医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


薬に頼らずに根治を目指した

私は、ここ数年、耳鳴りやめまいに悩まされるようになりました。
耳鳴りは、右の耳で鳴っているか、それとも左の耳なのか、はっきりわかりませんが、頭の中で鳴っているように聞こえます。「キーン」という高い音がします。
耳鳴りは、常時起こっているわけではありません。たいてい突然起こるのですが、疲れると起こりやすい傾向はあったかもしれません。

一方、めまいは、仕事の最中に、クラクラすることが多くありました。天井がグルグルと回転して転倒するようなひどいものではなかったので、最初は、ただの立ちくらみかと思いました。
しかし、立ちくらみなら、急に立ったときに起こるものですが、私の場合は、動作に関係なく起こるのです。頻度は何日かに1回程度でしたが、過去にめまいの経験が一度もなかったので、かなり頻繁に起こっているように感じられました。しかも、それがなかなか治まらずに続くので、だんだん心配になってきたのです。

めまいや耳鳴りをこのままほうっておいて、「だんだん悪化していったら嫌だな」という思いがありました。それでも、耳鼻咽喉科には足が向きませんでした。私は、西洋医学の病院があまり好きではないからです。診察を受けて薬が処方されれば、少しは改善するのかもしれません。

ただ、薬でよくなっても、それは根治ではなく、症状をごまかしているだけではないかと思うのです。薬を飲み続けなければならなくなったら、かえって体に悪いのでは、と考えてしまいます。
そんなとき、中野坂上治療院の古賀直樹先生(記事めまいに特効「首ほぐし」参照)を知人から紹介されました。私のように、西洋医学に不信感を抱いているタイプには、東洋医学のほうが信頼できると思えたので、早速伺うことにしたのです。

首のコリがほぐれて耳鳴りやめまいが解消!

古賀先生は、治療だけでなく、私が知らなかった知識をいろいろ教えてくれます。「なるほど、こういうしくみで体がよくなるのか」と腑に落ちるところが多く、大変興味深く話を聴くことができました。

先生から指摘されたのが、首のコリでした。
私の首は、ガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。このため、首をほぐせば、耳鳴りやめまいを解消できるといいます。

私は仕事柄、首がこることが多かったので、それが原因で耳鳴りやめまいが起こるという、古賀先生の指摘は、実に納得のいくものでした。

そのコリをほぐす「首ほぐし」を教えていただいたので、早速、毎日行うようにしました(やり方は記事めまいに特効「首ほぐし」参照)。ふと思いついたとき、仕事の休憩時間など、ちょっと時間が空いたときに、積極的に行うようにしました。

この首ほぐしを毎日続けてから、2週間ほど経ったときのことです。ふと、「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。もちろん、薬は服用していませんし、首ほぐしをすること以外、何も変わったことはありません。

古賀先生がお話ししてくれたとおり、首のコリがほぐれたことで、耳鳴りやめまいの症状が自然に和らいだのでしょう。これからも首ほぐしを続けて、耳鳴りやめまいが再び起こらないように、しっかりケアしていきたいと思います。
こんなに短期間で、症状を解消してくださった古賀先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

首のコリがスッキリ

血管や神経への圧迫が緩和され症状が改善(中野坂上治療院院長 古賀直樹)

耳鼻咽喉科で調べても、「原因不明」「異常なし」といわれるめまいや耳鳴りは、首のコリが原因であることがあります。首の筋肉が硬直すると、脳や内耳への血流、リンパ液や神経の流れが滞り、めまいや耳鳴りを引き起こします。
首ほぐしをすれば、血管や神経への圧迫が緩和されるので、血流やリンパ液の循環がよくなり、症状が改善していきます。

→「首ほぐし」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り めまい 首こり

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)