MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
閉経後の不正出血の原因は? 「様子を見てください」と言われ落ち着きません 

閉経後の不正出血の原因は? 「様子を見てください」と言われ落ち着きません 

閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)

【お悩み】閉経後に不正出血。「気になったらまた受診してください」と言われます。どうしたらいいでしょうか?


閉経後、何年もたっていますが、ときどき不正出血があります。産婦人科で検査してもらったところ、子宮がんなどの病気ではないそうです。しかし「様子を見てください」「気になったらまた受診してください」と言われるだけでなんとなく落ち着きません。(70代女性)

解説者のプロフィール

たつのゆりこ
●Be born助産院
東京都世田谷区祖師谷6-13-13
03-5429-2860
http://www.beborn.info

Be born助産院院長・鍼灸師。
1997年「女性と子どものための治療室Be born」を開院。産後の乳房トラブルから不眠、甲状腺機能異常に注目し、妊娠中や出産後の養生の大切さについて正しい知識の普及に努める。膣のケアの重要性について説いた原田純氏の著書『ちつのトリセツ劣化はとまる』(径書房)を指導・監修し、ちょっとしたセンセーションを巻き起こした。

膣が乾燥してカチカチに硬くなったことが原因

閉経後の出血でいちばんに考えられるのは、子宮体がんや子宮頸がんによるものです。出血の量のいかんによらず必ず病院を受診しましょう。

受診すると、出血の色、形状、量、どういったときに出血したかなどを問診されます。検査も受け、まずは悪性の病気ではないことを確かめましょう。

今回のご相談では、すでに産婦人科を受診して、がんではないことを確認されています。

治療が必要な病気ではない場合、病院では「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。

しかし、出血という症状があるのですから、不安は払拭されません。なぜ出血があるのか、原因として考えられることを挙げていきます。

健康な膣の表面は粘膜で履われていて、そこから粘液が分泌されています。そのような膣はいつも潤っていて、軟らかです。

しかし、閉経すると女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなります。すると、粘液が分泌されなくなり、膣粘膜は薄く硬くなるのです。いわば、干からびたカチカチの状態です。

乾燥した粘膜は、性行為はもちろん、触ったり触られたりといった、ちょっとした刺激でも出血しやすくなります。歩いているだけでこすれて、出血する人もいるほどです。
 
それに加えて、閉経後は膣の自浄作用も低下します。健康な膣の中にはデーデルライン桿菌という細菌がいて、膣内を感染から守っています。

しかし、閉経後はこの細菌が減るため、雑菌にも感染しやすくなります。すると粘膜に炎症が起こり、ただれて出血することもあります。縮こまった膣や会陰を ほぐし血行をよくする
 
相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。
その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。

これは、マッサージ用のオイルを指に取り、会陰(膣と肛門の間の部分・下の図参照)や膣の入り口に、やさしくぬりこみながらマッサージをする方法です。

日本ではなじみがありませんが、ヨーロッパでは、当たり前に行われています。

会陰マッサージには縮こまった膣や会陰の筋肉をほぐし、血行をよくする効果があります。早ければ1週間で、膣の変化を感じることができるでしょう。

膣の筋肉がほぐれれば、粘液の分泌が促されるので、乾燥や感染によるトラブルが改善に向かいます。性交痛や膣のにおいの解消にも効果的です。

乾燥した膣を軟らかくする会陰マッサージ
陰や膣にマッサージ用のココナッツオイルを指につけ、やさしくなでる。

膣をケアするだけで尿もれやうつも改善

会陰マッサージの効果は、それだけにとどまりません。実は、膣が硬くなっている人は、骨盤内の筋肉すべてが同じような状態になっていると考えられます。

骨盤の底には、下から内臓を支えている骨盤底筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉が衰えると、便秘や尿もれ、便もれなどのトラブルが起こりやすくなります。

しかし、会陰マッサージで膣が軟らかくなれば、骨盤底筋も弾力を取り戻します。

会陰マッサージを実践した人からは「浣腸しないと出なかったがんこな便秘が治った」「産後からずっと続いていた尿もれが治った」といった声がよく聞かれます。

また、女性の生殖器は脳と密接につながっています。膣が硬くなると、頭も硬くなるのです。

ですから、会陰マッサージは更年期以降に起こりがちなイライラやうつ、不安感といった精神的な問題にも効果的です。

会陰マッサージに使うオイルは、できるだけ酸化しにくいオイルを選びましょう。

お勧めはマッサージ用のココナッツオイル、もしくはスイートアーモンドオイルです。
これらのオイルは肌への浸透が非常によく、カチカチの膣粘膜を軟らかくして、栄養を与えてくれます。老廃物の排泄を促す効果もあります。

日本の女性は性へのタブー意識が強く、自分の手で膣を触ることに抵抗がある人もいることでしょう。しかし、年齢を重ねていけば、いずれ、おむつによる介護を受ける可能性が高まります。

そのときには、自分ではない誰かに、膣を含むデリケートゾーンのケアをしてもらうことになるのです。自分の体の一部なのですから、人にケアをされる前に、膣のケアに向き合っておくことはとても大切なことです。

会陰マッサージによって得られるメリットは前述したとおり絶大です。膣や骨盤底筋が若返ることによって、子宮下垂感の解消はもちろん、おむつによる介護が必要な期間もずっとずっと短くなるでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
老廃物の回収と排泄の役割を担うのがリンパです。リンパの滞りを解消すれば、毎日排泄される老廃物が増えます。生理前にためこむ老廃物も減るので、生理前の症状が軽くなり、子宮の冷えも解消されるため、生理痛が軽くなります。【解説】駒形依子(こまがた医院院長・産婦人科医)
更新: 2018-09-21 13:57:58
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00