MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)

スカートが回るほど骨盤がゆがんでいた

身長153㎝で51㎏、BMI21.7(ボディマス指数。18.5以下がやせ、22が標準、25以上が肥満)と、決して太っているわけではないのに、下腹がポッコリと出ていることを気にしていました。

下腹の出っ張りのせいで、素敵なワンピースを着たくても、マタニティーウェアのようなラインが出てしまうのが、嫌でしかたがありませんでした。

また、私は骨盤が左右にねじれるようにゆがんでいる自覚がありました。
左の骨盤が前に出て、右が引っ込んでいるため、歩いているだけでスカートが右にどんどんズレていき、後ろにあるはずのスリットが前に回り込んでくるのを何度も直さなければならないほどでした。

骨盤のゆがみのせいか、股関節もとても硬く、動きがギクシャクして痛みを感じることも多かったのです。疲れやすいのにも悩んでいました。

骨盤のゆがみと下腹をなんとかしたいと、波多野賢也先生の整体サロンを訪れたとき、波多野先生から「下腹ぺたんこポーズ」を勧められました。
私の骨盤は、左右にねじれているだけでなく、後ろに傾いていたそうです。

かかとをつけて7秒つま先立ちをする下腹ぺたんこポーズは、一見簡単そうに見えますが、初めてやってみたときは、日頃使っていない筋肉がびっくりしたのか、思ったよりもきつく感じました。
特に、息を吐ききった状態で息を止め、おなかを縦にグーッと伸ばすのが、たった7秒間なのにけっこう大変でした。

とはいえ、下腹ぺたんこポーズは7秒グーッと伸びてつま先立ちをするのを、朝晩2回ずつやればいいというシンプルなポーズだったので、続けられたのだと思います。数日続けていると、体が慣れたのか、しだいにらくにポーズが取れるようになってきました。

減った体重以上にやせて見える!

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。

食事は以前と全く変えておらず、間食もしていましたが、2週間後、体重も1㎏減っていました。しかし、驚いたのは、70.5㎝だったウエストが6.3㎝縮んで64.2㎝に、下腹が72.4㎝から8.1㎝締まって64.3㎝と大幅に細くなっていたことです。

体形の変化は一目瞭然で、娘からも「おなか、へこんだねぇ」とほめられましたし、ひさしぶりに会った知人からも、「やせたね」「若返ったね」と声をかけられました。「体重より見た目」という波多野先生の言葉の意味がよくわかりました。

股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。以前は下腹が気になって着られなかった9号の服が余裕になったのがうれしいです。

下腹が-8cm!2週間でシルエットが激変した!

理想的な骨盤の位置を体に覚えさせるポーズ(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表 波多野賢也)

下腹ぺたんこポーズは、理想的な骨盤と背骨の形状と位置、インナーマッスルの正しい使い方を、無理なく体に覚えさせることができるポーズです。体のゆがみが大きかったり、筋肉をうまく使えていなかった人は、最初は少しきつく感じられるかもしれません。けれども、続けているうちに、ポーズを取ってゆがみを改善したほうが気持ちよく、体もらくに感じるようになってくるはずです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)
更新: 2018-11-16 11:47:47
骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)
更新: 2018-11-05 18:00:00
バストが全体的に垂れ下がってしまったり、デコルテあたりからそげて骨が浮き出てしまったり、バストトップが外を向いて離れてしまったりといった悩みをよく聞きます。体形やバストが崩れる最たる原因は「筋肉のこり」を放置しているからです。【解説】朝井麗華(株式会社キレイカンパニー代表・経絡整体師)
更新: 2018-09-15 20:00:00
手のひらや足の裏、わきの下などに多量の汗をかく「多汗症」。けっしてまれな病気ではありません。治療法はいくつかありますが、手のひらの多汗症には近年、内視鏡を用いた手術が行われるようになっています。従来は、手のひら以外からの多汗(代償性発汗)などの合併症の問題がありました。【解説】山本英博(山本英博クリニック院長)
更新: 2018-09-11 17:58:48
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt