自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


解説者のプロフィール

篠浦伸禎(しのうら・のぶさだ)
●がん・感染症センター都立駒込病院脳神経外科
http://www.cick.jp/nouge/
●篠浦塾
https://shinouranobusada.com/

がん・感染症センター都立駒込病院脳神経外科部長。
1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、都立荏原病院を経て2009年より現職。患者の意識を覚醒した状態で脳の手術を行う「覚醒下手術」では、トップクラスの実績を誇る日本を代表する脳外科医。また病気を少しでも改善し、医療レベルを上げるため「篠浦塾」を主催し、統合医療に関するセミナーを行い、講師や塾生と情報交換する場をつくっている。著書『統合医療の真実』(きれいねっと)が好評発売中。

悪性の脳腫瘍が消えて再発もない

私は脳外科医として、日々、脳腫瘍など重篤な病気の患者さんの治療に当たっています。
私たちが最終的に目指しているのは、患者さんがよくなることです。そのために、私は西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。
こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。

その中に、杉山平煕先生が考案された「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)があります。
私はこれを手術と並行して、あるいは手術ができないような患者さんのセルフケアとして、ご家族に勧めています。

私のところには、膠芽腫という、非常に悪性度の高い脳腫瘍の患者さんがいます。その中で、おなかこすりを実践してよい経過をたどっている事例を二つご紹介しましょう。

Aさん(30代・女性)は寝たきりで、話すことも食事をとることもできない状態でした。西洋医療ではもはや治療のすべはなく、Aさんのお母さまにおなかこすりをしていただきました。するとしだいにAさんの意識が回復したのです。

もう一例は、Bさん(50代・男性)です。Bさんも打つ手がなく、非常に厳しい状況にありました。しかし、奥さんにおなかこすりをしていただいたところ、半年ほどで腫瘍が消えて、現在も再発していません。

自然治癒力をいかに引き出すかが大事

これらは、現代の医療の常識では考えられないことです。
しかし、おなかこすりなどを併用することによって、再発せず、1~3年もよい状態を保っておられる患者さんが現時点で4名もいます。

こうした結果が出るのは、おなかこすりが、自然治癒力を最大限に引き出しているからと考えられます。

実は、私が行っている脳の覚醒下手術も、自然治癒力を引き出す手術です。覚醒下手術とは、患者さんの意識を覚醒させたまま手術をすることで、手術後の後遺症(マヒなど)を少なくする手術です。

覚醒下手術では、手術中に症状が悪くなると、いったん休みます。すると患者さんの自然治癒力が働いて、症状が回復することがよくあります。
さらに術後も自然治癒力が働くため、1ヵ月後には症状が改善しています。全身麻酔の手術とは比較にならないほど、術後の成績がよいのです。

脳の視床下部のレベルを上げる

では、なぜおなかこすりが有効なのかをご説明しましょう。
人は大きなストレスを感じると、腹部の筋肉を緊張させます。動物を見るとわかりますが、動物は敵がいると、本能的に腹部を緊張させておなかを守ろうとします。おなかには、大事な臓器が詰まっているからです。

腹部の筋肉が緊張すると、内臓の動きが制限され、消化も十分に行われません。身を守るために一時的に緊張するのはいいのですが、これが慢性的な状態になると、病気になります。

逆に言えば、おなかをゆるめることで消化管を動きやすくし、自律神経(意思とは無関係に働く神経)のうちの副交感神経(リラックスをつかさどる神経)を活性化できます。それが、自己治癒力を上げることにつながります。

この自己治癒力に関係が深いのが、脳の視床下部です。
視床下部は自律神経の中枢になりますが、同時に意識(心や魂)を支配している中枢でもあると、私は考えています。

覚醒下手術をしていると、脳のどの部分を触るとどのように症状が変わるかがわかります。
たとえば、手術中に少しでも視床下部に触れると、意識がバーッと落ちていきます。このことから、視床下部は覚醒の中枢であり、脳全体の意識を支配していると考えられるのです。

おなかをゆるめると、その視床下部のレベルが一瞬のうちに上がります。それは物質のやり取りでなく、波動的なものがおなかから視床下部に直接伝わるからだと私は考えています。
視床下部のレベルが上がれば、自然治癒力も上がって、ストレスや病気にも打ち勝つことができると考えられるのです。

特に日本人は、協調性を大事にする副交感神経主体の民族です。だからこそ、おなかをゆるめることで、治癒効果が働きやすいのです。
私も毎朝、必ずおなかこすりをしています。もともとおなかは軟らかいほうでしたが、今はさらに軟らかくなっています。とても簡単で効果の高いセルフケアだと実感しています。

おなかこすりで視床下部のレベルが上がる

「おなかこすり」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


治癒力 自律神経

関連する投稿


脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

脳外科医が勧める「瞑想」の効果 脳機能低下によるストレスを取り除く方法

人間の脳の機能は、大まかに分けて三層の構造からなっています。一層目は「生命脳」、二層目は「動物脳」、三層目を「人間脳」と呼びます。ストレスを受けると、自らを守ろうとして動物脳が反射的に作動するのです。そして動物脳が暴走すると、脳の働きにさまざまな不具合が生じてしまうのです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

日焼け対策は夏だけではダメ「目から入る紫外線」が脳疲労の原因に!

目から紫外線が入ると、角膜で活性酸素が大量に発生し、炎症が起こります。紫外線は、人にとって細胞のDNAを書き換えてしまう大敵です。「日焼け」という生体反応のとき、脳は紫外線に対して戦闘態勢を取っています。すると自律神経の処理が増え、激しい疲れを感じるのです。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


頭へ鍼治療で痛みやしびれを解消する「山元式新頭鍼療法(YNSA)」とは

頭へ鍼治療で痛みやしびれを解消する「山元式新頭鍼療法(YNSA)」とは

山元式新頭鍼療法(YNSA)とは医師の山元敏勝氏が確立した、頭の治療点に鍼を刺す療法です。今やYNSAは、医師や歯科医師、鍼灸師など、世界で数万人以上が実践する治療法となっています。YNSAが世界で普及した理由は、治療効果の高さです。【解説】加藤直哉(健康増進クリニック副院長)


【へそさすり体験談】起床時にピリピリする腰痛を「腸」から改善

【へそさすり体験談】起床時にピリピリする腰痛を「腸」から改善

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)