MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)

解説者のプロフィール

関口志行(せきぐち・しゆき)
●ツバサ整骨院
埼玉県川口市前川1丁目14−6
048-423-0067

ツバサ整骨院院長。柔道整復師。
埼玉県川口市で「ツバサ整骨院」を開業。痛みや不調をその場で軽減する手技療法が評判。手首の1点押しをはじめとする、独自の治療法の考案も積極的に行っている。

手首を押さえると脳に素早く司令が届く!

私は、患者さんが自分でできるセルフケアを、これまでにいくつか考案してきました。そのなかでも、特に効果を実感しているのが、「手首つかみ」です。

手首つかみは、手首を反対側の手の指で押さえながら、痛みと関係のある部位を動かすという簡単な体操です。
例えば、手首を押さえながら、立った姿勢で体を左右にねじれば腰痛や股関節痛に効きます。肩を回せば肩こり・頭痛に、あおむけになって足首を動かせばひざ痛に効果があります。

この手首つかみを行うと、その場で痛みが軽くなるという人も少なくありません。
例えば、ひざ痛がひどくて杖をつきながら来院した患者さんが、手首つかみを行ったあと、杖を忘れて帰ったことがありました。足を引きずりながら来院した股関節痛の患者さんは、手首つかみを行ったら、スタスタと歩けるようになったと喜んでいました。

腰痛の患者さんの一例を挙げましょう。
Aさん(60代・男性)は、私が知るなかでも1、2を争うくらい重症の腰痛でした。痛みで横にもなれず、軽くさするだけで悲鳴を上げるほどです。
Aさんの腰痛はギックリ腰に似ていますが、急性のギックリ腰は通常なら3日である程度よくなります。Aさんの腰痛は、もっと長く続いていました。

Aさんは、手技をかけられる状態ではありません。私は、腰に触れずにできる手首つかみを行いました。Aさんの両手の手首をつかみ、体をそろそろと左右に動かします。すると、動かすうちに体が回るようになり、腰の痛みが和らいできたのです。これを3日間続けたところ、腰痛は完治しました。
ちなみにギックリ腰なら、この手首つかみを1回行えば、痛みの7~8割は軽減します。

手首つかみはこのように即効性があり、やるとすぐに楽になるので、患者さんにとても喜ばれています。
では、なぜ手首つかみが痛みを取るのに有効なのでしょうか。次のようなことが推測されます。

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。
しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。

例えば、足首には距骨という骨がありますが、その骨がズレると、ひざ関節や股関節にまで影響が及んで、ひざ痛や股関節痛が起こります。そこで、手首を押さえながら体を左右にねじると、距骨や骨盤がいっしょに揺れてズレが戻り、足首、ひざ関節、股関節、骨盤のバランスが整ってきます。

手首つかみのポイント「月状骨」

ここで重要なのが、手首を押さえて行うということです。手首を押さえることで、脳に素早く指令を送ることができるのです。手首には、脳にアプローチできるポイントがあります。それは手の甲側の、手首より少し指先側にある月状骨という骨のくぼみです。

月状骨は、手のつけ根を形成する八つの小さな骨(手根骨)の一つで、手首の動きに深くかかわっています。例えば、携帯電話の操作で指を使い過ぎたり、立つときに手首をテーブルについたりするだけでも、月状骨が持ち上がってズレてきます。わずか1㎜弱のズレでも、血管や神経を圧迫する原因となり、全身に悪影響を及ぼすのです。

そこで持ち上がった月状骨を正常な位置に戻すために、反対側の手の指でギュッと押さえます。すると、血管や神経の圧迫が取れて、脳への伝達がスムーズになります。「かたくなったところを緩めよ」という指令が脳に届きやすくなるのです。

ですから、手首を押さえたら、どの関節を緩めるのか、脳に教えてやることが大事になります。痛いところや、痛いところと関係のある部位を動かすのは、そのためです。

腰やお尻の筋肉も緩む「手首つかみ」のやり方

手首つかみは、手首を反対側の指で押さえて、痛みや症状と関係のある部位を動かすという簡単な体操です。基本の手首つかみと、自分の症状と関係のある手首つかみを、1日に2~3度行うといいでしょう。いずれもできる範囲で、無理をしないでください。
手首つかみのやり方を説明しましょう。

■手首の押さえる場所
月状骨は、手の甲側の薬指の骨を手首のほうにたどっていき、手首の丸い出っ張った骨(尺骨茎状突起)から指幅1本分指先側にあります。少しくぼみがあり、強く押すとズンと響くような痛みを感じます。

■手首の押さえ方
手首を軽く反らし、反対側の手で手首をつかみ、中指を月状骨に当ててグッと押します。
手首をつかむのは、痛みや症状のある側だけでかまいません。全体が痛む場合や、左右どちらかわからない場合は、両側行うといいでしょう。

基本の手首つかみ

◎効果が期待できる症状
腰痛、脊柱管狭窄症、股関節痛、ひざ痛、足首痛など、下半身の痛み全般

❶足を肩幅に開いて立ち、手首を押さえます。押さえられたほうの手は力を抜き、軽くひじを曲げます。
❷その状態で、体を左右にゆっくり10回ねじります。このとき、顔もねじる方向に動かします。
この基本の手首つかみは、腰痛、脊柱管狭窄症、股関節痛、ひざ痛、足首痛など、下半身の痛み全般に効果があります。

腰痛に特効の手首つかみ

◎効果が期待できる症状
腰痛、座骨神経痛、脊柱管狭窄症

❶イスに座って、手首を押さえます。
❷ゆっくり体を前に倒したら(前屈)、ゆっくり後ろに反らせます(後屈)。この前屈と後屈を10回行います。
やっているうちに、腰やお尻の筋肉が緩んできます。

ひざ痛に特効の手首つかみ

◎効果が期待できる症状
ひざ痛、股関節痛

❶あおむけになり、足を伸ばして手首を押さえます。
❷両方の足先をゆっくり前に伸ばしたら、ゆっくり後ろに反らせます。これを10回行います。

❸同様に、手首を押さえたまま、足先をワイパーのように外側に倒し、もとに戻します。これも10回行います。

足先を動かす度に、ひざ・股関節周囲の筋肉が緩みます。

肩こりに特効の手首つかみ

◎効果が期待できる症状
肩・首のコリ、痛み、頭痛、顎関節症、ストレートネック、耳鳴り、めまい、五十肩

❶❷イスに座って手首を押さえます。その状態で、首を前後に倒す、

❸❹左右に倒す、左右にねじることを各10回ずつゆっくり行います。

❺続いて、口をパクパクと開けたり閉めたりするのを10回行います。
※口のパクパクは上下の歯をくっつけないようにしてください。

いずれもできる範囲で首を動かしましょう。これらの動作を行うことで、首・肩周囲の筋肉が緩みます。頭痛、顎関節症、耳鳴り、めまいなどにも有効です。

❻また、肩こりや五十肩には、手首を押さえながら、肩の外回しと、内回しをそれぞれ10回ずつ行うといいでしょう。

五十肩で痛みが強い場合は、無理をせずに回せる範囲内で行ってください。しだいに大きく回せるようになります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt