MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
肩甲骨が出現! 腰回りのぜい肉が消えて背中が変わった「おなかこすり」友人にも変化!

肩甲骨が出現! 腰回りのぜい肉が消えて背中が変わった「おなかこすり」友人にも変化!

最初に変わったのはおなかでした。出っぱっていた胃が引っ込み、ウエストがスッキリしたのです。おなか周囲がこれほどスッキリしたことは、私の人生の中で初めてです。また私は首の左側がおかしく、運転中に左を振り返ると、ピキッと筋を違えることがよくありました。それが一切、起こらなくなったのです。 【体験談】佐藤環(会社員・52歳)

背中が不自然に盛り上がっていた

 私が「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)の講習会に参加したのは、昨年の秋です。杉山平煕先生から理論や実践を教わりました。
 以来、朝と晩、布団の中でおなかこすりを行っていますが、おなかを中心として体が温かくなり、とても気持ちよくて、気がついたら寝ていることもしょっちゅうです(基本的なやり方は「おなかこすり」のやり方参照)。

 私が杉山先生の鍼灸院に足を運んだのは、知人の曲がったひざが、杉山先生の治療でまっすぐになったのを見たからです。

 実は私は、首のこりや背中の張り、だるさに悩んでいました。そして初めて治療を受けたとき、杉山先生から指摘されたのが、わき腹の異常でした。
 両わき腹(ウエストの後ろ側)に、まるでバナナでも入っているかのような肉のかたまりがあったのです。杉山先生からは「これを取らないと、大変なことになる」と言われました。

 それで家でも熱心におなかこすりを実践したところ、最初に変わったのはおなかでした。出っぱっていた胃が引っ込み、ウエストがスッキリしたのです。

 以前から、杉山先生の治療を受けた後は、おなかがペタンコになるなと思っていました。しかしそれは一時的なもので、しばらくすると元に戻っていました。
 それが、おなかこすりを実践して2ヵ月後くらいから、ペタンコのまま戻らなくなったのです。同時に、腰周りについていた、もっさりしたぜい肉も取れました。

 おなか周囲がこれほどスッキリしたことは、私の人生の中で初めてです。うれしくて仕方ありませんでした。

肩甲骨が浮き出て背中がスッキリ!

 一方、背中が変わったのは、3ヵ月たった頃でした。宿泊していたホテルの鏡で背中を見たら、「あれ? これ私の背中?」と、戸惑うくらいにスッキリしていたのです。

 肩周りや腰周りの肉の厚みが消え、それまで見えなかった肩甲骨がくっきりと浮き出ていました。
 少し前から背中がほぐれてきたとは感じていましたが、老廃物が一気に流れ出たようで、急に背中がほっそりとしたのです。

 ウエストや背中のぜい肉がなくなると、今度はおへそ近くなど、以前とは違った部位にしこりのような硬い部分が出てきました。
 杉山先生によると、そうやって移っていく硬い部分をその都度ほぐしていくことで、どんどん健康になっていくそうです。

体重も3kg減で全身のだるさも消えた

 首のこりがなくなったのは、おなかこすりを始めて5ヵ月ほどたった頃です。特に、私は首の左側がおかしく、運転中に左を振り返ると、ピキッと筋を違えることがよくありました。それが一切、起こらなくなったのです。

 実は、運転中の悩みはもう一つありました。座骨神経痛なのか、1時間以上運転すると、左足の太もも外側が痛くなるのです。その症状も、同じ時期になくなりました。

 血圧も下がりました。
 以前、スポーツ施設にある測定器で測ったところ、最大血圧が150㎜Hg、最小血圧が98㎜Hgもありました(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧は90㎜Hg未満)。
 それが最近測ったら、最大血圧が135㎜Hg、最小血圧が88㎜Hgと、正常値になっていたのです。

 体重も減っていました。おなかこすりをする前は48㎏だったのが、45㎏になりました(身長は155㎝)。
 3㎏も減ったのですが、おそらく、見た目はそれ以上にやせたように見えるのではないでしょうか。

 全身のだるさもなくなり、体が軽くなりました。あまりに効果がすごいので、私以上に背中が張っている友人にもおなかこすりを勧めたところ、友人の背中もスッキリしてきました。

 また、おなかこすりを始めてから、肌が潤って、ツヤツヤしています。娘にも勧めたら、娘のニキビも治ったのです。
 自分の手だけでこれほど健康になれるのだから、おなかこすりをやらない手はないと思っています。もっと勉強して、これからも周囲の人に勧めたいと思います。

背中がスッキリして肩甲骨が見える!

細身の人は特に内臓が下垂しやすい(すぎやま按腹鍼灸院院長 杉山平熙)

 佐藤さんの背中の盛り上がりの原因は、背骨です。背骨がボコボコ出っぱって、盛り上がっていました。
 そのため、おそらく背骨に狭窄やすべり症があり、それが首のこりや座骨神経痛の原因になっていたのでしょう。

 佐藤さんのような細身の人は、特に内臓が下垂しやすい傾向があります。
 内臓が下垂すると下の臓器(膀胱、子宮、腸)は圧迫され、上の臓器(心臓や肺)は下に引っ張られて、内臓の働きが悪くなります。

 中でも腸の動きが悪くなると、栄養を吸収して毒素を排泄する循環がうまくいかなくなり、老廃物がたまりやすくなります。それがアレルギーや皮膚トラブルの原因になります。
 しかし下垂が解消すれば、免疫も腸の動きもよくなって、肌もきれいになります。佐藤さんの肌がツヤツヤし、娘さんのニキビが治ったのもそのおかげでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt