医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

体脂肪率33%の私が20%まで痩せたヒミツは「バナナ酢」ネコっ毛も改善!

体脂肪率33%の私が20%まで痩せたヒミツは「バナナ酢」ネコっ毛も改善!

13年前に独立して、会社を立ち上げました。するとそれを機に、体脂肪率が18%から33%まで一気に上がってしまったのです。悩んでいたときに、テレビでバナナ酢が紹介されているのを見て飲み始めました。半年後には25%にさがり、現在は20%でキープできています。【体験談】三苫恵理子(犬の心理栄養士・36歳)


髪の毛にハリとこしも出た

私は、犬のしつけ方教室で犬のトレーニングの仕事をしていましたが、13年前に独立して、会社を立ち上げました。するとそれを機に、体脂肪率が18%から33%まで一気に上がってしまったのです。

以前に比べて運動量が減ったことと、独立によるストレスの影響もあったのかもしれません。体脂肪率が上がっても、体重やおなか周りに特に変化はなかったのですが、内科の医師からは、「内臓脂肪だけが増えたせいだ」と言われ、体脂肪率を下げるようにと言われました。

また、犬のトレーニングでは、外での訓練がほとんどなので、日焼けで肌はボロボロ。吹き出物もあり、シミも顔中にありました。

どうにかならないものかと悩んでいたときに、テレビでバナナ酢が紹介されているのを見ました。肌にも健康にもよいとのことだったので、「少しでも今の状態がよくなれば」と、飲み始めたのです。

テレビでは、バナナ酢大さじ1杯をコップ1杯の水で薄めて飲むと紹介されていたので、朝食前に1杯飲み、出かけるときには、水で割ったバナナ酢を水筒に入れて、のどが渇いたときや、昼食時に飲むようにしました。

すると、飲み始めて1ヵ月くらいで、吹き出物が減り始め、肌はハリが出て、健康的な肌に変わっていきました。そして半年たった頃には、肌のくすみが取れて、色白になり、シミもすっかりなくなったのです。

その頃には、体脂肪率も25%くらいまでに下がってきました。そして、その後もさらに下がり続け、現在は20%でキープできています。

また、髪の毛にもハリとこしが出てきました。よく行く美容院の美容師さんに「シャンプー変えたの?」と聞かれるほど、髪質がよくなったのです。

もともとネコっ毛で、髪がすぐペタっとなっていたのですが、帽子をかぶって脱いだ後でも、ふんわりしたまま過ごせるようになりました。

胃の調子もよくなった三苫さん

足のむくみが消え免疫力もアップ!

バナナ酢の効果は、ほかにもありました。

犬の仕事をしていますから、歩くことが多く、多い日には、1日に2万歩以上歩きます。ですから、足はむくみますし、疲れもたまります。それが、バナナ酢を飲むと、足のむくみもなく、疲れが残らなくなりました。

胃の調子もよくなりました。毎年、夏になると、食欲不振でごはんが食べられない日が続きます。料理のにおいをかいだだけでも胃がムカムカします。

体が資本の仕事ですから、食べなくてはと思うのですが、夏場は、めん類のような軽いものしかのどを通らず、貧血になることもありました。

それが、バナナ酢を飲み始めて迎えた夏には、食欲不振が改善し、さらに翌年の夏には、食欲不振が一切起こらず、貧血も起こらなくなったのです。

バナナ酢を飲む前は、カゼをひきやすく、冬はノロウイルスなどのウイルス性の病気になり、よく病院にかかったものでしたが、それもなくなりました。バナナ酢で免疫力(病気に対する抵抗力)が高まったのかもしれません。

そして、3年ほど前、村上祥子先生の料理教室でバナナ酢の活用法を教えていただいてからは、朝は、牛乳か無調整の豆乳で割って、バナナも崩して飲んでいます。牛乳で割ると、飲むヨーグルトのように、おいしいのです。

私は、酸味が強い黒酢は苦手なので、酸味が弱く、少しトロッとした黒酢を使っています。この黒酢だと、漬けたバナナもペロッと食べてしまうほど、おいしいのです。小さく刻んで、無糖ヨーグルトとあえることもあり、いろいろな方法で楽しむようになりました。

最近では、夫も朝、牛乳で割ったバナナ酢を飲むようになり、「飲むと疲れが取れる」と言っています。

バナナ酢のおかげで、今では、夫婦ともども健康的な毎日を送っています。 

1日に2万歩以上歩いても足に疲れが残らない!

脂肪が燃えやすい体づくりに役立つ(東浦和内科・外科クリニック院長 水谷剛)

それまで体をよく動かしていた人が、あまり体を動かさなくなると、代謝が落ちて、内臓脂肪がつきやすくなります。

そんなときにバナナ酢を飲むと、代謝が上がり、脂肪が燃えやすくなります。加えて、バナナ酢を食前に飲むことで、食べすぎが抑えられることも、体脂肪率の低下に一役買ったのでしょう。

三苫さんは、肌もきれいになったとのことですが、それはバナナの持つ抗酸化作用によるものだと考えられます。

また、バナナの食物繊維で便通がよくなると、体内の老廃物の排出も促進されます。それも、肌の状態をよくするのに役立ちます。

バナナ酢の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

コーヒーは女子にピッタリの飲み物! ダイエットやむくみ解消効果を女医が解説

「コーヒーには体に悪いカフェインが含まれているからあまり飲まないほうがいいのでは」という印象をお持ちのかたがいらっしゃるかもしれません。最近の研究では、カフェインには自律神経の働きを促進する効果があると判明しています。ですから脂肪の燃焼を高める効果が得られダイエットにつながるのです。【解説】里見英子(白山病院副院長)


甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

甘酒の健康効果を高める食べ方は「甘酒寒天」 寒天の有効成分とその作り方を解説

これまで私は、甘酒の摂取をお勧めしてきました。今回、甘酒の効果をさらに高める機能的な食べ方として、新たにお勧めするのが、甘酒と寒天を併せてとる、「甘酒寒天」です。テングサという海藻を主原料とする寒天は、甘酒以上に食物繊維が豊富な食品です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)