MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)

あまりにおいしくて自分でも作って飲んだ

私は、村上祥子先生の料理教室に通っています。今年の4月、先生から「バナナ酢」の作り方を習い、自宅で作って飲み始めました。

酢の健康効果については、よく耳にしますが、それを期待して飲むというよりは、料理教室で飲んだバナナ酢が、あまりにもおいしかったので、もっと飲みたい、と思ったのがきっかけです。

当初、バナナ酢は炭酸水で割って飲んでいました。そうして3週間ほど飲み続けた頃、ちょうど健康診断があり、受診しました。すると、前年の健康診断では、LDLコレステロール値が159㎎/㎗あったのに、148㎎/㎗に下がっていたのです(正常値は140㎎/㎗未満)。

特に食事を変えたわけでもないので、「これは、バナナ酢のおかげだ」と思い、今度は、夫にもバナナ酢を勧めて、一緒に飲むようにしました。

夫は、6年くらい前に糖尿病と診断され、血糖値を下げる薬をずっと飲んでいます。食後の血糖値の上昇を抑えるのに、バナナ酢が役にたつのでは、と思ったからです。

そこで、朝食後に、大さじ1杯のバナナ酢をコップ1杯の牛乳で割ったものを、夫婦そろって飲むようにしました。

バナナ酢の牛乳割りは、夫も「おいしい」と、喜んで飲んでくれています。数値の改善に役立ってくれれば、と思っています。

疲れも残らなくなった佐々木さん

きつかったパンツもゆったりはける

バナナ酢を飲んで、ほかにもうれしい効果がありました。

私は、以前は便秘ぎみで、2日に一度お通じがあればいいほうでした。それが、バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。

便秘が治ったおかげか、おなか周りもすっきりしてきました。おかげで、以前はキツキツだったパンツが、ゆったりとはけるようになりました。

体重を量ってみると、飲む前は57㎏だったのが、3ヵ月で2㎏減り、55㎏になっていました(身長は158㎝)。

また、以前は、朝だるくて体が重い日がありましたが、今は、疲れが翌日に残ることなく、朝からはつらつと動けるようになったのです。

「良薬口に苦し」といいますが、バナナ酢は健康効果が高いのに、とてもおいしいのです。おいしいからこそ、飲み続けられるのだと思います。

バナナ酢のよいところは、料理にも使えるところです。マヨネーズやドレッシングに、小さじ1ほどのバナナ酢を混ぜると、減塩にもなりますし、うま味も足されて、野菜などがおいしくいただけます。

簡単に作れておいしいバナナ酢は、今や、わが家の常備薬としてだけでなく、調味料としても大活躍しています。

料理にも使えて便利!

糖尿病の人にもバナナ酢はお勧め(東浦和内科・外科クリニック院長 水谷剛)

バナナに豊富に含まれる水溶性の食物繊維には、コレステロールを減らす働きがあります。バナナ酢でLDLコレステロール値が下がったのは、その作用によるものでしょう。

お通じがよくなったのも、バナナの食物繊維により、腸内環境がよくなった結果と考えられます。

また、佐々木さんは、糖尿病のご主人と一緒にバナナ酢を飲んでいらっしゃるとのこと。

バナナの食物繊維は、おなかの中で膨らんで、食物の消化をゆっくりにし、急激な血糖値の上昇を抑える作用があります。酢にも同様の効果がありますから、バナナ酢は、糖尿病の改善にも役立つと思われます。

ただ、食後ではなく、食前に飲むほうが、食べすぎを抑える効果も期待できるので、よりお勧めです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)
更新: 2018-09-11 16:24:51
おからに含まれる水溶性の食物繊維は、糖尿病や高脂血症などの予防・改善に役立ちます。また、おからに含まれる不溶性食物繊維には、便秘解消効果があります。実験でも、大豆たんぱくや大豆サポニンはダイエットに効果があるとわかっています。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)
更新: 2018-09-27 15:10:33
脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)
更新: 2018-09-18 15:39:29
焼きバナナを食べるのは、主に朝食時です。朝起きてすぐにオーブントースターにバナナを入れ、焼いている間に顔を洗ったり、洗濯機を回したりすると、ちょうど出来上がったタイミングで食べられます。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●I.B.A-TOTAL BEAUTY CONSULTING 代表) 
更新: 2018-09-25 14:24:40
バナナ酢は、さまざまな効能を持った健康食です。バナナ酢を摂取することで、多くの健康効果が期待できます。それらの働きは、どのような成分によってもたらされるのか、詳しくわかりやすくお話ししましょう。【解説】本橋登(インド国立大学博士論文審査官・元明治薬科大学教授/理事) 
更新: 2018-09-20 09:29:24
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt