医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

私は遠方からの通院なので、初診のときにしっかりとした治療をしていただきました。仰天したのは、その日の帰り道です。車を運転しながら、信じられないくらい肩が軽くなっていることを実感しました!そして、その晩、床に就いてみると、いつも聞こえてくるはずの耳鳴りが聞こえないのです。【体験談】熱川睦子(仮名・主婦・77歳)


噛み合わせが悪いと耳鳴りや頭痛が起こる!?

私が耳鳴りに悩まされるようになったのは、50代の終わりごろです。両耳から「ザッザッザッ」という音が聴こえるようになりました。
昼間は、生活音や人の声がしているため、紛れて気になりません。しかし、夜ふとんに入り、辺りが静かになると、あの「ザッザッザッ」が聞こえてくるのです。音を気にしだすと、とても眠ることなどできませんでした。

また、耳鳴りと呼んでいいのかわかりませんが、耳の中で、心臓が鼓動する「ドクドク」というような音が聞こえることもよくありました。
最初のうちは、この耳鳴りは更年期障害の一つなのだろうと思っていました。しかし、還暦を過ぎ、更年期といえる時期を過ぎても、耳鳴りは続いていました。

我が家は自営業で、力仕事もしなければなりません。そのせいか、耳鳴りだけではなく、ひどい肩こりや頭痛にも悩まされていました。

別の病気で内科を受診したとき、耳鳴りについて相談したことがあります。ところが、その内科の医師は、「それは年齢的なものですよ」といって、まともに取り合ってくれませんでした。加齢によって生じる症状だから治しようがない。我慢してつきあえ、といいたげでした。

そんなことがあったので、わざわざ耳鼻咽喉科に行く気にはなりませんでした。どうせ診察を受けてみたところで、同じようなことをいわれるだろうと思ったのです。私は半ばあきらめて、耳鳴りや頭痛を我慢し続けていたのです。

それが、おそらく4~5年くらい続きました。つらい状態に変わりはなく、改善する方法も見つからないままでした。

そんなとき、ある講演会が開催されました。テーマは、顎関節症など歯科についての問題でした。以前から、私は、顎の調子がおかしくて悩んでいたので、いい話が聴けるかもと出かけていきました。

その講演会で玉川秀泰先生のことを知ったのです。先生の歯科医院では、噛み合わせをしっかり調整してくれるとのことで、ぜひ一度行ってみたいと思いました。しかし残念なことに、私の家から先生のクリニックまでは、車で1時間半もかかるのです。かなり遠くて通院が大変なので、ためらっていました。

そうこうするうちに、顎の状態がいよいよ悪くなってきて、ガクガクと音がするようになりました。私は思い切って、玉川先生のクリニックを訪ねることにしたのです。

びっくりしたのは、玉川先生から、顎や歯のことだけではなく、耳鳴りや頭痛などの症状について質問を受けたことです。
先生のお話によると、噛み合わせが悪いことによって、耳鳴りや頭痛が起こることがあるといいます。噛み合わせをきちんと治せば、耳鳴りもよくなるというのです。

最初の治療以来一度も耳鳴りはしない

玉川先生の診断によると、私の噛み合わせには確かに問題があるということでした。本来であれば、いくつかの段階を踏んで噛み合わせの治療をしていくとのこと。私は遠方からの通院なので、初診のときにしっかりとした治療をしていただきました。

仰天したのは、その日の帰り道です。車を運転しながら、信じられないくらい肩が軽くなっていることを実感しました!
そして、その晩、床に就いてみると、いつも聞こえてくるはずの耳鳴りが聞こえないのです。ピタリと音が止まっていました。

この体験は、今から13年ほど前のことになります。そして、玉川先生に噛み合わせを治してもらったあの日以来、一度も耳鳴りが起こっていないのです。ひどかった肩こりもすっかり楽になり、頭痛も起こらなくなりました。

その後、玉川先生からは、「噛みグセが噛み合わせを壊すから、必ず両方の奥歯で噛むこと」と指導されました。食事の際は、できるだけそれを心がけるようにしています。

噛み合わせというのは、ほんとうに大事なものだと思います。あれほどつらかった耳鳴り、肩こりや頭痛が、噛み合わせを治しただけで、一瞬にして消えてしまいました。ほんとうに驚くばかりで、玉川先生には、心から感謝しています。

必ず両方の歯で噛む!

左右の歯でバランスよく噛んで不定愁訴を克服(永覚歯科クリニック院長 玉川秀泰)

熱川さんは、噛み合わせに問題があり、上下の歯がほとんどまともに当たっていない状態でした。そのために、耳鳴り、肩のひどいコリ、頭痛が起こったのです。

このような場合、耳鳴りを治すために耳鼻咽喉科を、頭痛を治すために内科を訪ねても、なかなか改善しないことは少なくありません。それぞれの症状を引き起こしている根本の原因が、歯の噛み合わせの不具合にあるからです。

噛み合わせの不具合を治療し、さらに、ふだんの食事においても、左右の歯でバランスよく噛むことを心がけること。それこそが、治りにくい不定愁訴を克服するいちばんの近道なのです。

→「両側同時咀嚼法」とは

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り

関連する投稿


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)


起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

とても簡単な方法なので、少しやっていると、コツがつかめました。それからは、家で朝晩、両手に手首押しを行うようになりました。昼にテレビを見ているときなどにも行いました。すると、ふらつきはどんどん軽くなって、4〜5日で、まったく出なくなったのです。【体験談】伊藤清美(仮名・無職・82歳)


【ガムでトレーニング】耳鳴りやめまいの原因になる「片側で噛む癖」を治す方法

【ガムでトレーニング】耳鳴りやめまいの原因になる「片側で噛む癖」を治す方法

噛み合わせがズレたままの顎で食べ物を噛むたび、衝撃が耳に伝わります。それがくり返される結果、噛みグセのある側に耳鳴りや難聴が起こるようになるのです。こうした状態が悪化すれば、内耳の三半規管にも悪影響を及ぼし、めまいも起こってきます。【解説】玉川秀泰(永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長)


耳の専門医が勧める【耳鳴り・難聴に効く食事】摂りたい食品と避けたい食品

耳の専門医が勧める【耳鳴り・難聴に効く食事】摂りたい食品と避けたい食品

栄養状態を良好に保つことは、加齢性難聴を中心とした耳の病気の発症に大きくかかわるだけでなく、症状を改善に導くために欠かせません。私がまず勧めているのは、大豆食品や卵です。大豆や卵黄には、レシチンというリン脂質の一種が豊富に含まれています。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)