内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


解説者のプロフィール

杉山平熙(すぎやま・たいき)
●すぎやま按腹鍼灸院
東京都中央区日本橋人形町3-5-2 ルート人形町ビル1階
03-6206-2666
http://heso-anpuku.com/

すぎやま按腹鍼灸院院長。鍼灸師。
日本の伝統医療である「按腹」と「打鍼法」の思想と技術を融合させた「へそ按腹法」を考案。全国から難病の患者さんがひっきりなしに訪れている。「自分で病気を癒すこと」が大切としたへそ按腹法を確立し「お孫さんにもやってあげてください」と、セルフケアのやり方も指導している。そのほか、韓国やイタリア、ハワイ、ベナンなどからの研修生への指導や、アフリカなど医療の行き届いていない地域に広める活動にも取り組む。著書『お腹のしこりが万病の原因だった!』(コスモ21)が好評発売中。 

生命力は内臓が元気かどうかで決まる

 日本には昔から「腹の文化」が根付いていました。「腹を割って話す」「腹黒い」など、おなかにまつわる言葉が多いのも、その表れです。

 日本の伝統医術も、おなかを重視してきました。おなかで治療する「按腹」は日本で誕生したものですし、安土桃山から江戸時代前期にかけて活躍した治療家、御園夢分斎はおなかの反射区(全身の臓器や期間に対応する部位)を表した「臓腑の図」を残しています。

 生活を維持するために働いているのが脳だとしたら、生命を維持するために働いているのが内臓(=おなか)です。
 つまり、生命力は内臓(おなか)が元気に働いているかどうかにかかっています。

 私の治療は、全身のどこが悪くても、おなかにしか鍼を打ちません。鍼の数も、ほんの数本です。それでも全身の症状がよくなるのは、おなかにこそ、病気の根っこがあるからです。
 私がこうしたおなかの重要性に気づいたのは、実は、私自身の不調がきっかけでした。

原因不明の病がおなかを軟らかくしたら治った

 今から十数年前のことです。当時、一人でも多くの患者さんを病から救いたいと、私は朝から晩まで治療に明け暮れていました。そんな状態が続いたある日、図らずも私自身が倒れてしまったのです。

 激しいめまいと動悸に襲われ、手足が震えて立っていることもできません。病院に搬送され、精密検査を受けましたが、原因も病名もわかりませんでした。病院では治療がなく、体は衰えていく一方です。
 命の危険さえ感じていたある日、おなかの異変に気がつきました。ヘソの辺りが異常に硬く、盛り上がっていたのです。

 そのとき、幼い頃から聞いていた「おなかを大切にしなさい」という親の言葉が、突如、よみがえりました。
 そこで私は、おなかの硬いしこりを鍼やマッサージで一生懸命ほぐしました。すると、それまでの症状がすっかりよくなっていったのです。

 この経験をもとに研究を重ね、試行錯誤の末に、誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」(正式名称は「へそ按腹法」)です。
 おなかこすりにはいくつかの方法がありますが、今回は、内臓下垂を解消するやり方をご紹介します。

内臓が下垂すると万病のもとになる

 というのも、内臓が下垂すると、内臓の機能は著しく低下し、万病のもとになるからです。ではなぜ、内臓は下がるのでしょう。その原因を、東洋医学では二つ挙げています。

①胃と脾の気の低下
 胃と脾(脾臓)の気(生命エネルギー)は、その人の持つ生命力そのもので、エネルギーをつくる上で非常に大事なものです。胃と脾の気が不足すると、消化力、すなわち食べ物をエネルギーに変える力が衰え、臓器の下垂を招きます。

②肝の気の低下
 内臓を支えているのは筋肉です。その筋肉が衰えれば、当然内臓が下垂します。東洋医学では、筋肉の衰えは肝(肝臓)の気の低下によるとされます。
 肝は血液を貯蓄し、浄化して、全身に分配する臓器です。そのため、肝の働きが弱ると、筋肉に血液が届かなくなり、硬くなっていきます。

 ①②が原因で内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり、下腹もポッコリ出てきます。

 また鼠蹊部(足のつけ根)や下腹部が圧迫されるので、血行が悪くなり、腰や股関節、ひざの痛み、肩こり、頭痛、高血圧、頻尿などが起こります。

 血流が悪くなれば、下半身が冷えて、しびれやむくみも現れます。さらに背中から脳への神経の流れが悪くなるので、認知症にもなりやすくなります。

 おなかこすりでは、まず胃と脾にたまった老廃物を流すために、胃と脾に当たる反射区をよくこすって軟らかくします。

 次いで、肝の反射区をさすったりたたいたりして、血液の循環をよくします。
 こすったりたたいたりして刺激をすると、下垂した臓器が引き締まり、元の位置まで上がってきます(基本的なやり方は下記参照)。

 おなかこすりは、一日3回、朝昼晩に行います。ただし、飲酒後や、食後1時間は避けてください。また、がんのような進行性の病気の人、妊娠している人は注意が必要なので、独断では行わないでください。脳梗塞のある人は、症状のない側だけやってください。

「おなかこすり」のやり方

胃と脾に効く!肋骨の下こすり

❶洗顔タオルを2枚用意し、両手に巻きつける(なければ素手でもよい)。

❷みずおちに両手を当て、いちばん下にある肋骨の内側に沿って、わき腹へとこすり下ろす。

❸わき腹までいったら、またみずおちへと手を戻す。

※②~③を3分行う。おなかの皮膚が熱くなるとよい。

胃と肝に効く!ヘソ寄せ

❶洗顔タオルを2枚用意し、両手に巻きつける(なければ素手でもよい)。

❷ヘソの高さの腰部分に両手を当て、息をゆっくり吐きながら、両手をヘソへと寄せていく。おなかの肉が寄るように行う。

❸おなかが寄ったら、また腰へと手を戻す。

※②~③を3分行う。

肝に効く!わき腹こすり

❶タオルの両端を両手で握り、わき腹にタオルを当ててこする。

❷終わったら、反対側のわき腹も行う。

※手でこすってもよいし、服の上から行ってもよい。
※3分行う。

肝に効く!骨盤たたき

❶手をグーにして、足のつけ根から太もも近くをまんべんなくたたく。

❷お尻の側面、お尻の下辺りもまんべんなくたたく。

※①~②を3分行う。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


産後に残った下腹のたるんだ皮が消失「おなかこすり」は本当にすごい

産後に残った下腹のたるんだ皮が消失「おなかこすり」は本当にすごい

家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)