MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

以前は、足の指や裏の感覚があいまいでした。けれど、今では歩く、立つなどしたとき、すべての指をはっきり感じられます。足の感覚が戻った頃、左の親指のつけ根の角度が小さくなり、外反母趾が改善したことを実感しました。また、小指の陥入爪も改善しました。【体験談】Y・T(仮名・会社員・50歳)

きれいなパンプスを履けるようになりたい

 4年くらい前から、左足の外反母趾が痛むようになりました。履き心地の軟らかい、ヒールのない靴なら痛みはありませんが、このままだと先々、親指の変形が進むのでは?と心配になりました。

 足の健康を取り戻し、ヒールのあるきれいなパンプスを履けるようになりたいと調べ、3年前、「きくち体操」をはじめました。人と比べるのではなく、「昨日より今日の自分がよくなったと思えたら、それでいい」という「きくち体操」の考えに共感を覚えたからです。

 体操をはじめてから、自分の足の指や裏をじっくり観察するようになり、5本の指が縮こまっていたり、「C」の字に曲がっていたり、足裏にタコができていたりすることに気づきました。

 そこで、毎晩「きくち体操」でケアするようになりました。指を伸ばすよう意識しながら、足の指を前後、左右に1本1本ひっぱったり、しごいたり、足の裏を指先からかかとに引き下ろすようにこすると、指がまっすぐ伸びます。

「足首回し」では、手と足でギュッと握手したら、力をゆるめ、足首に意識を集中しながら、ゆっくり大きく回します。60回くらいやると、ふくらはぎのむくみが解消し、シュッと細くなります。

今は全部の足の指をしっかりと感じ取れる

 足指で「グー」を作るときは、指の関節が甲にポコポコ出るように力を入れ、「パー」は、指を1本1本離し、開くことを意識しました。

 以前は、足の指や裏の感覚があいまいでした。けれど、今では歩く、立つなどしたとき、すべての指をはっきり感じられます。

 足の感覚が戻った頃、左の親指のつけ根の角度が小さくなり、外反母趾が改善したことを実感しました。また、小指の陥入爪も改善しました。

 そして、念願のヒールのある靴も、半日くらいなら履けるようになりました。きれいな靴を履くと気分も上がります。

 ヒールのある靴をはいて足が痛くなったときも、あわてません。いつものケアと「きくち体操」で足を労れば、翌日には足の元気が回復しています。「きくち体操」を通して、自分の体を丁寧に見て、対処できるようになったことは大きな収穫です。

きれいなヒールの靴が履けた

体を見るだけ、さわるだけでも脳で感じ取る感性が育つ(「きくち体操」創始者 菊池和子)

 Y・Tさんが実践されているように、自分の体を見る・さわるという行為はとても大切なことです。足の指を見るだけ、さわるだけでも、そこに意識を持っていくことなので、足の指と脳をつなげる第一歩です。毎日朝晩見ていると、脳で感じ取る感性が育ってきます。そして、動かすときには、「ご苦労様」「ありがとう」と声をかけましょう。自分の体を支え、自分のためだけに働いてくれる足です。感謝しましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt