MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

【酢ニンジン】今すぐ真似したい! 多忙医師が実践する健康管理食

生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。【解説】伊藤明子(赤坂ファミリークリニック院長・東京大学医学部附属病院医師)

解説者のプロフィール

伊藤明子(いとう・みつこ)
●赤坂ファミリークリニック
東京都港区赤坂二丁目15-15 赤坂プラザビル3階
03-5562-8825
https://www.afc.tokyo/

赤坂ファミリークリニック院長。東京大学医学部附属病院医師。
東京外国語大学卒業。帝京大学医学部卒業。東京大学大学院卒業。東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学・健康医療政策学教室非常勤講師。専門は小児科と公衆衛生。一般診療に加え、栄養・食事療法、ストレス管理、障害のある小児の診療を中心に行う。同時通訳者・翻訳者。2児の母。

コレステロール値や中性脂肪値の降下に有効

 私たちの体は、食べた物で作られています。だからこそ、いかに選び、どう食べるかが、健康の決め手となります。

 そこで、私が重視しているのが、常備菜です。現代人は忙しく、仕事や家事などに追われ、料理に手間ひまをかける余裕がなかなかありません。しかし、加工食品や外食に頼ってばかりでは、栄養が不足したり、偏ったりしてしまいます。
 忙しさにかまけて健康を犠牲にしないためにも、栄養価の高い常備菜を、冷蔵庫に一品、用意しておくと安心です。

 実際に私も、常備菜を活用して健康を維持しています。私は小児科医と並行して同時通訳の仕事を請け負う一方で、2児の母としても奮闘してきました。多忙ななかでも元気でいられるのは、日々の食生活に気を配ってきたおかげでしょう。

 ちなみに、私の冷蔵庫に入っている常備菜のうち、ひときわ大きな存在感を放っているのが野菜や根菜、豆類などの、酢漬けです。
 酢には高い防腐・抗菌作用があるので、酢漬けにすることで長期保存が可能になるという利点があります。加えて、酢そのものの健康機能性が高いので、組み合わせる食材によっては大変優秀な常備菜となるのです。

 そこで今回は、ニンジンの酢漬け「酢ニンジン」の、優れた健康効果について説明します。
 酢の主成分は酢酸で、健康作用は多岐にわたります。しかもその効果は、国内外の多くの研究により、分子レベルで実証されています。
 疲労回復や食欲増進への効果は、おそらく皆さんも実感したことがあるでしょう。

 とりわけ注目されるのが、血圧や血糖値、コレステロール値、中性脂肪値などを降下させる作用です。また、酢の摂取は代謝を高めるため、疲労回復や肥満解消、アンチエイジングにも効果が期待できます。

酢ニンジンのココがすごい!

⃝血圧・血糖値・コレステロール値・中性脂肪値などを下げる!
⃝疲労回復、肥満解消、老化防止に役立つ!
⃝皮膚・粘膜・骨・歯・髪の健やかな発育を促す!
⃝体の抵抗力・免疫力を高める!
⃝目の機能を維持する!
⃝便秘を解消し腸内環境を改善する!

ニンジンは抗酸化力も抗糖化力も高い!

 生活習慣病や老化の原因は、体内の「酸化」と「糖化」です。酸化とは、体内で発生した活性酸素が細胞を傷つける現象。糖化とは、体内の過剰な糖質がたんぱく質と結合し、AGE(糖化最終生成物)が蓄積していくことを指します。

 生物は皆、酸化と糖化から逃れることはできません。しかし抗酸化力や抗糖化力の高い食品をとることで、その進行を遅らせ、抑制することが可能です。
 そして、酢は高い抗酸化力を持っていることから、生活習慣病や老化防止に役立つのです。

 ニンジンも、また同様です。ニンジンの強力な抗酸化力のもとは、主にβカロテンです。
 βカロテンはカロテノイド色素の一種で、体内でビタミンAに変換されます。豊富なビタミンは体の糖化を防ぐので、ニンジンは、抗酸化力も抗糖化力も高い食材といえます。

