医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


解説者のプロフィール

下津浦康裕(しもつうら・やすひろ)
●下津浦内科医院
福岡県久留米市東町496 東町ビル2F
0942-36-0620

下津浦内科医院院長。
1951年生まれ。福岡大学医学部卒業。聖マリア病院消化器科内科医長などを経て、1995年に下津浦内科医院を開業。衣食住の生活習慣や、電磁波環境の整備等の指導をしながら治療に当たっている。また、1986年から「バイ・ディジタルO-リングテスト」を臨床に生かし、糖尿病をはじめ、潰瘍性大腸炎やガンなどの難病の治療にも積極的に取り組んでいる。

毎朝のゴーヤジュースで私は7kgやせた!

 私は10年以上前から、ゴーヤを積極的に食べるよう、患者さんに勧めています。今回の「酢ゴーヤ」は、食養生(食事で健康を維持する考え方)においても、非常に理にかなった食べ方だと考えます。

 そもそも、私がゴーヤに注目したきっかけは、ゴーヤによる糖尿病の改善効果です。
 ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、膵臓から分泌されるインスリン(血糖値を調節するホルモン)と似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。

 そこで、糖尿病患者さんが多く来院する私の内科医院で、患者さんにゴーヤを勧めたところ、すばらしい効果が得られました。
 ゴーヤを常食されたほとんどのケースで、血糖値が下がり始めたのです。なかには、324㎎/㎗もあった血糖値が、3ヵ月で90㎎/㎗まで下がった男性もいました(基準値は110㎎/㎗未満)。しかも、ゴーヤを食べ始めると、直ちに効果が現れる人が多い点も特徴的でした。

 ゴーヤの効果は、血糖値だけではありません。チャランチンやモモルデシンには、コレステロール値や中性脂肪値の低下作用や高血圧の抑制作用もあります。過剰な塩分を排出する働きを持つカリウムが豊富な点も、血圧降下に有効です。

 ちなみにインスリンは、肝機能障害の治療に用いられることがあります。ですから、インスリンと似た働きをするゴーヤの苦み成分は、肝機能を助ける可能性も大いに期待できます。
 実際、ゴーヤを常食している私の患者さんには、糖尿病以外にも、高血圧や脂肪肝が改善した人や、ダイエットに成功した人がたくさんおられます。

 私自身も、ゴーヤをジュースにして毎朝飲んだところ、4ヵ月で体重が86㎏から79㎏になり、7㎏も減量できました(身長は171㎝)。便通がよくなり、食欲が自然と抑えられた感覚がありました。

血糖値が気になる場合完熟ゴーヤがお勧め!

 ただし、夏野菜であるゴーヤは、残念ながら冬場には、なかなか手に入りません。そこで、ゴーヤのほかにもう一つ、私が患者さんに勧めている食材があります。それは、年中入手できる、酢です。

 酢には、クエン酸という有機酸が豊富に含まれています。クエン酸が体内に入ると、「クエン酸回路」が活性化します。
 クエン酸回路とは、細胞内でエネルギーを産生するしくみのことで、クエン酸は、私たちの細胞を活性化させる中核となる物質です。

 つまり、クエン酸が豊富な酢をとれば、全身の細胞が若返り、臓器や皮膚、目などの老化防止に役立つのです。生命活動の根源がクエン酸にあるといっても、決して過言ではありません。

 ちなみに、エネルギー産生の際、原料として使われるのが、糖や脂肪です。ですから、クエン酸回路が活発に働けば、体内の脂肪燃焼も促進されます。

 そして、酢には酢酸も含まれています。酢酸には、血流をサラサラにする働きがあることが、多くの研究によって明らかになっています。

 つまり、ゴーヤと酢の薬効を同時にとれる「酢ゴーヤ」は、最強の健康食といえるのです。二つの健康食材を合わせることで、10+10という足し算ではなく、10×10といった相乗効果が期待できます。

 私は、ふだん、ゴーヤは1日40〜50g、酢は1日10〜20㎖とるよう、患者さんに勧めています。ですから、酢ゴーヤの場合も、1日40〜50gぐらいを目安に摂取すればよいでしょう。少量でも、毎日とることが肝心です。

 なお、基本の酢ゴーヤの作り方にはハチミツが入っていますが、血糖値が気になるかたは、なるべく入れないほうがいいでしょう。その場合は、青々とした若いゴーヤではなく、熟れて黄色くなる寸前ぐらいのゴーヤを使うのがお勧めです。糖度が上がっているため、ハチミツを入れなくても食べやすくなります。

 また、あまり店頭に出回らない冬場にもゴーヤをとりたい場合は、適当な大きさに切って冷凍保存しておくことをお勧めします。
 現代人の多くが抱える生活習慣病の改善に、二つの最強食材を活かした酢ゴーヤを、ぜひ活用してください。

互いの健康作用を相乗効果で引き出す!

→基本の「酢ゴーヤ」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

ハードなロケでも平気!女優・秋本奈緒美が毎朝の味噌汁に入れるものとは?

実をいうと私も、20年ほど前から、みそ汁に酢を入れています。きっかけは、お仕事でごいっしょした先輩が、みそ汁に酢を入れるのを見たことでした。意外な組み合わせに驚きましたが、お酢好きの私は、すぐにまねをしました。すると予想を上回るおいしさだったのです。それ以来、みそ汁には必ず酢を入れています。【体験談】秋本奈緒美(女優)


【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

【最新研究】納豆から「糖尿病予防につながる2つの成分」を世界で初めて発見!

今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)


LDLコレステロール値が下がった!「干しブドウ酢」で細かい文字もよく見える

LDLコレステロール値が下がった!「干しブドウ酢」で細かい文字もよく見える

体調の変化は、3ヵ月ほどで実感しました。まず、物が見えやすくなりました。私は読書が好きなのですが、今は細かい文字がボケません。目の休憩も、忘れてしまうことがあります。それくらい目の調子がよいのです。同じころに受けた健康診断では、LDLコレステロールの値が下がりました。【体験談】永井和(無職・81歳)


味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

味噌汁に酢を入れると健康効果アップ!絶品「酢みそ汁」12のアレンジレシピ

「酢が苦手」「酢の使い方がわからない」という人でも、みそ汁に入れると酸味が和らぐので、無理なく摂取できます。内臓脂肪を減少させて血圧を下げる酢と、血管を若返らせ、美肌効果が高いみその組み合わせは、最強の病気撃退食といえるでしょう。【料理・スタイリング】村山瑛子(料理研究家)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士)


ほとんどの日本人が足りていない…体に必要な「ある栄養素」とは?

ほとんどの日本人が足りていない…体に必要な「ある栄養素」とは?

マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)