医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

最近よく眠れてる?「睡眠自己診断シート」で自分の“睡眠力”を知ろう!

最近よく眠れてる?「睡眠自己診断シート」で自分の“睡眠力”を知ろう!

このシートは睡眠の専門医も患者さんの診断に活用しているものです。位相、質、量のそれぞれが、【良】【注意】【警戒】の3つのどれかに診断されます。その結果、自分がどこを改善すればいいのかがわかりやすくなっており、皆さんの睡眠の問題点が明らかになるのです。【解説】内村直尚(久留米大学医学部神経精神医学講座教授)


解説者のプロフィール

内村直尚(うちむら・なおひさ)
医学博士。久留米大学医学部神経精神医学講座教授。
久留米大医学部神経精神医学講座の助手、講師、助教授を経て、2007年4月から同講座教授。国内トップレベルの睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。日本睡眠学会の理事も務める。久留米大学で開発した『3次元型睡眠尺度マニュアル〜はたらく現代人のための睡眠チェックシート〜』(丸善プラネット)を監修。母校の明善高校に、日本で初めて「午睡タイム」を導入して14年になる。

睡眠専門医も使う最新のチェックシート

 私は4年前に、睡眠の「位相」「質」「量」を自己診断して、自分の睡眠状態を知る「3次元型睡眠尺度」を、同じ大学の松本悠貴先生と作成しました。下の表がそれです。
 このシートは睡眠の専門医も患者さんの診断に活用しているものですが、読者の皆さんも気軽にチェックできる内容になっています。

 なかでも「位相」というのは、聞きなれない言葉かもしれません。位相は、夜型か朝型か、睡眠習慣の規則正しさの度合いをチェックするものです。24時間型社会で、夜型が多くなった現代人には、この位相のチェックは欠かせません。「3次元型睡眠尺度」は、世界初の位相による睡眠の評価ができるものです。

「質」は、深く眠って良質な睡眠がとれているかどうかを見ます。質の低下はうつ病や睡眠時無呼吸症候群とも関連があります。

「量」は、じゅうぶんな睡眠時間が確保できているかを調べます。睡眠時間が足りないと、健康面で不調が多くなるほか、集中力の低下や、感情のコントロールができなくなる、といったことも起こります。

 この位相、質、量のそれぞれが、【良】【注意】【警戒】の3つのどれかに診断されます。その結果、自分がどこを改善すればいいのかがわかりやすくなっており、皆さんの睡眠の問題点が明らかになるのです。
 睡眠状態が悪いと、生活習慣病や認知症になりやすいこともわかっています。自分の睡眠状態を知ることは、健康に生活するうえでとても大事なことなのです。
 ぜひ、皆さんもこの「3次元型睡眠尺度」で、ご自身の睡眠状態を診断してみてください。

睡眠の専門医も活用する「睡眠自己診断シート」

読者の睡眠には質と量が足りていない

 さらに、今回は1000名以上の『ゆほびか』読者のかたが、チェックシートで自己診断し、アンケートに答えてくださいました。

 まず、「位相」はまずまずの結果で、就寝時間や起床時間は決まっている人が多いことがわかります。
 ただ、20代以下の人は、休日は平日よりも遅くまで寝ている人が多く、夜遅くまで遊んで起きている人も多いので、リズムが乱れがちです。

「質」と「量」は、どの年代も【注意】レベルで、寝つけなかったり、朝早く目が覚めたり、睡眠時間が足りていないことを表しています。

 特に50代の男性は、多忙で朝早く、夜が遅い仕事スタイルが影響しています。40代〜50代の女性は、受験で遅くまで勉強する子どもにつきあったり、朝早く起きてお弁当を作るケースも多いでしょう。さらに共働き家庭だと、女性の睡眠時間はもっと少なくなります。

■アンケート調査の概要

『ゆほびか』読者メルマガ会員にアンケートを実施、1010名から回答を得た。アンケート項目は、「睡眠自己診断シート」の質問1〜15(選択式)と、「あなたの実践している快眠のコツを教えてください」(自由記述式)。

アンケート参加者の回答を集計してみると

20代以下の男性は、休日は平日よりも遅く起きる人が多く、睡眠のリズムが乱れがちです。仕事が忙しい40代男性は、残業で夜が遅くなって、夜型に傾いてしまう人が増えます。

すべての年代で「注意」となっており、なかでも50代男性の質が最も低いという結果に。
「眠れない」という悩みを持つ人が増え、健康面での問題も出てきやすい年代です。

60代男性の量が一気に増えるのは、仕事を辞めて、たっぷり眠れる時間がとれるようになるから。働き盛りで、子どもの受験などもある40・50代の睡眠時間は短いのが特徴です。

快眠できない理由は労働時間が長いから

 データを見ると、日本人の睡眠状態は、仕事による環境要因の影響が多いことがわかります。
 40代・50代は、労働時間が長いことが、睡眠時間の短さに影響しているのです。

 また、深い睡眠が得られるゴールデンタイムは、午後10時〜午前3時頃までですが、この時間にたっぷり眠れている人は少ないでしょう。

 就寝時間が遅くなると、深い睡眠を得られにくくなるため、睡眠の質が下がり、「量」も「質」も【注意】という状態になってしまうのです。

 現在は「働き方改革」が進められていますが、生産性を上げるためにも、大事なのは労働時間ではなく、睡眠です。月に100時間以上残業すると、1日の睡眠時間が5時間を切ってしまいがち。すると、睡眠の「量」と「質」が低下し、業務でも健康面でも問題が起こりやすくなってしまいます。

 一方で、仕事から解放された60代男女の「量」はぐんと上がっています。定年退職で仕事をしなくなったり、子どもが独立して自分のリズムで眠れるようになった、といったことがデータから読み取れます。

読者が実践する「快眠のコツ」を 睡眠専門医がズバリ診断

アンケート参加者に聞きました「快眠のために工夫していることを教えてください!」


アンケートに回答した1010名の「快眠のコツ」を、内容別に集計した上位リスト(複数回答)。



●快眠を誘う音楽・自然音を流す……122名 ●お風呂でリラックス・温まる……78名 ●寝る前にストレッチ・体操・ヨガで体をほぐす……74名 ●日中から運動・ウオーキングなど体を動かす・疲れさせる……60名 ●スマホ・パソコンは見ない……49名 ●アロマ・お香など香りでリラックスする……46名 ●眠くなったらすぐ寝床につく……44名 ●寝床についたら何も考えない……38名 ●枕にこだわる……36名 ●部屋は暗くする……35名 ●深呼吸や腹式呼吸をする……31名 ●ミルク・ハーブティー・ココアなど就寝前に温かい飲み物を飲む……31名 ●夕食は控えめにして、寝る前には食べないようにする……30名 ●季節に合わせて寝具を工夫する……29名 ●寝床についたら楽しいこと・よかったことを考える……29名 ●就寝時間を決めて、それまでに寝るようにする……28名 ●寝床についたら読書をして眠くなるのを待つ……23名 ●足湯やマッサージ・ツボ押しなどで足を温める……21名 ●寝る前に瞑想・マインドフルネスを行う……18名 ●睡眠薬を飲む……18名 ●起床時間を決める、その時間に起きる……15名 ●お酒を飲む……14名 ●寝床についたら感謝の気持ちを持つ……14名 ●抱き枕などを利用して横向きで寝る……12名 ●寝る前にマッサージやツボ押しをする……11名 ●パジャマにこだわる……9名 ●日中、短時間のお昼寝をする……7名 ●快適に寝られるよう部屋の温度を調節する……7名

リラックスできる工夫をし正しい快眠法を実践している

 アンケートを見ると、正しい快眠法を実践されている人が多く、驚きました。

 最も回答が多かった「快眠を誘う音楽・自然音を流す」ですが、リラックスできる音楽は、副交感神経を優位にしてくれ、お勧めです。
 また、眠れないときには、睡眠以外のことに注意を向けることで眠りやすくなるため、静かな音楽を聴くのは有効なのです。

 人間は、体を温めた後、深部体温(※)が下がったときに眠くなるので、入浴、寝る前に「ストレッチなど軽い運動をする」「日中に体を動かす」は、良質な睡眠に役立ちます。

 なかでも、寝る前に「スマホ・パソコンを見ない」という工夫は、すべての人に行っていただきたいことです。明るい光は睡眠の質を低下させるので、寝る前から部屋を暗くし、スマホ、パソコン、テレビを見るのは控えましょう。

 日本人は、世界で最も「寝酒」の習慣がありますが、これはNG。アルコールは飲んで3〜4時間たつと覚醒物質に変わり、寝つきはよくても、睡眠が浅くなってしまいます。

「抱き枕」で横向きに寝ることは、気道が広がって、イビキが軽減するのでお勧めです。「枕」は寝返りが打てるよう、肩幅よりも広く、沈み込まないものを選び、立っているときの姿勢を、横になった寝姿勢で保てる高さが理想です。


※:脳や内臓などの体の内部の温度

◎こんな回答もありました◎

子どもと寝るのは睡眠の視点ではNG

 回答の中の「裸で寝る」は、NGです。寝ているときは汗をかきますが、裸だと蒸発しにくく、冷えも起こります。暑くても通気性、吸収性のいいパジャマを着ましょう。

 また、「子どもと寝る」という回答も、実はNGです。子どもでも夫婦でも、誰かといっしょに寝ると、相手の寝返りで目が覚めます。肌の温もりで安心感は得られますが、睡眠全体としては、一人で寝るのが良質な睡眠を得るための基本です。

「悩みを抱え込まない」「眠れなくても深刻にならない」というのは、快眠のためには大事な姿勢ですが、これがなかなかできないために、睡眠に悩む人が多くなっています。

 まずは、明るさ(30ルクス以下・月明かり程度)、音(40フォン以下・図書館程度)、室温(夏25℃、春秋20℃、冬15℃)、湿度(50〜60%)という「4つの睡眠環境」を整えることから始めるのもお勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

安らかに眠るには、交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態へ移行する必要があります。そのために役立つのが、風池というツボへの刺激です。風池は、自律神経の乱れを調節するのに有効な特効ツボとされています。腹式呼吸も行うとさらに効果的です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

今回は、歯ぎしりがひどくて熟睡できないというかたに、「ベロ回し」をお勧めします。右側の歯がすり減って左側の歯が伸びると、噛み合わせが悪くなります。すると、正しい噛み合わせを求めて、無意識のうちに歯をすり合わせるようになります。これが歯ぎしりです。【解説】玉川秀泰(永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長)


寝だめもOK?睡眠負債の解消法と予防のコツ

寝だめもOK?睡眠負債の解消法と予防のコツ

「眠りたいのに眠れない」と悩むのはやめましょう。それ自体がストレスになるからです。ましてや眠れないからといってすぐに睡眠薬を服用する必要はありません。睡眠負債を解消するうえで、特にお勧めの方法が「昼寝」です。時間としては、10~15分くらいがベストでしょう。【解説】枝川義邦(早稲田大学研究戦略センター教授・薬学博士)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)