12:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt