MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

腰が痛くてイスから立ち上がれない、腰の周りが重くて違和感がある、足がしびれて途中で休まないと長時間歩けない、といった症状にお悩みのかたはいませんか。これらはすべて、脊柱管狭窄症の症状です。腰の痛みやしびれが生じるのが一般的ですが、足だけに症状が現れるケースも少なくありません。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)

意識しなくても自然に体軸が整う

「腰が痛くて、イスから立ち上がれない」「腰の周りが重くて違和感がある」「足がしびれて、途中で休まないと長時間歩けない」といった症状にお悩みのかたはいませんか。

 これらはすべて、脊柱管狭窄症の代表的な症状です。背骨にある脊髄中枢神経の通り道を脊柱管といい、その脊柱管が狭くなることで起こるのが脊柱管狭窄症です。腰に痛みやしびれが生じるのが一般的ですが、足だけに症状が現れるケースも少なくありません。

 昨今、脊柱管狭窄症は中高年を中心に増加傾向にあり、私の治療院にも多くの患者さんがいらっしゃいます。そして、脊柱管狭窄症に悩むかたの体を見てみると、ほとんどが体の軸が大きくゆがんでいるのがわかります。この「体のゆがみ」こそ、脊柱管狭窄症の大きな原因の一つだと私は考えています。

 皆さんは、いつもイスに座るときに足を組んでいたり、どちらか一方の手で荷物を持っていたりしませんか。これらを日常的にくり返していると、しだいに体軸はくずれていきます。すると、脊柱管を構成する組織に変性が生じて、脊柱管の内部を通る神経を圧迫し、痛みやしびれの発生につながるのです。
 ですから、まずはこれらのクセを矯正し、症状の原因となる体のゆがみを整えなければなりません。しかし、いくら意識しても、長年染みついた日常的なクセを直すのは容易ではないでしょう。

 そこで、特に意識しなくても、自然に体軸を整えられる方法として考案したのが、「ゴムバンド整体」です。

ゴムを巻くだけで歩くスピードが速くなった!

 やり方は、とても簡単です。まず、100円ショップなどで市販されているウエスト用のゴムバンド(幅は2・5〜3cm)を用意します。それをはさみで約17cmの長さに切り、両端を糸で縫いつけてください。これを二つ作り、痛みやしびれを感じているほうの足の土踏まずと足首に、それぞれ巻きます。腰全体が痛かったり、両足にしびれがあったりする場合は、四つ作って両足に巻きましょう。

 巻いたときに、痛く感じない程度の締めつけぐあいが最適です。きつかったり緩かったりする場合は、ちょうどいい長さに調節するといいでしょう。また、このとき、縫いつけたところが地面に当たらないようにしてください。
 足の土踏まずにゴムバンドを巻くと、甲の骨が締め上げられ、土踏まずの凹みが形成されます。それにより、足裏に正しいアーチが生まれ、足裏全体に体重がかかるようになります。

 加えて、足首にゴムバンドを巻くことで、加齢とともにぐらつきやすくなる足首がしっかりと固定されます。体が左右にぶれなくなるのです。
 このように、足の重要な可動部を固定することで、体の土台が安定し、骨が正しい位置へと戻ります。土台がしっかりすれば、足の上に位置するひざや骨盤、背骨もまっすぐになり、全身のゆがみが矯正されます。脊柱管を通る神経への負荷も軽減され、脊柱管狭窄症による痛みやしびれが改善するでしょう。

 では、実際にゴムバンド整体によって症状が改善した例をご紹介します。

 70代後半の男性・Aさんです。Aさんは初めて来院されたとき、腰の痛みがひどく、歩くのがつらくてしようがないと訴えていました。イスから立つときも、痛みを必死にこらえている姿が印象に残っています。
 Aさんの場合、全身が左に傾いていたので、ゴムバンド整体を勧めました。すると、半月ほどで痛みが大きく軽減。おかげで、歩くスピードも速くなったと喜んでいました。
 脊柱管狭窄症の特徴の一つとして、足にしびれが生じて長時間歩けなくなる間欠性跛行という症状がありますが、それもゴムバンド整体によって改善が期待できます。

 Bさん(85歳・男性)は、数年前から私の治療院に通っていますが、2016年から左の太ももの痛みに悩まされるようになりました。自宅から私の治療院まで、徒歩10分ほどの距離にもかかわらず、途中で3回ほど休憩しなければ来られないとのこと。つえをつきながら、20分以上かかっていたようです。
 そこで私は、痛みのある左足にゴムバンドを巻くように勧めました。すると、装着後すぐに歩くのが楽になり、3週間ほど経過すると、痛みはかなり治
まったようです。おかげで、当院まで途中で休憩することなく、来られるようになりました。体のゆがみも整い、背中がまっすぐになっています。

 ゴムバンドを装着するのは、ウォーキングなどの運動時や、家事の最中など、基本的に体を動かすときです。安静時に巻いてもかまいませんが、就寝時には必ず外すようにしましょう。
 ぜひ、ゴムバンド整体を毎日続けてください。

ゴムバンド整体のやり方

解説者のプロフィール

花谷貴之
 柔道整復師。1973年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。学生時代には、リレーや走り幅跳びの選手として全国大会で活躍。柔道整復師の資格を取得し、現在は埼玉県で花谷接骨院を運営。体のゆがみを正し、あらゆる不調を取り除くメソッドを数多く考案。雑誌やテレビなどでも活躍中。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)
更新: 2019-06-09 18:00:00
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt