MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)

1回も跳べず大ショック!

20年近く前のことです。ある日、幼い孫から「縄跳びをしてみせて」と頼まれました。縄跳びは得意でしたので、喜んで試したところ、なんと、1回も跳べません。

それもそのはず。若い頃は48㎏だった体重が、当時は65~66㎏まで増えていたのです(身長は156㎝)。

ショックを受けた私は、ダイエットを決意。さまざまなダイエット法を試しました。いちばん効果があったのは、食事をすべてリンゴに置き換える、リンゴダイエットです。このときは、1週間で5~6㎏もやせました。しかし体はフラフラに。生理も止まったのです。

病院で注意され、食事を元に戻したところ、体重も元に戻ってしまいました。

雑誌の記事で「バナナ酢」のことを知ったのは、そんなときです。バナナは手頃な価格で入手できるので、すぐに試してみました。

私のバナナ酢の作り方は、次のとおりです。バナナ1本を皮をむいて2~3切れに切り分け、それを市販の黒酢ドリンク100㎖に一晩漬けます。

雑誌には、「砂糖を加えた酢にバナナを漬ける」とあったのですが、酢はそのまま飲むと胃腸によくないと聞いたので、飲料用の黒酢ドリンクに漬けることにしました。

前の晩にバナナを漬けたら、冷蔵庫で一晩寝かせ、翌日の朝食時にバナナだけをいただきます。一晩漬けたバナナは軽い酸味が加わり、おいしいです。

黒酢ドリンクは、2~3回バナナを漬けたら、そのまま飲んでしまいます。こちらも、ほんのりとバナナの香りが加わって、おいしく飲めました。

快眠・快食・快便はバナナ酢のおかげ

こうしてバナナ酢をとり始めましたが、正直なところ、初めはそれほど効果を感じてはいませんでした。しかし、とり始めて数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。

言われてみれば、確かに体が軽く感じられます。そこで、体重を量ってみたところ、なんと、4㎏もやせていたのです。

特に、ポッコリと出ていたおなかがへこんだのはうれしかったです。ズボンのサイズは3Lから2Lに。孫の前で、無事に縄跳びを披露することもできました。

同じころから、お通じの調子も変わりました。もともと便秘だったわけではありませんが、毎朝、起床後30分ほどで、スルスルッと気持ちのいいお通じがつくようになったのです。

体もむくまなくなりました。以前の私は、正座をすると、足を重ねていた部分がへこむほど、むくみやすい体質でした。そのため毎朝、足を指で押してむくみ具合をチェックしていたのです。

それが、体重が落ちたのとほぼ同じころから、指で足を押しても指の跡がつかなくなりました。

血圧も上がりにくくなったような気がします。以前は、疲れやストレスがたまると、ときどき頭がフラフラしていました。そんなとき、病院で血圧を測ると、最大血圧が180㎜Hg近くまで上がっていたのです(正常値は140㎜Hg未満)。

数値を見ると気になるたちですし、検診も苦手なので、血圧は、その後は測っていません。しかし最近は、以前のように頭がフラフラすることはなくなっています。たぶん、血圧が上がりにくくなっているのだと思います。

最近は、普段の食事などで酢を多くとるようにしたため、バナナ酢はとっていません。代わりにバナナをそのまま1本、朝食時に食べています。それでも体調に変化はありません。体重は現在60㎏前後。ズボンはLサイズになりました。

体が軽く、長距離を歩いても息切れしないのがうれしいです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。

私の3K(快眠・快食・快便)は、バナナと酢のおかげです。

趣味のボウリングを何ゲームも連続で楽しめる

バナナはむくみの改善にも効果的(東浦和内科・外科クリニック院長 水谷剛)

リンゴダイエットなどで、急激に体重が減ると、体がその変化についていけず、リバウンドを起こしがちです。

水野さんは、バナナ酢でゆっくりとしたペースで体重が減っていったようですが、理想的なやせ方だと思います。ゆっくり体重を落としていくと、体質もそれに合わせて変わっていくので、健康的にやせられ、リバウンドもしにくくなるからです。

足のむくみが取れたのは、バナナのカリウムの作用によるものでしょう。カリウムには血圧を下げる働きもあるので、バナナは水野さんにはぴったりの食べ物だと思います。

ぜひ今後も、バナナと酢をとって、3K(快眠・快食・快便)生活の維持にお役立てください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt