MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)

シスター3人で昼と夜に毎日愛食!

沖縄本島からフェリーで30分ほどにあるサンゴ礁の島・伊江島は、小さいけれど自然豊かな、とても美しい島です。私は、2017年の3月まで5年間、そこの修道院に派遣されていました。夏が近づくと、伊江島の修道院で食していた、ゴーヤの甘酢漬けを懐かしく思い出します。

ゴーヤは、今では全国各地で栽培されるようになりましたが、沖縄のゴーヤはひと味違います。ゴーヤの苦みを苦いと感じさせない、なんともいえない深みがあるのです。亜熱帯に育つ滋味豊かなゴーヤは、沖縄の人たちへの、神様からの贈り物なのでしょう。

伊江島の修道院では、私が赴任する前から、ゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。そこで、私たちもその習慣を受け継いで、毎年、5月8日の「ゴーヤの日」のころになると、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。

厳密なレシピはなく、目分量です(下記作り方参照)。三温糖をたっぷり入れ、まろやかに甘酸っぱく、味を調整します。

これを、昼と夜に、毎日食していました。3人のシスター(修道女)が好きなだけいただきますから、2日くらいで食べ切ってしまいます。また、お客様が見えたときも、必ず食事の際にお出しするので、その日になくなることもしばしば。ですから、常に切らさないように、ほぼ毎日作っていました。
召し上がったお客様は、口をそろえて「おいしい!」と喜んでくださいます。

毎年甘酢漬けを作る村松さん

コレステロール値が上がらず体調も万全!

ゴーヤの甘酢漬けは、そのまま食べることが多いですが、庭でとれた野菜で作るサラダに加えることもあります。また、漬け酢もドレッシングがわりに使っていました。

残った漬け酢に酢と砂糖を継ぎ足して作っていたこともありましたが、そのつど甘酢を作って漬けたほうが苦みが抑えられておいしいことがわかったため、残った漬け酢は瓶に取っておくようにしました。

夏の暑いときに、これを20~40㎖ほどコップに注ぎ、そのまま飲みます。飲むと身も心もシャキッとするので、私たちは「シャキットジュース」と呼んでいました。ゴーヤの成分が酢にも出ているので、夏バテ防止にもなったと思います。

ゴーヤの甘酢漬けは、毎日食べても、飽きることはありません。それどころか、ゴーヤのない時期は何か物足りなく、寂しく感じるくらいです。

沖縄は日ざしが強く、夏は夜になっても気温が下がりません。私たちは、ボランティアで島のあちこちに行きましたが、バスの便が少ないので、たいてい、歩きました。それでも、夏バテしたり、体調をくずしたりするようなことはありませんでした。きっと、ゴーヤの甘酢漬けで、元気をいただいていたからでしょう。

私は、毎年受けている健康診断で、以前からコレステロール値が高めだと指摘されていました。しかし、その数値が上がることはなく、そのほかの検査値も良好です。もしかすると、ゴーヤの酢漬けが、数値上昇の予防に役立っているのかもしれません。

また、私は伊江島にいる間は、毎日のように汗をかいて、自然とスリムになりましたが、体力が落ちることはなく、全身が健康的に引き締まりました。これも、ゴーヤの甘酢漬けを始め、ふだんから地元の食材を食べていたおかげだと思います。

現在、私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って、甘酢漬けを作っています。これも、こちらのシスターたちに好評です。
土地は変わりましたが、ゴーヤの甘酢漬けを食べて、元気に過ごしたいと思います。

村松さんのゴーヤの甘酢漬けの作り方

【材料】
ゴーヤ…中1本半程度、酢…200~250ml、三温糖…100~150g

【作り方】
❶ゴーヤは種とワタを取り、2〜3㎜幅にスライスする。
❷深めの容器(500㎖程度)に酢と三温糖を入れて、よくかき混ぜる。

❸②に①を入れてふたをして、冷蔵庫に1日おいて完成。漬けている途中、清潔な箸で上下を入れかえると、味が均一になりやすい。

※漬けている間、ゴーヤから水分が出るため、漬け酢はゴーヤが少し出るくらいの量でよい。

ゴーヤの苦み成分でコレステロール値が安定(下津浦内科医院院長 下津浦康裕)

ゴーヤの苦み成分であるチャランチンやモモルデシンには、コレステロール値や中性脂肪値を下げる作用があります。これらが、村松さんのコレステロール値の維持に役立ったと思われます。また、ビタミンCが豊富なゴーヤと、疲労回復効果が高い酢をいっしょにとり続けたことで、夏バテとは無縁の体になったのでしょう。

ただし、糖尿病ではないにせよ、漬ける砂糖の量が気になります。フルーティーなリンゴ酢で漬けたり、熟れたゴーヤを使用したりすると甘みを感じやすくなります。ぜひ「減糖」も心がけてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt