医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


あまりにおいしくて自分でも作って飲んだ

私は、村上祥子先生の料理教室に通っています。今年の4月、先生から「バナナ酢」の作り方を習い、自宅で作って飲み始めました。

酢の健康効果については、よく耳にしますが、それを期待して飲むというよりは、料理教室で飲んだバナナ酢が、あまりにもおいしかったので、もっと飲みたい、と思ったのがきっかけです。

当初、バナナ酢は炭酸水で割って飲んでいました。そうして3週間ほど飲み続けた頃、ちょうど健康診断があり、受診しました。すると、前年の健康診断では、LDLコレステロール値が159㎎/㎗あったのに、148㎎/㎗に下がっていたのです(正常値は140㎎/㎗未満)。

特に食事を変えたわけでもないので、「これは、バナナ酢のおかげだ」と思い、今度は、夫にもバナナ酢を勧めて、一緒に飲むようにしました。

夫は、6年くらい前に糖尿病と診断され、血糖値を下げる薬をずっと飲んでいます。食後の血糖値の上昇を抑えるのに、バナナ酢が役にたつのでは、と思ったからです。

そこで、朝食後に、大さじ1杯のバナナ酢をコップ1杯の牛乳で割ったものを、夫婦そろって飲むようにしました。

バナナ酢の牛乳割りは、夫も「おいしい」と、喜んで飲んでくれています。数値の改善に役立ってくれれば、と思っています。

疲れも残らなくなった佐々木さん

きつかったパンツもゆったりはける

バナナ酢を飲んで、ほかにもうれしい効果がありました。

私は、以前は便秘ぎみで、2日に一度お通じがあればいいほうでした。それが、バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。

便秘が治ったおかげか、おなか周りもすっきりしてきました。おかげで、以前はキツキツだったパンツが、ゆったりとはけるようになりました。

体重を量ってみると、飲む前は57㎏だったのが、3ヵ月で2㎏減り、55㎏になっていました(身長は158㎝)。

また、以前は、朝だるくて体が重い日がありましたが、今は、疲れが翌日に残ることなく、朝からはつらつと動けるようになったのです。

「良薬口に苦し」といいますが、バナナ酢は健康効果が高いのに、とてもおいしいのです。おいしいからこそ、飲み続けられるのだと思います。

バナナ酢のよいところは、料理にも使えるところです。マヨネーズやドレッシングに、小さじ1ほどのバナナ酢を混ぜると、減塩にもなりますし、うま味も足されて、野菜などがおいしくいただけます。

簡単に作れておいしいバナナ酢は、今や、わが家の常備薬としてだけでなく、調味料としても大活躍しています。

料理にも使えて便利!

糖尿病の人にもバナナ酢はお勧め(東浦和内科・外科クリニック院長 水谷剛)

バナナに豊富に含まれる水溶性の食物繊維には、コレステロールを減らす働きがあります。バナナ酢でLDLコレステロール値が下がったのは、その作用によるものでしょう。

お通じがよくなったのも、バナナの食物繊維により、腸内環境がよくなった結果と考えられます。

また、佐々木さんは、糖尿病のご主人と一緒にバナナ酢を飲んでいらっしゃるとのこと。

バナナの食物繊維は、おなかの中で膨らんで、食物の消化をゆっくりにし、急激な血糖値の上昇を抑える作用があります。酢にも同様の効果がありますから、バナナ酢は、糖尿病の改善にも役立つと思われます。

ただ、食後ではなく、食前に飲むほうが、食べすぎを抑える効果も期待できるので、よりお勧めです。

バナナ酢の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)


黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)


【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

【元なでしこ】丸山桂里奈が8キロ痩せた!「○○を食べるだけダイエット」

キュウリダイエットを始めてから、面白いくらい順調に体重が落ちていきました。1週間で2kg落ち、その後もコンスタントに減り、ダイエット開始3週間で6.6kgも落ちたのです。ポッチャリした顔周りがシャープになり、体形もスッキリして、ほぼ現役時代に戻りました。【体験談】丸山桂里奈(元なでしこジャパン・タレント)


猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)


最新の投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)