太ももが痩せて身長が伸びた!「おなかこすり」でたくましい下半身と決別できた

太ももが痩せて身長が伸びた!「おなかこすり」でたくましい下半身と決別できた

おなかこすりのよいところは、力がまったくいらないことです。非力な私でも、疲れずにいくらでもできるからです。なんといってもうれしいのは、冷え症が改善したことです。もう靴下を重ねばきする必要もありませんし、足が冷えて夜眠れないということもありません。トイレの回数も激減しました。【体験談】玉城綾夏(セラピスト・41歳)


体調が悪いのが普通だった

 今から思うと、私は若い頃からいろんな不調がありました。
 いちばんの悩みは冷え症です。20代の頃から、足がいつも氷水に浸かっているように冷たく、秋口になると、冬用の厚い靴下を何枚もはいていました。

 おなかも弱く、疲れていたり、食べ合わせがちょっと悪かったりすると、すぐに下痢をしていました。
 また胃下垂で、食べてもあまり太らないのですが、食後はいつも、下腹部がポッコリ出ています。

 また、子どもの頃からトイレが近く、車で出かけるときは目的地に着くまでに、私だけ何度もトイレ休憩が必要でした。
 血圧も低く、上が90㎜Hg、下が60㎜Hgくらいでした(低血圧の目安は最大血圧が100㎜Hg未満、最小血圧が60㎜Hg未満)。
 そのため、しょっちゅう立ちくらみやめまいがして、布団に横になると、天井がグルグル回りました。

 体形もパッとしませんでした。O脚で、ひざから下がグニャッと曲がり、両足にどんなに力を入れても、こぶし1個分ほど、ひざとひざの間が開いてしまいます。
 また、上半身は細いのに下半身はたくましく、「レスリングの選手みたい」と言われたものです。ちなみに服のサイズは、上は7号、下は9号です。

 とはいえ、私自身はそんなに気にしたことはありませんでした。いつもそうだったので、それが自分にとって「普通」の状態だったのです。
 ところが、30代になってから健康に目が向くようになり、昨年の10月、杉山平煕先生の「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)の勉強会に参加するようになりました。

 おなかこすりのよいところは、力がまったくいらないことです。非力な私でも、疲れずにいくらでもできるからです(基本的なやり方は「おなかこすり」のやり方参照)。

身長も半年で0.6cm伸びた

 自宅でも私は毎日、おなかこすりをしています。私の場合は、太もも周りと骨盤の前側をこすったりたたいたりします。
 テレビを見ながらなど、気がついたときに1分でも2分でもこまめに行います。

 こうしておなかこすりを続けて半年もした頃でしょうか、下がっていた胃が上がってきたのか、おなかのポッコリが目立たなったのです。同時に、下痢もしなくなりました。

 下半身も、太もも周りがスッキリし、足もかなりまっすぐになっています。そのせいか、身長も半年で0・6㎝伸びて160・7㎝になりました。

 血圧も110/70㎜Hg前後に上がり、めまいや立ちくらみの頻度が激減しています。

 なんといってもうれしいのは、冷え症が改善したことです。もう靴下を重ねばきする必要もありませんし、足が冷えて夜眠れないということもありません。トイレの回数も激減し、「トイレ、大丈夫?」と周りが心配してくれるほどです。

母の血圧も正常値になり薬も不要

 私の母は高血圧で、調子の悪いときは150㎜Hg以上に血圧が上がります(最大血圧の正常値は140㎜Hg未満)。そんなときは肩こりがひどく、頭がガンガン痛くなるそうで、降圧剤を飲んでいます。

 私が母におなかこすりをやってあげたところ、4ヵ月で血圧が130㎜Hg前後に下がり、薬も2ヵ月以上飲んでいません。
 今では、自分で毎日熱心にやっています。肩こりがあっても、おなかこすりをするとスーッとこりが取れるそうです。

 体調がよくなると、こんなにも生きるのがらくになり、生活の質が上がるのかと、おなかこすりのおかげで目からウロコが落ちた思いです。

O脚やたくましい太ももがスッキリ

自然治癒力を引き出し血圧を正常にする(すぎやま按腹鍼灸院院長 杉山平熙)

 玉城さんはやせ形の、典型的な内臓下垂タイプでした。内臓下垂のために膀胱が圧迫され、背骨や骨盤がずれてO脚になり、下半身の血流が悪くなって強い冷えやむくみがありました。これらの症状は、内臓が正しい位置に戻ればすべて解決します。また、おなかこすりは全身を整えて自然治癒力を引き出す療法なので、血圧が高い人は下がり、低い人は上がって、適切な血圧になります。

「おなかこすり」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


産後に残った下腹のたるんだ皮が消失「おなかこすり」は本当にすごい

産後に残った下腹のたるんだ皮が消失「おなかこすり」は本当にすごい

家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)


手荒れ・乾燥肌に効果!昆布屋女将が実践する「昆布」活用法とは?

手荒れ・乾燥肌に効果!昆布屋女将が実践する「昆布」活用法とは?

地元の大学では、コンブの化粧品やシャンプー、育毛剤などの研究が進んでいるという話も聞きます。そこで私も、手が荒れているときに、お湯を張った洗面器にコンブを入れて、その中にしばらく手をつけてみました。すると、荒れていた手がツルツルになったのです。【体験談】渋谷美穂(「はこだて藻藻屋」女将・エステティシャン・50歳)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)