 ビタミンAは、その名が示すとおり、最初に発見されたビタミン。古くからさかんに研究されています。皮膚や粘膜、骨や歯、髪の新陳代謝を促進し、健やかな発育を促します。
 丈夫な皮膚バリアの形成に役立つことから、体の抵抗力を高めます。目の機能維持とも深いかかわりがあり、ビタミンAが不足すると夜盲症になるのは、よく知られているところです。

 ビタミンAは、動物性食品やサプリメントからも摂取できますが、とり過ぎは頭痛などのビタミンA過剰症を引き起こす可能性があります。とはいえ、野菜からβカロテンという形でとるぶんには、必要量だけ体内でビタミンAに変換されるため、毎日毎食、多量に食べるのでなければ、心配はいりません。

 また、ニンジンに豊富に含まれる食物繊維にも、重要な役割があります。
 食物繊維は、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促すことで、便秘を改善に導きます。さらに注目すべきは、腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境を改善する働きです。

 腸は消化管ですが、人体最大の免疫器官でもあります。「腸管免疫」といい、体の免疫機能の6~7割を、腸が担っているのです。つまり、腸内環境を整えることは、全身の免疫機能の向上に直結します。

 加えて、近年新しく出てきた考え方に「腸皮膚相関」というものがあります。腸内環境のよしあしは、皮膚とも密接な関連があるとして、研究が進められているのです。ニンジンを食べることで、食物繊維の腸内環境改善作用と、βカロテンの代謝促進作用が相乗し、肌状態の改善に、大いに貢献するでしょう。

 こうして見てきたように、酢にもニンジンにも、強力な健康作用があります。もちろん私もふだんから、組み合わせて食べるよう意識しています。
 忙しい現代人の健康を支える常備菜・酢ニンジン。皆さんもぜひ、お試しください。

基本の酢ニンジンの作り方

監修◎金丸絵里加(料理研究家・管理栄養士・女子栄養大学講師)

エネルギー:362kcal 塩分:3.4g(全量)

【材料】(作りやすい分量)
・ニンジン…大2本(400g)
・塩…小さじ1/2
・酢…400~600ml(容器の大きさにより調整)
※穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど、お好みの物でOK。
・ハチミツ…大さじ2

❶ニンジンをせん切りにする。

❷ボウルに①を入れて塩を振り、よくもみ込む。

❸②を煮沸消毒した容器(ジッパーつきの保存袋でも可)に入れ、よく混ぜた酢とハチミツを、ひたひたになるまで注ぐ。ふたをして、冷蔵庫で保存する。

※漬けて30分ほどで食べられるが、時間をおいたほうが味がなじむ。2~3週間は日持ちする。
※取り出す際は清潔な箸などを使う。
※残った漬け酢は、ニンジンを漬けるのには再利用しない。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)
更新: 2019-04-19 18:00:00
酢に漬けることで干しブドウが軟らかくなるので、とても食べやすく感じました。 こうして干しブドウ酢を食べていたところ、すぐにお通じがよくなりました。このころには肌の調子もよくなり、化粧ののりがよくなりました。肝心の血圧が下がり始めたのは、干しブドウ酢を食べ始めて2ヵ月ほどたったころです。【体験談】小林玲子(主婦・76歳)
更新: 2018-11-16 12:00:00
コンブには、フコイダンやアルギン酸といった多糖類が豊富です。これは海藻特有のヌルヌル成分で、水に溶ける性質を持ちます。これらの多糖類には、余分な脂質や糖、有害物質などを包み込んで、体外に排出する働きがあります。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・医学博士・富山大学医学部臨床教授)
更新: 2018-10-23 10:31:45
先生からのアドバイスは「3食のどこかにキュウリを取り入れればいい、くらいの軽い気持ちで行うこと」「キュウリはひと口につき20回嚙んで食べること」でした。実践してみたところ、血圧は降圧剤を飲まなくても122/74mmHgで安定しています。【体験談】橋本真由美(仮名・パート・48歳)
更新: 2018-10-13 12:00:00
梅の特徴といえば、強烈な酸味が挙げられますが、数々の薬効の源は、まさにあの酸っぱさにあります。これらの正体は、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸です。クエン酸回路が機能し、血流がよくなることで、高血圧の改善にもつながります。【解説】額田均(額田医学生物学研究所理事長・医師)
更新: 2018-09-26 12:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt