MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
更年期の高血圧を「バナナ酢」で改善! 3kgやせ、疲れ知らずの体になった

更年期の高血圧を「バナナ酢」で改善! 3kgやせ、疲れ知らずの体になった

大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120mmHg、最小血圧が70mmHgに下がり、正常値に。【体験談】山口玲子(食品輸入会社経営者・54歳)

更年期の不快症状で仕事にも支障が出た

私は昨年11月ごろから、更年期障害に悩まされるようになりました。体のあちこちがギシギシするようになり、何をするにも体が重く感じられるようになったのです。

頭痛持ちではなかったのですが、ひどい肩こりのせいか、頭も重く、足腰は硬くなり、おなかが張る感じもありました。

そのため、以前のようにサクサクと仕事がこなせなくなり、集中力もなくなりました。午後5時を過ぎるころには、疲労感と体のだるさで、動くことさえままならない状態が何日も続くようになったのです。

夕方に、お客さまや社員とのアポイントメントがあっても、「今日はもう無理かもしれない」と感じ、他の日に変えてもらうこともたびたびありました。

「このままでは、仕事に支障が出てしまう」と思い、病院で診察をしてもらうと、朝方の最大血圧が170㎜Hg、最小血圧が100㎜Hgまで上がっていました(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)。

医師からは、「更年期障害の一つで、朝に血圧上昇が起こりやすいので、休みながら仕事をするように」と言われましたが、経営者として、1日とて休む暇はありません。

また、降圧剤(血圧を下げる薬)を処方されたのですが、できるだけ薬に頼りたくないという思いがあり、食事でどうにかならないかと思い悩んでいました。

ちょうどそんなとき、以前、村上祥子先生の料理教室で、バナナ酢のことを教わったのを思い出しました。とても体にいいとのことだったので、すぐに材料を用意してバナナ酢を作り、今年の2月から本格的に飲み始めました。

朝は、大さじ2杯のバナナ酢に、漬けたバナナと季節のフルーツを刻んで入れ、コップ1杯の水を足して飲みます。朝ご飯の前にこれを飲むと、食べすぎないという利点もあります。

夜は、水で割ったバナナ酢を夕食前にとるようにしました。

すると、飲み続けて1ヵ月ほどで、最大血圧が120㎜Hg、最小血圧が70㎜Hgに下がり、正常値になったのです。高いときでも最大血圧が130㎜Hgくらいで、それ以上になることは少なくなりました。

なによりうれしいのは、疲れにくくなったことです。バナナ酢の疲労回復効果は抜群で、疲れたなと感じたときにも飲むと、疲れが取れます。夕方にスタミナ切れしていたことが、うそのようです。

「おいしくて飲むのが楽しみ」と山口さん

夫婦の元気の源はバナナ酢

バナナ酢はフルーティーでおいしいので、今では飲むことが楽しみになっています。

こだわりと言えば、材料に、ココナッツの花のつぼみから採取したシロップを乾燥させたブラウンシュガーを使っていることです。ほのかに香るキャラメルバニラのような香りがバナナ酢に加わって、とても気に入っています。

また、漬けたバナナも残さず食べているせいか、毎朝、必ずお通じがあります。

私は身長152㎝なのですが、バナナ酢を飲む前は、体重は51㎏でしたが、わずか3ヵ月で48㎏に減りました。

以前は、ストレスがたまると、顔に吹き出物ができることもありましたが、今では一切なくなり、肌の調子がよくなりました。体調も万全になり、仕事に対するモチベーションも上がり、毎日、笑顔で仕事ができています。

実は、夫も会社を経営しており、多忙な毎日で疲れやすくなっていました。それが、私と一緒に、水で割ったバナナ酢を飲むようになってから、疲れ知らずの毎日を送っています。今やバナナ酢は、私たち夫婦の元気の源になっています。

夫婦ともに、フルパワーで仕事ができるようになり、24時間明るい心持ちになれたのは、他でもないバナナ酢のおかげです。
 
健康維持と疲労回復のために、これからもバナナ酢を作って飲み続けるつもりです。

毎日笑顔で仕事ができる

バナナも酢も血圧を下げる作用がある(東浦和内科・外科クリニック院長 水谷剛)

更年期になるとホルモンのバランスがくずれ、さまざまな不快症状が起こりやすくなります。加えて、もともと遺伝的に持っていた病気が、この時期に顕在化することも多いのです。山口さんの高血圧も、その要素があったのかもしれません。

バナナ酢の材料であるバナナにはカリウムが豊富で、体内のナトリウムの排出を促し、血圧を下げる働きがあります。また、酢にも血圧の上昇を抑制する作用がありますから、その両方を合わせたバナナ酢は、高血圧の予防や改善に有効な食品といえるでしょう。

疲れにくくなったのは、酢のクエン酸回路を活性化させる働きによるものと考えられます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。以来、何度かテレビで紹介されているのでご存じのかたもいらっしゃるでしょう。血圧は肥満と相関関係があり、インターバル速歩は高血圧も肥満も同時に解消してくれます。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科特任教授)
更新: 2019-05-04 18:00:00
思っていた印象より、ずっと軽い力で握ることがわかりました。助かったのは、パソコンの画面を見ながらの仕事中でも行えることです。私は、右手で2回やってから、左手で2回行うようにしています。パソコンの前に座ると、「忘れないうちにやっておこう」という感じで毎日続けました。【体験談】牧田日登美(仮名・自営業・58歳)
更新: 2018-10-08 07:00:00
画期的な方法が、ここで紹介する「タオル握り」です。これは、フェイスタオルを巻いて、手で軽く握ったり、ゆるめたりする方法です。手足の血行が促されると、血管がしなやかに保たれ、高血圧の予防・改善になります。【解説】久代登志男(日野原記念クリニック(聖路加国際病院連携施設)所長・鬼倉循環器内科クリニック名誉院長)
更新: 2018-09-29 18:00:00
体を動かさずにいると、どんどん血流は悪くなって筋肉はかたくなり、最終的には毛細血管の数が減少してしまいます。これが、昨今、問題になっている「ゴースト血管」です。血液循環体操は、そうしたゴースト血管を防ぎ、修復すると考えられます。【解説】二村ヤソ子(フタムラ式血液循環体操研究所主宰・理学博士)
更新: 2018-09-12 20:00:00
47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)
更新: 2018-09-10 17:12:38
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00