太ももが痩せて身長が伸びた!「おなかこすり」でたくましい下半身と決別できた

太ももが痩せて身長が伸びた!「おなかこすり」でたくましい下半身と決別できた

おなかこすりのよいところは、力がまったくいらないことです。非力な私でも、疲れずにいくらでもできるからです。なんといってもうれしいのは、冷え症が改善したことです。もう靴下を重ねばきする必要もありませんし、足が冷えて夜眠れないということもありません。トイレの回数も激減しました。【体験談】玉城綾夏(セラピスト・41歳)


体調が悪いのが普通だった

 今から思うと、私は若い頃からいろんな不調がありました。
 いちばんの悩みは冷え症です。20代の頃から、足がいつも氷水に浸かっているように冷たく、秋口になると、冬用の厚い靴下を何枚もはいていました。

 おなかも弱く、疲れていたり、食べ合わせがちょっと悪かったりすると、すぐに下痢をしていました。
 また胃下垂で、食べてもあまり太らないのですが、食後はいつも、下腹部がポッコリ出ています。

 また、子どもの頃からトイレが近く、車で出かけるときは目的地に着くまでに、私だけ何度もトイレ休憩が必要でした。
 血圧も低く、上が90㎜Hg、下が60㎜Hgくらいでした(低血圧の目安は最大血圧が100㎜Hg未満、最小血圧が60㎜Hg未満)。
 そのため、しょっちゅう立ちくらみやめまいがして、布団に横になると、天井がグルグル回りました。

 体形もパッとしませんでした。O脚で、ひざから下がグニャッと曲がり、両足にどんなに力を入れても、こぶし1個分ほど、ひざとひざの間が開いてしまいます。
 また、上半身は細いのに下半身はたくましく、「レスリングの選手みたい」と言われたものです。ちなみに服のサイズは、上は7号、下は9号です。

 とはいえ、私自身はそんなに気にしたことはありませんでした。いつもそうだったので、それが自分にとって「普通」の状態だったのです。
 ところが、30代になってから健康に目が向くようになり、昨年の10月、杉山平煕先生の「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)の勉強会に参加するようになりました。

 おなかこすりのよいところは、力がまったくいらないことです。非力な私でも、疲れずにいくらでもできるからです(基本的なやり方は「おなかこすり」のやり方参照)。

身長も半年で0.6cm伸びた

 自宅でも私は毎日、おなかこすりをしています。私の場合は、太もも周りと骨盤の前側をこすったりたたいたりします。
 テレビを見ながらなど、気がついたときに1分でも2分でもこまめに行います。

 こうしておなかこすりを続けて半年もした頃でしょうか、下がっていた胃が上がってきたのか、おなかのポッコリが目立たなったのです。同時に、下痢もしなくなりました。

 下半身も、太もも周りがスッキリし、足もかなりまっすぐになっています。そのせいか、身長も半年で0・6㎝伸びて160・7㎝になりました。

 血圧も110/70㎜Hg前後に上がり、めまいや立ちくらみの頻度が激減しています。

 なんといってもうれしいのは、冷え症が改善したことです。もう靴下を重ねばきする必要もありませんし、足が冷えて夜眠れないということもありません。トイレの回数も激減し、「トイレ、大丈夫?」と周りが心配してくれるほどです。

母の血圧も正常値になり薬も不要

 私の母は高血圧で、調子の悪いときは150㎜Hg以上に血圧が上がります(最大血圧の正常値は140㎜Hg未満)。そんなときは肩こりがひどく、頭がガンガン痛くなるそうで、降圧剤を飲んでいます。

 私が母におなかこすりをやってあげたところ、4ヵ月で血圧が130㎜Hg前後に下がり、薬も2ヵ月以上飲んでいません。
 今では、自分で毎日熱心にやっています。肩こりがあっても、おなかこすりをするとスーッとこりが取れるそうです。

 体調がよくなると、こんなにも生きるのがらくになり、生活の質が上がるのかと、おなかこすりのおかげで目からウロコが落ちた思いです。

O脚やたくましい太ももがスッキリ

自然治癒力を引き出し血圧を正常にする(すぎやま按腹鍼灸院院長 杉山平熙)

 玉城さんはやせ形の、典型的な内臓下垂タイプでした。内臓下垂のために膀胱が圧迫され、背骨や骨盤がずれてO脚になり、下半身の血流が悪くなって強い冷えやむくみがありました。これらの症状は、内臓が正しい位置に戻ればすべて解決します。また、おなかこすりは全身を整えて自然治癒力を引き出す療法なので、血圧が高い人は下がり、低い人は上がって、適切な血圧になります。

「おなかこすり」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

風邪をひいたときにいい食べ物は? 医師のおすすめは「ミカン湯」と「生姜みそ汁」

カゼにかかりやすくなるのは、寝不足やストレス、体の冷えなどによって、体力や免疫力が低下したときです。「カゼは万病の元」といいますが、その原因である「冷え」こそが万病の元です。ミカン湯やショウガみそ汁で、冷えを解消し、カゼをはね返してやりましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

ショウガとココア。どちらも手軽に購入できる身近な食材です。しかし、この二つの食材には、薬に匹敵するほどの健康効果があることが明らかになってきています。そんなショウガとココアの効能を一緒に、かつ効果的に取ることができる飲み物が「ショウガココア」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長、医学博士)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)