医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

【鍼灸師直伝】自分で押せる! 耳鳴り・難聴に効く3つのツボ&めまいのツボ

耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。【解説】三宅さやか(はり治療院睛聴院長)


解説者のプロフィール

三宅さやか(みやけ・さやか)
●はり治療院睛聴(みやけ鍼灸院改称)
東京都新宿区四谷1-18
080-4332-3849
http://mimitome.com/

はり治療院睛聴院長。
大学卒業後、民間企業に勤めているとき、東洋医学に出合う。10数年の会社員生活に終止符を打ち、鍼灸専門学校へ入学。国家資格取得後は、セタガヤ治療室の佐藤信雄院長に師事し、耳と目の症状を緩和する鍼治療を学ぶ。セタガヤ治療室の福岡移転に伴って独立し、現職。自身も耳鳴りやめまいを患った経験があるため、「相談しやすい」との声が多い。

気と血の滞りが解消し不調が改善する!

私の治療院には、耳鳴りや難聴、めまいの症状を訴える患者さんがたくさん見えます。病院で検査をしても異常がなく、薬の効果も感じられずに、わらをもつかむ思いで当院にたどり着いたかたも少なくありません。

私は主として鍼治療を行いますが、自分で行うツボ押しもお勧めしています。簡単で安全なので継続しやすく、実感も得やすいようです。

東洋医学では、生命エネルギーである気の流れが滞ることで、さまざまな症状や病気が生じると考えます。
気の通り道が、経絡です。そして、経絡上に点在するポイントを経穴といいます。この経穴が、一般的にツボと呼ばれているものです。

体に不調があると、関連するツボに、気と血(血液を含む体液)の滞りが起こります。そうしたときにツボを押すと、痛みを感じたり、ほかの場所よりもかたかったりするでしょう。

ツボに適切な刺激を与えると、気と血が流れだし、痛みやかたさが和らぎます。それに伴って、ツボに関連する不調が改善に向かうのです。

回数を多く行うより毎日続けることが大事

今回ご紹介するツボは、いずれも耳を取り巻く気と血の流れをスムーズにする作用があります。耳鳴りや難聴、めまいといった症状改善が期待できます。

最近は、働き盛りの40代50代のかたが、ストレスによって耳鳴りや難聴、めまいを起こすケースが増えています。
耳鳴りや難聴、めまいは、重篤な病気のサインである場合もあるので、まずは耳鼻科か脳神経外科を受診しましょう。「原因不明」「ストレスによるもの」といった診断であれば、鍼灸治療を併用すると早期回復が望めます。

鍼灸治療は多くても週に1回程度なので、セルフケアが大事になります。鍼の効きめが格段に上がりますし、「自分で自分の体を治す」という意識は非常に大切です。

時間を決めて行ってもよいですし、電車やエレベーターを待っている間や、テレビを見ながらなど、手の空いているときに行ってもかまいません。大事なのは、回数を多く行うことよりも、毎日続けることです。

手の空いているときにツボを押そう!

耳鳴りと難聴、めまいに効くツボ押しのやり方

では、耳鳴りと難聴、めまいに効くツボ押しのやり方を紹介しましょう。まず、耳鳴りと難聴に効く三つのツボの位置を説明します。

ツボの押し方は、どこも同じです。指の腹をツボの位置に当て、「痛いけれど気持ちいい」と感じる程度の強さで、「い〜ち、に〜い、さ〜〜ん」というテンポで押して、ゆっくりと力を抜きます。一つのツボに対して、3回くり返し、これを1セットとして、1日1〜3回行いましょう。

耳鳴り・難聴に効くツボ「中渚」

一つめは、中渚というツボです。このツボは手の甲にあります。薬指と小指の間を、反対の手の指でたどっていき、指が止まるところが中渚です。ただし、「このツボを正確に押さなければいけない」というわけではありません。手の甲の薬指と小指の間を触ってみて、いちばん痛いところを刺激すればいいのです。

手の甲の薬指と小指の間を触り、最も痛いところを押す。

耳鳴り・難聴に効くツボ「足臨泣」

二つめのツボは足臨泣です。このツボは足の甲にあります。薬指(第4趾)と小指(第5趾)の間を手の指でたどり、行き止まりが足臨泣です。手の甲と同様、薬指と小指の間を触って、いちばん痛いところを押して刺激します。

足の甲の薬指(第4趾)と小指(第5趾)の間を触り、最も痛いところを押す。

耳鳴り・難聴に効くツボ「翳風」

三つめは、耳の近くにある翳風というツボです。スマートフォンやパソコンの画面を長く見ていると、ここがこってかたくなります。
翳風は、耳たぶの後ろ側にある骨の出っ張り(乳様突起)の下のくぼみにあります。押したとき、ズンと響くところを刺激します。

耳たぶの後ろ側にある骨の出っ張り(乳様突起)の下のくぼみを左右の手の親指で同時に押す。

ツボを刺激すると、耳鳴りの音色が変わったり、音が大きくなったりすることがあります。これは、ツボ刺激によって体が反応しているという現れなので、心配はいりません。ツボ刺激を続けてください。

めまいに効くツボ「百会」

最後は、めまいに効く百会のツボです。このツボは、頭のてっぺんにあります。左右の耳の穴を結んだ線と、眉間の中心から頭のてっぺんに向けた線が頭上で交わるところにあります。額の生え際の左右中央を、つむじに向かって触っていき、いちばん痛いところを押して刺激します。

左右の耳の穴を結んだ線と、眉間の中心から頭のてっぺんに向けた線が、頭上で交わるところ。その周辺を触り、最も痛いところを押す。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

歯の「噛み合わせ」が長年の耳鳴りの原因だった! 治すと一瞬で消えてビックリ

私は遠方からの通院なので、初診のときにしっかりとした治療をしていただきました。仰天したのは、その日の帰り道です。車を運転しながら、信じられないくらい肩が軽くなっていることを実感しました!そして、その晩、床に就いてみると、いつも聞こえてくるはずの耳鳴りが聞こえないのです。【体験談】熱川睦子(仮名・主婦・77歳)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

起き上がりのふらつきが「手首押し」で消えた! 諦めていた耳鳴りも改善して仰天

とても簡単な方法なので、少しやっていると、コツがつかめました。それからは、家で朝晩、両手に手首押しを行うようになりました。昼にテレビを見ているときなどにも行いました。すると、ふらつきはどんどん軽くなって、4〜5日で、まったく出なくなったのです。【体験談】伊藤清美(仮名・無職・82歳)


風邪によるめまい・ふらふらめまいを治すには「首の後ろを温める」といい!

風邪によるめまい・ふらふらめまいを治すには「首の後ろを温める」といい!

首の後ろを温めると上咽頭の血行がよくなり、うっ血状態が改善します。浮動性めまいの場合、上咽頭のうっ血が解消するだけで、症状が軽快するケースが少なくありません。首の後ろを温めて上咽頭の血流が改善されると、この部位のリンパの流れがよくなり、脳の老廃物がスムーズに排出されます。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)