【牛乳】は結局、健康にいいのか悪いのか 総合内科専門医の見解

【牛乳】は結局、健康にいいのか悪いのか 総合内科専門医の見解

牛乳に含まれるたんぱく質は、消化できないα型のカゼインが中心です。腸の中を汚したり、アレルギーの原因、発がん物質にもなりえます。また日本人の75%は乳糖不耐症であり腸の状態が悪化します。現代人を悩ます病気や症状には牛乳が関係していると考えられます。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


腸に慢性炎症を起こしガンや動脈硬化を招く

「健康のために、毎日牛乳を飲んでいます」
「冷蔵庫に牛乳を欠かしたことはありません」

 こういう家庭は、とても多いと思います。学校給食でも必ずといっていいほど、毎日牛乳が出ます。赤ちゃんに牛乳を飲ませるように育児指導する栄養士も、少なくありません。

 戦後の食糧難の時代には、牛乳は確かに栄養補給の一助になったことでしょう。しかし、今では乳製品には多くのリスクがあり、それがさまざまな病気の原因になっていることがわかってきています。

 もう「牛乳神話」は崩壊させなければいけません。そのことを、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思います。

 そもそも、牛乳はウシの赤ちゃんの飲み物です。そこに含まれるたんぱく質は、人間が消化することのできないα型のカゼインが中心です。そのうえ、人間が飲む状態の牛乳は、加熱殺菌されているため、たんぱく質の分解に必要な酵素も死滅しています。体に入っても分解できないたんぱく質は、未消化物となって腐敗し、腸の中を汚したり、アレルギーの原因となったり、発ガン物質を発生させたりします。

 また、日本人の75%は乳糖不耐症です。このため、牛乳などの乳製品をとると便秘や下痢を起こし、腸の状態が悪化します。
 カゼインは、胃の中でミネラルの吸収障害を起こすこともわかっています。

 特に、乳製品は鉄不足を招きやすいので要注意です。鉄は、赤血球やコラーゲンの材料で、酵素活性を促します。不足すると、体が冷えやすく、疲れやすくなります。また、粘膜障害からカゼをひきやすくなったり、胃腸の状態も悪くなったりします。

 こうして、免疫細胞の70%が存在するといわれる腸が不健康になると、当然、免疫力は低下します。腸が常に荒れているということは、慢性炎症があるということです。慢性炎症は、動脈硬化やガンなど、さまざまな病気の危険因子になります。

 腸にトラブルがあると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまう「リーキーガット症候群」を引き起こします。各種アレルギー疾患や、関節リウマチなどにもつながります。

 また、牛乳は人間が飲むと、胃での吸収障害のほかに、カルシウム不足を招くことが報告されています。未消化物が血液に入ると体内が酸性化し、それを本来の弱アルカリ性に戻すために、骨からカルシウムを溶かし出すのです。

 カゼインの分解が不完全だと、脳内モルヒネの働きをするペプチド(たんぱく質が分解されアミノ酸が連なったもの)が生まれます。これは、落ち着きがない、奇声をあげるなど、子供の多動症だけでなく、大人の精神的不安感なども呼び起こします。

 さらに、乳製品はリンを多く含む食べ物です。リンには物質を硬くする作用があり、動脈硬化や腎障害の原因になります。

 牛乳に過剰に含まれる女性ホルモンや、ウシの赤ちゃんが1日1kg体重をふやすために必要な成長ホルモンは、乳ガン、前立腺ガン、卵巣嚢腫、子宮筋腫のリスクファクターとしても知られています。

 いかがですか?人間が牛乳を飲むことには、こんなにたくさんの弊害があるのです。現代人を悩ませる病気や症状に、乳製品が関係していることは、かなり多いのかもしれません。

健康のために牛乳を毎日飲むのはやめよう

 実際に、私のクリニックでも、乳製品をやめて症状が改善した人はたくさんいます。

 例えば、女性に多い「便秘を解消するためにヨーグルトを食べている」という人は、乳製品をやめることで、かえって便秘が解消することがあります。

 50代の男性は、遅延型アレルギー(アレルギー反応が数時間から数日間、あるいは数週間たって起こるもの)の検査で、乳製品に陽性と出たため、乳製品をとることをやめてもらいました。すると、関節の腫れやうずきなどの、関節リウマチの症状が改善しました。

 婦人科系の疾患では、乳製品をやめてもらうことを鉄則にしています。やめた人のなかには、生理不順が改善した人や、卵巣嚢腫が7cmから2cmに縮小した20代の女性などもいます。

 給食で牛乳を出すのをやめた小学校では、子供が落ち着いた、アトピーの子がへった、学力が上がったなどという話も聞いています。

 もちろん、乳製品が原因と考えられる疾患やアレルギーがなければ、牛乳をたまに飲むぐらいは問題ありません。ただ、「健康のために毎日飲む」という考えは、今すぐやめるべきです。ましてや、今は牛乳だけでなく、乳製品を使った洋食やお菓子などがあふれています。

 口を潤すための飲み物は、水かお茶がいちばん。必要な栄養は食べ物からとって、乳製品は嗜好品として、たまにとる程度にするのが得策でしょう。

 関西医科大学卒業。医学博士。総合内科、腎臓内科、ホメオパシーの専門医。大学病院・総合病院で臨床・研究後、クリニックを開設。自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と、西洋医学、心のケアなどを統合的に駆使し、難治性疾患の治療を行う。日本自律神経免疫治療研究会会員。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【高血圧・高血糖を予防】材料は牛乳と酢だけ低カロリーで栄養豊富な「ミルク酢」とは

【高血圧・高血糖を予防】材料は牛乳と酢だけ低カロリーで栄養豊富な「ミルク酢」とは

ミルク酢は、カロリーが低い一方で、コレステロールは、なんとゼロ!しかも、酢の効用で消化吸収がよく、ミネラルなどの栄養分が、牛乳として飲むよりもスムーズに体内に入っていき、吸収されやすいのです。現在、科学的にミルク酢の効果を検証するための研究も行われています。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理研究家)


血圧を下げる効果【ミルク酢Q&A】飲む量はどのくらい?どんな酢を使えばいい?

血圧を下げる効果【ミルク酢Q&A】飲む量はどのくらい?どんな酢を使えばいい?

ミルク酢は1日どのくらい飲めばいいの?ミルク酢に使う酢はどれがいいの?ミルク酢はどうやって摂取したらいい?ミルク酢は加熱しても大丈夫?高血糖や高血圧を予防・改善する「ミルク酢」のQ&Aをご紹介します。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理研究家)


【血糖値の急上昇を防ぐ】材料は牛乳とお酢だけ!5分で作れる超簡単「ミルク酢」の作り方

【血糖値の急上昇を防ぐ】材料は牛乳とお酢だけ!5分で作れる超簡単「ミルク酢」の作り方

ミルク酢は、そのまま飲むと、ほのかな酸味だけで、味がほとんどありません。 牛乳の風味もないので、牛乳が苦手な人でも飲めると思います。料理にも、水やだしの代わりに使ったり、お酢代わりに使ってみたらほぼすべての料理が、ミルク酢を使ったほうが、使わないときよりもおいしかったのです。【解説】小山浩子(管理栄養士・料理家)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」 寝る1時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )